重い屋根はリフォームしにくい:軽い屋根材の勧め

軽い屋根

仕事をしたり外出をしたりすることを考慮しても、家で過ごす時間のほうが圧倒的に長いです。

そのため、十数年先も快適に暮らすことができるように建物を建てる必要があります。

しかし、多くの方は値段やデザインばかりを気にしてしまうため、過ごしづらい家が完成してしまいます。

また、たとえ機能性を重視して家づくりを行ったとしても、実際に住んでみた結果、手直しをしたい箇所が必ず現れます。

例えば、家族が増えることによって、増築したいと思うかもしれません。もしくは、外壁や屋根が劣化したために、改修工事を行う必要がでてくるかもしれません。

これらの場合、リフォーム(主に改修工事のことをいう)を行えばほとんどの悩みが解決できます。

ただ、建物に使用している屋根材が重いものだと、場合によってはリフォームできる範囲が限られてしまいます。

屋根の重要のことを考慮せずに間取りを変えたり柱を減らしたりしてしまうと、家が傾いたりよじれたりして、最悪の場合倒壊してしまう恐れがあるからです。

このようなリスクを防ぐために、家を建てる段階で、将来リノベーション(改装などをして全く新しい価値を生み出す工事)する可能性も念頭において屋根材を選ぶことをお勧めします。

建物を支える耐力壁

住宅を支えているのは、柱だけではありません。間取りを形成している壁も、屋根や1階よりも上の重さを支えています。これを、「耐力壁(たいりょくかべ・たいりょくへき)」といいます。

そのため、屋根材を含めた2階より上の重量がある場合、それらを支えるだけの柱や耐力壁を残しておく必要があります。それが無くなってしまうと家のバランスが崩れてしまいます。

例えば、1階のリビングを広くするために、必要のない壁を減らすリフォームを行おうとします。しかし、それが耐力壁の場合、取り除いたら家が倒壊する危険性があるため、改築することはできません。

その他にも、外にウッドデッキなどを作り、開放的にするために窓を大きくしようと考えた場合も同様です。撤去しようと考えている部分の壁が耐力壁ならば、窓を広げることはできません。

ただし、耐力壁を取り除いた分、構造上家を支えることができる場所に同じものを増設すれば問題ありません。

しかし、耐力壁を移動するには、構造計算(構造上問題がないかどうかを証明するための計算)や補強工事が必要になります。すると、壁を撤去するだけの工事に比べると、費用がかさんでしまいます。

例えば、窓の位置を変更するだけでも工事金額は高くなる可能性があります。サッシを移動する場所が耐力壁である場合、施工費用が高くなるのはもちろんのこと、界壁の補修費用も工事内容に含まれます。

そのため、あとからリフォームをする可能性を考えられるのであれば、あらかじめ耐力壁を減らしておくことができます。

そうすることで、余分な工事が減るため、増改築にかかる費用を最小限に抑えることができます。

そこで、屋根の重さを軽くすることをお勧めします。

軽い屋根がリフォームしやすい理由

重量のある屋根材と言えば、瓦が代表的です。材料一枚一枚が重いため、家一軒分の量にならば相当な重荷になります。

一方、一般住宅で多く採用されている平型化粧スレート(ストレート:カラーベスト・コロニアル)の場合、材料が薄いため、瓦の重さと比較すると半分以下になります。

また、銅板(どうばん:銅の板)やガルバリウム鋼板(ガルバリウムこうはん:アルミと亜鉛で鉄を守る鋼の板)などの金属系の材料はさらに薄いです。屋根材の質量が少ないため、屋根の中で最も軽いのでお勧めです。

しかし、銅板は材料が高額であるため、化粧スレートを採用するお宅が大半です。これは、材料が安い上に軽くて地震に強く、リフォームにも向いています。

将来リフォームをする可能性やこれから改築する予定がある場合、一度施工する業者の担当者に相談するようにしましょう。

ただ、リフォーム業者の中には、構造計算や補強工事を行わずに提案してくる悪質な会社があるので注意が必要です。その分の工事費用は安くなるものの、家の改築をして建物が崩壊したら本末転倒です。

これは明らかな手抜き工事であるため、リフォームをする上ではしっかりとした根拠に基づいた提案をしてもらうことが大切です。

住宅を建てたり改築を行う際には、間取りはもちろんのこと、材料の一つ一つに対してもきちんと考えた上で決めるようにしましょう。

そこまで考えることができれば、あなたの住宅ライフはとても素晴らしいものになります。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

緑青2

銅の緑青(ろくしょう)の魅力と注意点:銅板が高耐久の理由

壁

地震や台風に強い家作り:建物を支える耐力壁の役割とは

屋根リフォーム

リフォームしやすい上に耐震性のある屋根:軽い材料を選ぶ

大気汚染

大気汚染が銅板の屋根に与える影響:酸性雨と光化学スモッグ

屋根

陶器瓦(粘土瓦)のメリットとデメリット:屋根材の選び方

陶器瓦

陶器瓦の種類と特徴:無釉薬瓦と釉薬瓦のメンテナンスについて