仕方がなく手抜き工事を行ってしまう外壁塗装業界の闇

仕方がなく手抜き工事を行ってしまう外壁塗装業界の闇

外壁塗装業者はたくさんあります。しかし、残念ながらその外壁塗装業者のすべてがすべて優良な業者ではありません。中には悪徳業者と言うもの存在します。
実際に、私が担当した工事でも過去にそのような悪徳業者に工事を依頼してしまったばっかりに、その後余計は工事を行い余計な工事費用がかかってしまったケースも存在します。
ですが、手抜き工事と言ってもしぶしぶ手抜き工事をしなければいけない業者もいるのです。これが外壁塗装業界の闇の部分になり、建設業界全体にも言えることなのです。
正直、私も手抜き工事をしてしまったことがあります。とは言っても手抜き工事をしようとして手抜き工事を行ったのではなく、正確には「手抜き工事をしなければならなかった」と言うことになります。
 下請け業者の現実
外壁塗装業界と言っても、下請け業者と元請け業者が存在します。多数の営業マンを抱え、営業を行い仕事を実際に取ってくるのは元請け業者です。
下請け業者はそのような元請け業者から仕事の依頼を受けますので、元請け業者が直接仕事を請け負って行うよりも、当然マージン(仲介手数料)が発生しますので、その分実際の材料費や人件費が削られてしまいます。
例えばあなたが、大手ハウスメーカーや大手の営業会社に100万円で外壁塗装を依頼したとします。まず、そこから仲介手数料が大手ハウスメーカーや大手の営業会社の利益になります。この場合ですと、30万円を大手の利益だとしましょう。
そうしますと、実際に外壁塗装を行う下請け業者には、70万円で仕事を依頼していることになります。お金がありませんので、本来行わなければいけないサービスを行えないのです。手抜き工事をするつもりがなくても手抜き工事をしなければいけないようになっているのです。
実際に、このように手抜き工事をしたとしても赤字になってしまう場合もありますので、実際に外壁塗装を行う元請け業者はとても大変な思いをしていることを理解していただきたいです。
私もこのようなことからしぶしぶ親方の言うことを聞いて手抜き工事を行っていましたし、このような外壁塗装業界の闇の部分を知ってしまい、とてもショックを受けたのを今でも明確に覚えています。
ですから、自分が仕事を請け負う立場になったのならば、そのようなことは絶対に行わないと思えましたし、そのおかげで逆に優良な外壁塗装を行えています。
しかし、その当時手抜き工事をしてしまった事実はなくなりませんし、その手抜き工事を行ったお客様には申し訳ないと思っています。
 安い金額でも仕事をしなければならない
ここで一つの疑問を抱く方もいるかもしれません。「なぜ、そのような安い金額で工事をするのか」と言うことです。
それは、元請け業者つまり外壁塗装を実際に行う職人さんたちは営業ができないからです。仕事を直接取ることができないからです。
ですから、常に大手や営業会社から仕事を請け負い、自分たちの仕事を確保しているのです。そこで予算が安いからと言って、工事を断ってしまえばその後仕事を請け負わせて貰えなくなってしまうかもしれません。
仕事がなければ職人さんたちは死活問題です。ですから、職人さんたちは、手抜き工事をしてまでも自分たちの生活を確保しなければならないのです。
この闇の部分を解決するためには、あなた自身が優良な業者を探す必要がありますし、直接外壁塗装業者に仕事を依頼する必要があるのです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

NO IMAGE

悪徳業者に外壁塗装を依頼しないようにする簡単な方法

NO IMAGE

リフォーム業者と工務店の違い:それぞれのメリットデメリット

優良業者の探し方

外壁屋根塗装業者の選び方:優良業者を見つけ出す3つの方法

外壁塗装価格相場

一戸建て住宅の外壁塗装の見積もり費用や相場、価格を安くする裏技

リフォーム

外壁塗装業者の選び方:優良リフォーム業者の7つの条件

NO IMAGE

あなたが望む外壁塗装を行える業者を選ぶことが重要