20年以上の高耐久性塗料::フッ素樹脂塗料の特徴と魅力

フッ素樹脂塗装

塗料にはさまざまな種類がありますが、その中でも今回はフッ素樹脂塗料について解説します。フッ素樹脂塗料と言うのは、簡単に言ってしまえば高級塗料になります。

フッ素と言う言葉は、塗料以外にも使われていますので聞き覚えのある方はいると思います。

フライパンなどにはフッ素加工を施しているものもありますが、フッ素樹脂塗料と言うのは簡単に言ってしまえば、そのフライパンに施しているようなフッ素加工を住宅の塗り替えに使うようなことになります。

ですから、フッ素樹脂塗料と言うのは塗料の中でも耐久性がずば抜けています。その耐久性は通常の塗料の1.5~2倍にもなり、その耐久性は折り紙付きです。実際にその耐久性は実証済みになります。

現に、フジテレビや大型ビルや橋梁(きょうりょう)などでは、その耐久性は25年円以上の耐久性の実績がありますので、その耐久性をあなたの家にもたらしてくれることを考えれば、とてもすごいことだと言うことがわかると思います。

通常の塗料と言うのは、年月が経てば徐々にツヤが無くなってしまうのですが、このフッ素樹脂塗料に関しては違います。約20年もの耐久性があり、施工後20年経過しても90%の光沢を維持することができます。

高い塗料を塗るほうが経済的にもお得

安いものを2回塗るよりも高い塗料を1回塗るのであれば、高価な塗料を1回塗ったほうが足場代などの余分な費用を考えればお得になるのです。

一見、高い塗料を塗ることは、贅沢のような気がしますがそうではありません。住宅の塗り替えを行うにあたって高い塗料で塗り替えを行うことは、トータルで考えれば塗り替え工事の費用を節約することになるのです。

外壁の塗り替えの期間というのは、一般的には10年と言われています。その期間を10年以上に伸ばすことが出来れば、家を建ててから行う住宅の塗り替えの総数を減らすことができるのです。

例えば、家の寿命が60年だとするのならば新築から10年ごと塗り替えを行えば、4回塗り替えを行わなければなりません。

しかし、少し高いお金を払って高い塗料を使えば、その塗り替えの期間を10年ではなく、15年や20年にすることができます。

そうすれば、家を建てて行わなければいけない塗り替えの回数を3回などに減らすことができます。

そうすれば結局は高い塗料を使ったほうがお得ですし、経済的なのです。仮に、通常のシリコン塗料の工事費用を70万円だとします。ということは、10年ごと塗り替えをするのならば、1年あたりの金額は7万円です。

しかし、20年の耐久性のあるフッ素塗料の工事費用は90万円になりますので、計算方法は以下のようになります。

90(万円)÷20(年)=4.5(万円)

になります。と言うことは、1年あたりの金額は4.5万円になります。先ほどのシリコン塗料の金額が7万円になりましたので、こちらのフッ素塗料の4.5万円の金額のほうが年間で2万円以上お得だということがわかります

このようなことからも、高い塗料を使うことはトータルで考えれば経済的ですし、塗り替えの回数を減らすことが出来れば手間も時間も省くことができるのです。

確かに、フッ素塗料は高級塗料になりますが、塗料の値段が高くなったとしても工事費用全体で比較してみるとその差と言うのはそこまでないのです。

あくまでも塗料の値段が上がったとしても、工事にかかるその他の費用は変わりません。ですから、高い塗料を使ったとしてもそこまで金額が高くなるわけではありません。

フッ素樹脂塗料を使うことは経済的にお得と言うメリットだけではありません。フッ素塗料と言うのはもともとは、車の塗装に使われていた塗料になりますので、その仕上がりと言うのはとてもきれいです。

そのワンランク上の仕上がりを通常の塗料以上に維持できるのですから、いつまでもあなたの家をきれいなままでいられるのです。

そして、フッ素樹脂塗料は防汚性にも優れています。フッ素加工のフライパンを使ったことがある人ならばわかると思いますが、焦げ目や汚れをはじくと思います。

フッ素樹脂塗料を外壁に塗れば、そのフライパンのように外壁汚れがつくのを防いでくれるのです。このことからも、フッ素樹脂塗料を使うことはメリットしかないことだとわかります。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

ベランダ

ベランダに使われるFRP防水:繊維強化プラスチックの特徴

塗料4

住宅に使われる塗料:ポリウレタン樹脂塗料の特徴について

塗料の種類

住宅の塗り替えで後悔しない塗料の選び方

塗り替え工事

光触媒塗料の特徴:ワンランク上の塗り替え工事

アスベスト

建築素材に使われるアスベストによる人体に及ぶ危険性

塗り替え工事2

耐久性とコストパフォーマンスに優れたシリコン樹脂塗料の特徴