塗料や材料の選び方

建築素材に使われるアスベストによる人体に及ぶ危険性

アスベスト

アスベスト(石綿)とは健康被害が及ぶことはニュースなどでも取り上げられましたので、多くの方が理解していると思います。

しかし、そのことを知らない人のためにもアスベストがどのようなものなのかを説明します。アスベストとは、簡単に言ってしまえば建築素材におけるとても優秀な性質を持つ鉱物でした。

その優秀さから奇跡の鉱物とまで呼ばれるほどの存在でした。その奇跡の鉱物と言われるほどの性質は、

 ・弾力がある
 ・不燃性
 ・酸やアルカリに強い
 ・断熱保温性
 ・絶縁体
 ・吸湿性

になります。この性質は建築素材にとってとても優秀な性質になります。そして、なおかつ値段が安いと言うこともアスベストが多く流通してしまっている原因だと考えられます。

この建築素材にとってとても優秀な性質を持っているアスベストですが、唯一欠点がありました。それは、健康被害です。

アスベストによる健康被害

長時間アスベストによる健康リスクが明らかになったのです。このアスベストは鉱物ですが、繊維のような性質があります。

ですから、アスベストと言うのは空気中を粉塵になって漂います。その粉塵を呼吸により取り入れれば、そのアスベストは肺の中に蓄積され、結果ガンの発生率を高めます。

その危険性からWHOの付属機関IARCにより発癌性がある(Group1)と勧告されているほどになります。

アスベストを一旦肺に取り入れれば、アスベストの性質上分解されることはありません。アスベストはどんどん体内で蓄積されるのです。このようなことから現在では、アスベストのことを静かな時限爆弾と呼ばれます。

アスベストが含まれている製造年月

現在製造されている建築素材にはアスベストは含まれていません。とは言っても、それは最近製造された家と建材の話です。

2000年以前に製造されたものには若干でもアスベストが混入されている可能性があります。ですから、それ以前に建設された住宅ならば、アスベストは使われていると考える必要があります。

具体的にどの建材にアスベストが使われているのかと言いますと、以下のようになります。

 

軒天井~1994年製造 ケイ酸カルシウム板
屋根~2004年製造 住宅屋根用化粧スレート
外壁~2004年製造 窯業系サイディング
内部壁~1987年製造 石綿含有ロックウール吸音天井板
内部天井~2004年製造 石綿スレート板
床~1986年製造 ビニール床タイル


アスベストが含まれていると言っても建築素材は、何百と言う種類がありますので、上記の表の建材だけにアスベストが含まれていると言うわけではありません。

代表的なものが上記の表になりますので、その部分は注意していただきたいです。

アスベストが含まれている建材の対策

仮に、アスベストを含んでいる可能性がある材料は、解体などでアスベストが暴露、浮遊しないために住宅の解体やリフォーム、増改築の際には事前のアスベスト含有調査が必要になります。

何も考えずにアスベストが含まれている建材を撤去しようとすれば、間違いなくアスベストは空気中に飛散します。

撤去しようとすれば、当然壊したり割ったりしなければなりません。そうすればどうしてもアスベストは飛散してしまうのです。

もし、アスベストが混入されている建材を使っている住宅ならば、石綿障害予防規則等の関係法令に則り現場の密封や建材の湿潤化によるアスベスト飛散防止対策を講じなければならないのです。

当然、余計なお金がかかりますが、健康のことを考えればその費用はどうしようもないとしか言いようがありませんので、ご了承いただきたいです。

 

メールフォーム:24時間対応

メールフォームへのご依頼は、24時間受付しております。下記フォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンを押してください。

当サイトのサービスはすべて無料でご利用できます。

・お問い合わせ頂きましたあなたに対して、強引な営業・売り込みをすることは一切ありません。

・詳細な工事内容について知るため、電話をかけさせていただくことがあります。この場合も、強引な営業はいたしません。

・フォームへ記入した内容について、あなたの許可なく個人情報が外部に漏れることはありません。安心して当サイトのサービスをご利用ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です