屋根の塗装、リフォーム

セメント瓦の特徴と塗り替え(屋根塗装)の注意点

瓦屋根

住宅の屋根にセメント瓦を使用している場合、適切なメンテナンスを行う必要があります。その理由としては、セメント瓦は割れやすく塗装が剥げると劣化してしまいます。

セメント瓦とは、セメントを使い加工した瓦になります。そのため、数多くある瓦の種類の中でも比較的軽量になり、地震などの揺れによる住宅への影響も少ないです。

ただ、セメント瓦自体には防水性や耐久性がないため、塗装によって防水性や耐久性を高める必要があります。

そうして塗料で表面を覆わなければ、防水性や耐久性が著しく低下してしまいます。

特に屋根は、外壁よりも太陽からの紫外線の影響や雨風の影響を受けやすいです。そのため、適切なメンテナンスにより塗装を行う必要があります。

万が一塗装が剥げて、セメント瓦がむき出しになっている状態になってしまえば、その部分が割れてしまったりしてしまいます。

先ほど述べたように、セメント瓦自体には防水性や耐久性はそこまでありません。雨水が当たれば、セメント瓦が水分を吸収してしまいます。

そうすると、セメントの主成分であるカルシウムが雨水によって流されてしまいます。

セメント瓦というのは、セメントと砂を混ぜたものを使用して加工したものになります。

そのため、そのセメントが雨によって流されてしまいますと、砂の部分だけが残ります。触ってみると一目瞭然なのですが、瓦の表面の砂がむき出しになっているため、ざらざらしています。

こうなってしまいますと、セメント瓦の耐久性はほとんどなく、簡単に割れてしまいます。

一度セメント瓦が劣化してしまいますと、いくら塗料を塗ったとしても耐久性を向上することは不可能です。そのため、風などで簡単に割れてしまいます。

屋根が割れてしまえば、美観はとても残念なものになります。また、最悪の場合雨漏りをする可能性も十分考えられます。これを防ぐためには、適切な時期に適切な塗装を行う必要があります。

セメント瓦のメンテナンスについて

年数が経過すればするほど、セメント瓦の塗膜(塗料)の艶(つや)は無くなっていきます。

そのため、セメント瓦の劣化の初期状態を見分けるには、艶が引けていないかや色あせていないかという部分を注意して観察するようにしましょう。

とは言っても、なかなか素人であるお客様がこの部分を判断することは難しいです。

ただし、明らかに塗装が剥げている場合は、簡単に判断できますので、屋根の一部分でも塗装が剥げていたらなるべく早めにプロである業者に診断してもらうようにしましょう。

しかし、屋根というのは住宅の部分でも一番見ることが少ないです。そのため、住んでいるだけでは屋根の劣化状態を見ることは難しいです。

その場合、お客様自身が屋根に登って判断するのではなく、プロに依頼して診断してもらうようにしましょう。見積もりや診断であれば、ほとんどの業者が無料で行ってくれます。

また、屋根に登るだけであれば、はしごを使って登ることができますので、足場を組むなどの費用がかかりません。

このことからわかるように、プロによる診断が一番適切で簡単です。ただ、この際診断をしてもらう業者は信頼できる業者に依頼する必要があります。

先ほど述べたように、お客様が屋根を見ることはほとんどありません。そのため、業者が自分たちの都合のいい診断や見積もりを行う可能性があります。

基本的に、業者というのは自分たちの利益のことしか考えていません。

これを防ぐためにも、信頼できる業者に見積もりや診断を依頼する必要があります。また、当サイトを利用すれば、ある程度の知識は身に付くはずです。

あなたが損をしてしまわないためにも、当サイトを利用して満足のいく塗り替え工事を行えるようにしましょう。

 

メールフォーム:24時間対応

メールフォームへのご依頼は、24時間受付しております。下記フォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンを押してください。

当サイトのサービスはすべて無料でご利用できます。

・お問い合わせ頂きましたあなたに対して、強引な営業・売り込みをすることは一切ありません。

・詳細な工事内容について知るため、電話をかけさせていただくことがあります。この場合も、強引な営業はいたしません。

・フォームへ記入した内容について、あなたの許可なく個人情報が外部に漏れることはありません。安心して当サイトのサービスをご利用ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です