営業マンのサービスなどの甘い言葉に惑わされてはいけない

営業マンのサービスなどの甘い言葉に惑わされてはいけない

あなたの家にも営業マンが訪問して来たことがあるかと思います。ないと言う方はこれから来るかもしれません。その際にその営業マンの言うことを素直に信じていいものかは誰でも疑問に思うことかもしれません。
はっきり言ってしまえば外壁塗装の営業マンは仕事と言うのは、「外壁塗装の契約をする」ことです。
仕事を契約することが主な仕事になりますので、とにかく契約を焦る傾向があります。なぜなら、契約を取らなければどんなにお客様の家を訪問したとしても営業マンからすれば実績が残せません。それでは、給料も上がりませんし出世もできないのです。
営業マンに求められるのは結果であり、お客様のご自宅を外壁塗装によってきれいにすることではないのです。確かに、すべての営業マンがこのような営業マンではありませんが、このような営業マンが非常に多いのです。
その際に営業マンは巧みに契約を取ろうとしてきますが、惑わされてはいけません。特にこのような言葉を言ってきたら要注意です。
 ・足場代をサービスします。
 ・只今期間限定でサービスします。
 ・屋根や小屋、雨どいなどすべてサービスします。
 ・今回はモニターになってもらうので、安くします。
 ・どこの見積もりよりも安くします。
 ・今すぐ塗装をしなければ大変なことになる。
などになります。その他にもたくさんあると思いますが、今回は特に代表的なものを挙げてみました。外壁塗装の営業マンと話されたことがある方は上記の言葉を聞いたことがないでしょうか。
あると答えた方は契約をしなくて正解だったと思います。しかし、中には契約をしてしまった方もいるかもしれません。
実際に私のところには、よく上記の内容についてお問い合わせがきますし、上記のお問い合わせが来た方に限って後悔している方が多いです。
ですから、既に営業マンが来ている方もこれから営業マンが来る方も上記の言葉には特に気をつけていただきたいです。では、なぜ上記の言葉がいけないのでしょうか。どれも魅力的な内容ですし、説得力のある言葉だと思うかもしれません。
なぜいけないのかが分からなければ納得もできないと思いますので、他の業者さんには悪いですがその真実を、なぜ魅力的な言葉がいけないのかを順番に説明していきます。
 足場代サービスについて
一見、足場代がサービスになると言う言葉を聞きますとデメリットがないように思えますが、それは、本当に足場代の全てがサービスになった場合だけです。
よく考えていただきたいのですが、足場代と言うのは数万円単位ではなく10万円以上もしますのでそう簡単にはサービスできません。また、サービスといってもどのくらいサービスなのかわかりませんし、サービスといってもほんの数万円程度かもしれません。
サービスという言葉を聞きますと、「無料」と勘違いしてしまいがちですが、サービスをするといってもピンキリなのです。その他には、見積書には足場代が表記されていなかったのにもかかわらず、その足場代を別の請求書や他の項目に変えて請求する方法です。
実際に、このような方法は比較的行われていますので、よく見積もりの詳細を確認して足場代がどのようにサービスになっているのかを確認していただきたいです。
ここで足場代の相場や値段の決め方を説明します。足場代の相場としては、1㎡あたり600円から800円と言われています。
ですから、どんなに値段が高かったとしても足場代だけで20万円以上超えることはそうそうありません。ですから、ごく一般的な住宅の足場代は、10万円から15万円と覚えていただければわかりやすいかと思われます。
20万円以上も足場代を請求したらその怪しいと思っていただきたいですし、その業者とは契約しないほうがいいでしょう。また、このように金額がわかりますと、この金額のすべてをサービスしてくれるとは考えにくいです。
 期間限定について
私たち消費者は期間限定と言われるととても魅力的に感じますし、何だか今契約しなければ損をしてしまうように感じるかもしれません。
また、コンビニなどに行ってもこの期間限定という言葉はよく聞く言葉です。それ程まで、この期間限定という言葉は私たちに消費者にとって購買意欲をそそられるものなのです。
営業マンはその心理を利用していますので、期間限定という言葉には注意が必要になります。この業界では、期間限定と言っているのにもかかわらず、その期間限定がいつまでも行われているなんてことはザラにあります。
ですから、その営業マンが行われている期間限定がいつまで行われているかをよく確認していただきたいです。その後6ヶ月経っても期間限定といっているのであれば、その期間限定はとても信ぴょう性のないものだとわかります。
 屋根や小屋、雨どいなどサービスについて
ここまでサービスしてくれたら外壁塗装においてかなり金額を抑えることができます。しかし、これも足場同様に本当にサービスされていればの話です。
その分他の部分でその分の金額を上乗せしている可能性もあります。他の部分にわかりにくいように上乗せされれば、私たち素人にはわかりにくいですし、余程の警戒心がなければ気づくことは難しいでしょう
また、この場合においてもサービスをしたところで、業者には何もメリットがありません。業者もビジネスをしている以上、サービスばかりしていては採算がつきません。
ですから、サービスをする真意を見抜かなければいけません。普段考えたことないかもしれませんが、消費者として販売する側の立場になって考えてみることは、そのことが適正な値段なのかや適切なのかを判断するうえで重要なことなのです。
一見、サービスと言われればお客様にメリットしかないと思うかもしれませんが、これが面白いところで必ずしもそう言うわけではありません。
