アフターフォローがしっかりしている業者に工事を依頼する

契約依頼

住宅の塗り替え工事は、次の塗り替えを行うまでが住宅の塗り替えになります。決して、塗り替え工事を終えたらそれまでではありません。住宅の塗り替えは、一般的には10年に一度と言われています。

なので、次の塗り替え工事を行うまでの10年間あなたの住宅を守ることが、本来の塗り替え工事なのです。

ですから、塗り替え工事を終えた後のアフタ-フォローがしっかりしている必要があります。あなたが今後塗り替え工事を行うのであれば、アフターフォローがしっかりしている業者に工事を依頼しましょう。

10年持つと言われている塗料でも、もしかしたら5年くらいで塗料が剥げてしまうかもしれません。しかし、そうなった場合でもアフターフォローがしっかりしている業者ならば、その部分を無料で直してくれます。

逆に、アフターフォローがない業者に工事を依頼してしまったらどうでしょうか。5年で塗料が剥げてしまったとしても、その部分を直すためには、あなたがまた塗装業者に依頼しなければいけません。

このことからわかるように、アフターフォローがしっかりしている業者に塗り替え工事を依頼したほうが、明らかに得だということがわかります。

アフターフォローの期間について

むしろ、アフターフォローがしっかりしていない業者に工事は依頼しないほうがいいでしょう。なぜなら、お客様のためではないからです。次の塗り替えまでの10年、この10年はとても長い歳月です。

その10年間お客様に安心して生活していただくためにも、アフターフォローがしっかりしていると言うことは、とても重要なことになります。

塗装業者は数多く存在しますが、中にはアフターフォローが全くない業者も存在します。知らず知らずアフターフォローの無い業者に塗り替え工事を依頼してしまえば、塗り替え工事が終わった後に何かあったとしても、お手上げです。

現に、アフターフォローがない業者に工事を依頼してしまったために、工事後2、3年で塗料が剥げてしまったが保証してくれずに、自腹で補修しなければいけなくなってしまったお客様もいます。

そうなれば、結局泣き寝入りするのはお客様自身なのです。そうならないためにも、アフターフォローが充実しているかどうかは、業者選びの際にとても重要な要素になります。

アフターフォローがしっかりしている業者に工事を依頼すれば、お客様の立場からしても次の塗り替えまで安心して生活できます。また、安心して工事を依頼できます。

しかし、問題なのはアフターフォローの期間です。10年間無料で保証してくれる業者ならばいいですが、アフターフォローが5年などでは、次の塗り替えまで安心して生活できません。

なので、あなたが外壁塗装業者選びで迷っているのであれば、アフターフォローの期間がどのくらいあるのかという部分を特に気にして業者選びを行いましょう。

はっきり言って、アフターフォローが5年間では、あまりアフターフォローの意味がありません。いくら安い塗料を使ったとしても、5年間くらいの耐久性はあります。問題なのは、5年以降の話なのです。

その肝心な5年以降のアフターフォローがしっかりしているかどうかを業者選びの際には、気にしていただきたいです。

工事後のトラブルを防止するためには

また、アフターフォローも重要ですが、作業工程を記録しておくことも塗り替え後のトラブルを防止するためにはとても重要なポイントになります。

工事が終わった後に不具合が出た場合、業者と「やったやらない」「言った言わない」で問題になることは考えられます。

そのような場合に、重要になるのが作業工程の記録であり、アフターフォローの証明書になります。
 
そのような決定的な書面が塗り替え工事を終えた後に必要になってきます。「言った言わない」などのトラブルでは、いつまでたっても話は進まないでしょう。

結局、話が流れてしまい、お客様のほうが泣き寝入りしなければいけないケースがほとんどです。

そのようなトラブルを防止するためにも、作業工程の記録などが必要になります。万が一、作業に不備があった場合、そのような作業工程を記録しておくものがあれば、そこからどうして不具合があったのかを話し合うことができます。

なので、あなたが今後塗り替え工事を行うのであれば、このページで述べたことを特に注意していただきたいです。そうしていただければ、安心して塗り替え工事が行えるはずです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

見積書

見積書に一式の値段で記載されている場合は注意する

契約書

クーリング・オフ制度:訪問販売から消費者を守る法律

アフターサービス

業者選びの際アフターフォローの期間を確認する

契約書シート

契約チェックシート:工事で失敗しないための注意ポイント

契約書証拠

契約時の約束や決めごとを書面に残す:証拠を残す必要性