光触媒塗料の特徴:ワンランク上の塗り替え工事

塗り替え工事

現在、住宅の塗り替えにおいて塗料の種類はたくさんあります。その日々進化を遂げる塗料の性能は私たちの想像を超えるものになります。その塗料の中でも今回は「光触媒塗料」について解説します。

光触媒と言われてもなかなかピンと来ないかもしれませんが、簡単に言ってしまえば、太陽の光の力を利用して外壁の汚れを落としたり、空気をきれいにしたりするものになります。

ですから、自然の力を利用して外壁の汚れを落とすことができますので、きれいな状態をいつまでも保つことができるのです。

光触媒塗料を始めに開発したのは、タイルメーカーである「TOTO」になります。TOTOが開発した光触媒塗料の名前を「ハイドロテクトカラーコート」と言います。

光触媒塗料の凄さ

では、光触媒塗料がどのようなすごさがあるのかを解説します。ただ単に、塗料がすごいと言われてもなかなか分かりにくいと思います。

ですから、そのような人のために光触媒の何がすごいのか。光触媒塗料で住宅の塗り替えを行うとどうなのかをお教えします。

光触媒のすごい部分は、

・耐用年数が長い(15~20年)
 ・セルフクリーニング機能(自動お掃除)
 ・汚れが非常につきにくい
 ・空気を浄化する
 ・環境にやさしい
 ・遮熱効果

になります。住宅の外壁にこのような機能性をもたらしてくれる光触媒塗料は、とても素晴らしい塗料なのです。

耐用年数が長い

一般的に、住宅の塗り替えに使われる塗料はシリコン塗料になるのですが、その耐用年数は10年ほどになります。

ですから、一般的な住宅の塗り替え期間は10年と言われていますので、シリコン塗料を使えば10年に1度外壁を塗り替えればいいと言うことになります。

しかし、光触媒塗料に関して言えばその耐用年数は15年になります。一般的な塗り替えに使えれるシリコン塗料の1.5倍の耐用年数になるのです。

耐用年数が高いと言うことは、塗り替え工事の回数を減らせられるのです。一般的なシリコン塗料では、住宅の寿命を60年だとするのならば、塗り替えを合計4回行わなければいけません。

しかし、光触媒塗料ならば塗り替えの回数が3回で済んでしまうのです。そのようなことを考えても光触媒は経済的なことがわかります。

また、何よりも空気を浄化する機能やセルフクリーニング機能をあなたの外壁にもたらしてくれるのですから、光触媒塗料を使うことは非常にいいことばかりなのです。

セルフクリーニング機能(自動お掃除)

従来の塗料では、紫外線は塗料を劣化させるために太陽の光と言うのは、外壁の天敵でしかありませんでした。しかし、光触媒塗料と言うのは、そのデメリットをメリットに変えてしまうのです。

まず、外壁に汚れがついたとします。その後、紫外線によりその汚れを分解し浮かします。そうするとその浮かした汚れは、雨の力にによって自然に荒い流されるのです。

そうすることによって、塗装の劣化の原因になるカビや藻などの発生を防ぐことができ、耐久性を長く保つことができると同時に、きれいな美観を保つことができるのです。

汚れが非常につきにくい

上記のように、汚れを自然の力によって掃除してくれる光触媒塗料ですが、そもそもちりやほこりの付着を抑える機能があります。

光触媒の親水性により、塗膜表面に水膜を作ります。この水膜によって外壁への静電気を防ぎますので、静電気によるちりやほこり等の汚れが付きにくいのです。

春になれば花粉が住宅に付きます。近年では黄砂によって砂が舞ってきます。そのようなものが住宅に付着してしまえば、美観はとても見苦しいものになってしまいます。

ですが、光触媒塗料ならばそのような住宅の美観をいちじるしく低下させるほこりやちり等の付着を抑えてくれるのです。

空気を浄化する

汚れが付きにくいことはとても光触媒塗料の魅力的な部分ですが、この光触媒塗料の他の人気の要因としては、環境問題についても考えられている点です。

どのような部分が環境問題のことを考えているのかと言いますと、この光触媒塗料は、「空気を浄化する」ことができるのです。

太陽の光が塗装した部分に当たることで発生する「活性酵素」が、大気汚染物質である窒素酸化物(NOx)を酸化し、硝酸イオン(NO3-)に参加させ大気中から除去することによって、空気をきれいにします。