本来ならば3回塗らなければいけないところを1回だけで終わらせたり、塗料も一番安い塗っても色しかつかないようなものだったり、そのサービスした部分に関してはアフターケアをしなかったりするのです。
正直そのような質の低い仕事ではサービスされてもされなくても私たち消費者としては、同じなのです。むしろ、そのような多少のサービスをすることによって、契約を取れれば業者にメリットしかありません。
また、そのようなサービスを受けた側のお客様の立場としてはどうでしょうか。その質の悪いサービスによって帰って損をしてしまうかもしれないのです。
ちゃんと塗装を行えば10年間持つかもしれない機能性や耐久性が、3年しか持たなかったりするかもしれません。そうすればまたその部分だけ塗装しなければなりません。
その部分だけ塗装するということは、その塗装をまた業者に依頼しなければなりませんし、結局その分のお金はかかってしまいます。
また、部分だけ他の業者に依頼したとしても割高になってしまう可能性も十分に考えられます。それでは、結局得をするのは業者にですし、お客様の立場からすればデメリットしかないのです。
 今回はモニターになってもらうについて
モニターになると言うことは、どのようなことでしょうか。多くの方がモニターになった経験がないために何だかモニターに選ばれてその分の金額が安くなるのであれば、得をした気分になります。
この場合においてもモニターというのは、アンケートに答えれもらったりサイトに写真をアップさせていただいたりすることによって割引をすると言うものになります。
しかし、この場合においてもよく考えていただきたいのですが、そのようなことをしたところでさほど割引はされないと言うことです。
また、私もお客様にアンケートを依頼することはありますが、多くの方がそのような割引が無かったとしても協力していただけています。お客様といい関係を気づくことができればそのようなことは、そこまで難しいことではありません。
むしろ、お金を安くする代わりに得たアンケートなど本来の価値はないと思います。それでは、割引をしてもらった手前言いたいことも言えませんし、本音ではないのです。
それでは、あまり意味のない表面上だけのアンケートになってしまいますし、私はそのような質の低いアンケートは意味がないと思っています。
お客様の声というのは、お客様からしか聞けません。私たち工事を行う側の人間がいくら頭をひねったとしても、実際にお客様ではありませんし、工事をされていませんので想像できないのです。
ですから、お客様が想像する以上に私たちからすれば、「お客様の声」というのはとても価値がありますし意味があるのです。このことからもそこまでモニターになると言うことは特別なことではありませんし、そのことでわざわざ工事を依頼する要因にはなり得ないことがわかります。
 どこよりも安くしますについて
この場合においてもどこよりも安くするということは、逆を言えば「どこよりも手を抜きます」と言っているようなものです。値段を安くすると言うことは、どうしてもその分の質というのは必然的に落ちます。
業者も商売ですし、わざわざ自分たちが損をしてまでも工事を行うはずがありませんし、安くなることには裏があるということなのです。
本来しなければならないことをしない工事など意味がありませんし、それにお金を使うことなど無駄でしかありません。本来の3回塗る外壁を2回にすればその分の耐久性は落ちます。
もし仮にそのせいでまた塗装をしなければならなくなったら、また足場を組まなければいけませんし、また同じことをしなければなりません。
そうなれば得をするのは業者ですし、あなたは大切なお金と時間を失うのです。そんなことをしてまでもそのような仕事をする業者を私は同業者としてとても悲しく思います。
 今すぐ工事をしなければ大変なことになるについて
確かに、状況によってはすぐ工事した方がいい場合もありますが、ほとんどの場合も数ヶ月先に工事をすればいい場合がほとんどです。今すぐ工事しなければならないと言われれば、すぐに工事をしなければいけないと思ってしまいますし、決断を焦ってしまうかもしれません。
そうなれば冷静な判断をすることはできませんし、多少金額が高かったとしても契約してしまうかもしれません。工事は早ければ早い方が確かにいいです。
一般的に外壁塗装は10年に1度と言われていますが、時間とお金があるのであれば8年などに1度に塗装すれば仕上がりもきれいですし、理想的な工事です。
しかし、そこまでする必要はありませんし外壁塗装というのは金額が高いですから、そのような余裕のある家庭ばかりではありません。
ですから、外壁塗装は必要以上に焦る必要はないです。それよりもよく計画性を立ててより良い工事を行う準備をしたほうが賢明なのです。
とは言っても同じ家で同じ場所の家というのは、この世に2つとありません。海が近ければ潮風によって外壁の劣化や鉄部分のサビやすさはもちろん違います。すべての家の状況が違いますので、その症状をプロに見てもらう方がいいでしょう。
すぐにすぐ工事をしなければいけないというわけではありませんが、早ければ早い方が家のためですので今新築を立てて8年経過しているのであれば、来年や再来年などに外壁塗装をするための心構え今のうちからしていただければいい工事ができるはずです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

NO IMAGE

仕方がなく手抜き工事を行ってしまう外壁塗装業界の闇

NO IMAGE

塗り替えで失敗してしまうお客様がよくしてしまうミス

外壁塗装価格相場

一戸建て住宅の外壁塗装の見積もり費用や相場、価格を安くする裏技

NO IMAGE

あなたの家に来る営業マンは実際に作業はしない

NO IMAGE

営業マンの足場代がサービスになると言うセールスの真意とは

チラシ広告

自宅に来るチラシ広告での業者選びには注意する