塗料や材料の選び方

ベランダに使われるFRP防水:繊維強化プラスチックの特徴

ベランダ

FRP防水は、住宅はもちろんですが、さまざまな用途で使用されます。例えば、私たちの身近なものでは、住宅のバルコニーや屋上駐車場、プール、工場の床などあらゆる分野の防水素材として使われます。

そこでこのページでは、FRP防水がどのようなものなのかを紹介します。FRP防水とは、繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称になります。

FRP防水を簡単に言ってしまえば、ガラス繊維などの強化剤(補強材)で補強されたプラスチックのことになります。

そのため、強度、耐水性、成型性に優れていおり、さまざまな分野で使用されます。屋上の駐車場や工場の床に使用されていることからわかる通り、その強度は自動車や工場で使われる機械が使用できる程になります。

なので、家のベランダの床使用すればその強度や耐水性は、人間が生活する上ではとても安全に生活できる機能性になります。

FRP防水の特徴

FRP防水の施工方法は、液状の不飽和ポリエルテル樹脂に硬化剤を混ぜ、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて施工します。

そのため、FRPによって作られた防水層は、継ぎ目のないシームレスの層になります。

万が一、継ぎ目があればどうしてもその部分から水が浸水してしまいます。しかし、継ぎ目のないFRP防水では、そのような心配がいりません。

また、液状のものを施工しますので、どのような形の場所でもきれいに防水することができます。

そして、FRPは塗膜の硬化速度が早く、大変作業性に優れています。例えば、FRPを何層にも重ね塗りを行う使用だとしても、1日で施工できてしまいます。

屋外の施工では、時間がかかり天候が悪くなってしまえば、施工することができません。しかし、FRP防水では作業スピードが早いため、そのような心配がありません。

FRP防水の材料

FRP防水に使われる材料は、その防水する場所によってさまざまです。防水用ポリエステル樹脂をはじめ、浴室や池、水槽などに使われる防食用ポリエステル樹脂になります。

そして更に、防食用ポリエステル樹脂よりも耐食性に優れている防食用ビニルエステル樹脂があります。

この防食用ビニルエステル樹脂は、 薬液槽、下水道施設、雑排水槽、温泉施設など耐薬品性、耐熱水性など重防食性が要求される場合に使われます。

その他に使われる材料は、プライマーがあります。プライマーは接着剤のような役割があり、塗る場所とFRP防水を密着するために使用します。

プライマーは液状の材料になり、1 成分形湿気硬化型ウレタン樹脂系が多く使われます。なので、FRP防水の施工時には、まず最初にこのプライマーを塗装してから施工します。

そして、FRP防水の強化剤として使用される防水用ガラスマットがあります。とても細いガラスの繊維を何百本収束して50㎜程度にカットした後、ランダムに配向させてマット状にしたものになります。

このガラス繊維を混ぜることにより、FRPは強度を増します。そして、防水用ポリエステル樹脂を硬化させるための硬化剤があります。この硬化剤を混ぜることよにってFRPを硬化させます。

FRPは、簡単に早く機能性の高い防水を行うことができます。

FRPは、亀裂が発生したりすると水が浸水してしまいます。なので、ベランダにFRP防水で施工しているのであれば、住宅の塗り替え工事を行う際にFRP防水も一度業者に見てもらうようにしましょう。

住宅の多くのベランダが2階にあります。万が一、ベランダの床が雨漏りしてしまえば、内部が腐ってしまいます。

そのようなことにならないためにも、年数が経過している場合はプロによる診断がお勧めです。診断ならばどこの業者も無料で行ってくれますので、積極的に利用するようにしましょう。

 

メールフォーム:24時間対応

メールフォームへのご依頼は、24時間受付しております。下記フォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンを押してください。

当サイトのサービスはすべて無料でご利用できます。

・お問い合わせ頂きましたあなたに対して、強引な営業・売り込みをすることは一切ありません。

・詳細な工事内容について知るため、電話をかけさせていただくことがあります。この場合も、強引な営業はいたしません。

・フォームへ記入した内容について、あなたの許可なく個人情報が外部に漏れることはありません。安心して当サイトのサービスをご利用ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です