この際の硝酸イオンは、雨などで流されるので外壁にそのまま付着し続けているわけではありません。

そして、空気を浄化するとは言っても、住宅に塗り替えた場合にどの程度の効果があるのかわからないと思いますので、住宅の塗り替えに光触媒塗料を使うとどのくらい空気浄化をしてくれるのかをお教えします。

一般的な住宅の外壁150㎡の家の塗装を光触媒塗料に塗装しますと、テニスコート4面分の緑地と同じ浄化機能があります。

ですから、テニスコート1面分が約260㎡になりますので、約1000㎡分の緑地の面積と言うことになります。

また、空気浄化機能の高い「ポプラの木」15本と同じ空気浄化機能を持つことになります。これ程の空気浄化機能があると言うことは、乗用車12台が排出する分のNOxに相当します。

光触媒塗料の注意点

このような素晴らしい性能がある塗料ですが、施工する際に気をつけなければいけない部分も存在します。

 ・塗る人によって性能差が生じる
 ・サビには効果がない
 ・壁内からの汚れはきれいにできない
 ・光が当たらなければ光触媒の効果が発揮できない
 ・雨水がなければ自然に汚れを洗い流すことができない

になります。現在、光触媒塗料は認定施工店でしか取り扱うことはできません。ですから、光触媒塗料を塗りたいのであればちゃんとした業者に依頼しなければいけません。

また、正しい塗り方や施工方法を取らなければ、光触媒の機能を発揮することはできませんので、光触媒塗料で塗り替え工事を行う際には注意が必要です。

そして、当たり前かもしれませんが、光触媒塗料と言うのは太陽の光が当たらなければ十分な効果を発揮することはできません。

日当たりが悪い部分では十分な効果を発揮できないですし、隣の家との間隔が近く、雨水が十分に当たらない場所でも汚れを洗い流すことはできません。

このような部分を光触媒塗料で塗り替えを行う際には気を付けていただきたいですし、営業マンとよく話し合っていただきたいです。

光触媒塗料の価格

この光触媒塗料ですが、素晴らしい機能性を持っている分、塗料の価格と言うのは必然的に高くなってしまいます。

どの程度価格が高くなるのかと言いますと、一般的な住宅の塗り替えに使われるシリコン塗料の外壁工事費用よりも1.5倍ほど価格は高くなります。

平米単価(1㎡あたりの価格)は、塗料のみで約3500円ほどになります。もちろん、あくまでも目安になりますので、この価格は参考程度にしていただきたいです。

光触媒塗料のメーカー

光触媒塗料を開発したのは先ほどの説明した通りタイルメーカーのTOTOになります。その商品名は、「ハイドロテクトカラーコート」になります。

しかし、現在では複数のメーカーが光触媒塗料を販売しています。日本特殊塗料(ニットク)やピアレックスと言うメーカーが光触媒塗料を販売しています。

ですから、光触媒塗料を使うのであればどのメーカーの光触媒塗料を使うのかと言うことをメーカーのホームページや施工認定店の営業マンと十分話し合っていただきたいです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

アスベスト

建築素材に使われるアスベストによる人体に及ぶ危険性

遮熱

暑い地域に最適な塗料:熱を通さないから夏涼しい遮熱塗料

費用

コーキング材を使用しない外壁にしてメンテナンス費用を抑える

塗料3

超耐久性ハイブリッド塗料:スーパームキコートの特徴

外壁塗装2

住宅の外壁塗装に使われる塗料の種類と特性

塗料の種類

住宅の塗り替えで後悔しない塗料の選び方