暑い地域に最適な塗料:熱を通さないから夏涼しい遮熱塗料

遮熱

外壁塗装や屋根塗装と言っても使われる塗料はさまざまな種類があります。今回は、その中でも近年積極的に販売されるようになり、年々出荷量も増えている「遮熱塗料」について説明します。

遮熱塗料と言うのは、簡単に言ってしまえば熱を遮熱する塗料になります。近年では、昔に比べても温暖化により昔よりも平均気温が少しずつ上昇しています。

ですから、夏場の住宅と言うのは、熱い日差しによってとてつもない熱を持ってしまいます。そのような夏の暑い日差からあなたの住宅とあなた自身を守ってくれる塗料が遮熱塗料になります。

塗装するだけで熱を遮熱してくれると言うことは、住宅の内部に熱を通さないと言うことになります。なので、夏場は遮熱塗料を塗装した住宅と言うのは、通常の塗料で塗装した住宅に比べても涼しいと言うことになります。

そうすれば夏場のエアコンの設定温度を少し上げることができます。エアコンの設定温度を上げることができれば電気代を節約できますので、省エネ塗料であると同時にお財布にも優しい塗料になるのです。

遮熱塗料の仕組み

熱を住宅に通さない塗料の遮熱塗料ですが、その仕組みはどのようなものなのかと言いますと、通常の塗料ですと太陽の日差しなどによる熱をそのまま住宅の内部に通してしまいます。

しかし、遮熱塗料はその熱を反射することによって熱を内部に通さない仕組みになります。

遮熱塗料の効果

では、遮熱塗料が熱を遮断してくれることはわかったと思いますが、どのくらい熱を抑えてくれるのかについてお教えします。

あくまでもこのような数値に必ずしもなるわけではありませんが、遮熱塗料を塗装したカラーベスト屋根(ストレート瓦)と遮熱塗料を塗装していない屋根では、屋根の温度に実に15℃の差がありました。

住宅に塗料を塗るだけでこれ程の差が出てしまうのですから、遮熱塗料がいかにエコな塗料だと言うことがわかります。

遮熱塗料の注意点

とは言っても遮熱塗料を塗れば必ずしも室内の温度が何度下がるとは言い切れません。

仮にAの住宅は3度室内の温度が下がったとしてもBの住宅は、1度しか温度が下がらないと言うことは十分にあり得ます。

住宅の種類はさまざまですし、その場所や気候によっても気温と言うのは違ってきます。外壁内の断熱材などによっても熱の伝導率は大きく変わってきますので、その部分だけは注意が必要です。

値段に関しても遮熱塗料と言うのは、近年使われるお客様が増えていると言っても決して安い塗料ではありません。

ですが、遮熱塗料の耐久性は15年ほどになりますので、一般的な住宅に使われる塗料の耐久性は10年です。

ですから、遮熱塗料の値段が高いと言っても耐久性が15年もありますので、仮に一般的な住宅に使われる塗料の1.5倍の値段がしたとしても1年間辺りの値段は変わらないです。

それでしたら、遮熱塗料を塗ったほうが通常のシリコン塗料などよりも熱を内部に通さないと言う付加価値がつきますので、遮熱塗料を塗ったほうがいいと言うことがわかります。

遮熱塗料を上手に利用する

このような熱を反射する遮熱塗料ですが、その性能は年数が経てば経つほど下がっていきます。

遮熱塗料の熱を反射する性能は塗料の表面上の部分になりますので、その部分を保護するためにクリアーを更にその上から塗ることによって、遮熱塗料の性能が落ちるのを防ぎます。

また、そのクリアーを光触媒のクリアーにすれば、セルフクリーニング機能によって塗装面についた汚れを雨が降るたびに落とすことができます。

そうすれば、遮熱塗料の性能を長時間保持できるのと同時に、光触媒のセルフクリーニング機能も付け加えることができます。

屋根と外壁のどちらに遮熱塗料を塗ればいいのか

住宅の塗り替えと言っても屋根と外壁の塗装は、別々になります。このような場合において、遮熱塗料を屋根か外壁のどちらかに塗ったほうがいいのか。

それとも、屋根と外壁両方に遮熱塗料を塗ったほうがいいのかは、悩みどころかもしれません。

しかし、このような場合は屋根に遮熱塗料を塗ったほうが遮熱効果は期待できます。ですから、屋根の塗り替えだけを遮熱塗料にしていただければ、遮熱効果も期待できます。

現在では塗料の種類はたくさんあります。ですから、あなたがどのような塗り替えを行いたいのかをしっかり担当の営業マンに伝えていただくことが、より良い塗り替え工事を行うためには必要なことなのです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

塗料の種類2

塗り替えに使われるメーカー別の塗料の種類と選び方

フッ素樹脂塗装

20年以上の高耐久性塗料::フッ素樹脂塗料の特徴と魅力

塗料

ラジカル塗料:パーフェクトトップの特徴と欠点について

NO IMAGE

アスベストが使われている屋根の危険性とその打開策

費用

コーキング材を使用しない外壁にしてメンテナンス費用を抑える

家

ウレタン塗料の塗装:知らなければ絶対に後悔する4つの知識