見積書に一式の値段で記載されている場合は注意する

見積書

住宅の塗り替えを行う際に、業者に見積書を作成してもらいます。しかし、その見積書の記載が「塗り替え一式○○円」などと書かれている場合には、特に注意しなければなりません。

このような見積書の金額の記載では、どの部分がいくらかということがわかりません。また、後々工事内容や金額が違っていたとしても、チェックすることができません。

 それでは圧倒的に業者が有利な見積書になってしまいます。また、細かい部分の塗り替えをちゃんと行ってくれるのかどうかも、このような記載の見積もりでは判断できません。

住宅の塗り替えといっても、屋根と外壁だけではありません。破風や雨戸、トイなどの細かい部分のパーツも存在します。見積書が曖昧では、その細かい部分の塗り替えがどうなっているのかも判断できません。

業者によっては、外壁はシリコン塗料を使うが、外壁以外の部分は安い塗料を使う業者も存在します。なので、見積書には、塗り替え工事のすべての工事項目を記載してもらう必要があります。

工事の内容がわかりやすい

工事項目や塗料工事に必要な付帯項目が記載されていれば、依頼した工事が実際に行われなかったとしても確認できます。また、逆に依頼していない工事が行われてしまい、後々請求されることもありません。

見積書と実際に行われる工事内容との間違いが明確にわかります。その際には、工事項目ごとに記載されているのかも確認しましょう。

足場を仮設するといっても、何の機材を使って足場を組むのかを工事を依頼するお客様には知っていただく必要があります。

住宅に仮設する足場にも種類があります。例えば、足場でもビケ足場なのか単管足場なのか、それとも枠組み足場なのか詳細に見積書に記載されていなければわかりません。

足場の種類が変われば、当然足場の金額も変わります。足場の種類がわからなければ、その足場の金額が適切な価格なのかを判断することもできません。

下地処理を行うにしても、どのような方法で下地処理を行うのかわからなければいけません。屋根と外壁や高圧洗浄機で洗浄、外壁にひび割れなどがあれば補修方法の記載がなければいけません。

塗装に関しても、何回塗りでどの塗料で塗装するのかが、見積書には記載がなければいけません。1回目の下塗りには、何の塗料を使うのか、2回目の中塗りには何の塗料を使うのか。

また、3回目の上塗りにはどの塗料を使うのか見積書に記載してあれば、お客様の立場からしてもわかりやすく、安心して工事を任せられます。

安心して工事を任せられるには

塗り替え工事で、どのような工程で塗り替え工事を行うのかがわかれば、塗り替え工事を依頼する側としても安心できます。また、どのような順番で塗り替え工事を行うのかもわかることができます。

あなたの住宅の塗り替えです。お客様であるあなたにはそれを知る権利があります。しかし、そのような「細かい部分の見積もりを記載してくれ」と業者に言いにくいかもしれません。

その場合、複数社から見積もりを取り、ちゃんと見積書に家のさまざまな部分が記載されている業者に工事を依頼しましょう。

見積書を確認する際に金額の記載が一式で記載されているのか、細かい部分も記載されているのかを比較することで、優良な業者を選ぶ際の目安になります。

そして、見積書を確認する際には、塗装する部位の面積が記載されているのかも確認する必要があります。塗装工事は、塗料や材料、工事費等を合計した金額で1㎡あたりの金額を○○円と表示するケースがほとんどです。

面積と1㎡あたりの金額がわかれば、だいたいの見当がつきます。屋根の面積が200㎡となっていれば、通常の住宅であればあり得ない数字です。このように、見積もりに間違えがあったとしても、ちゃんと表記してあればその見積もりが適切なものではないと判断できます。

お客様からすれば、住宅の塗り替えのことはわからないことばかりです。見積書を依頼する業者には、外壁や屋根の塗装でわからないことを少しでもわかりやすい見積書を作成してもらうようにしましょう。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

契約書

クーリング・オフ制度:訪問販売から消費者を守る法律

契約依頼

アフターフォローがしっかりしている業者に工事を依頼する

契約書シート

契約チェックシート:工事で失敗しないための注意ポイント

アフターサービス

業者選びの際アフターフォローの期間を確認する

契約書証拠

契約時の約束や決めごとを書面に残す:証拠を残す必要性