外壁塗装に使われるローラーの種類とその凄さ

ローラー

住宅の塗り替えに道具は刷毛やローラーや吹き付けのガンになりますが、現在においてはほとんどの部分をローラーで塗装します。

ローラーとはどのようなものかと言いますと、合成樹脂の円筒に動物などの毛でできたものや合成繊維を巻きつけたものになります。

住宅の塗り替えにおいて、外壁のほとんどの部分が広範囲になりますので、刷毛だけで塗装するとなりますと時間がかかってしまいます。

刷毛塗りとローラー塗装で同じ面積を塗装しますと、時間にしてローラー塗りは刷毛塗りの半分の時間で塗装ができてしまいます。

なので、早くきれいに簡単に住宅の塗り替えを行うには、ローラー塗りはなくてはならない存在なのです。

また、刷毛塗りによる塗装は塗る人によって差がでてしまいますが、ローラーによる塗装は差が出にくいです。

なので、初心者であっても比較的きれいに仕上げることができます。

そのローラーですがその種類はさまざまなものがあり、塗装に使う用途によって太さと毛足の長さが違います。

ローラーの毛足の長さの違い

ローラーの毛足の長さとは、簡単に言ってしまえばローラーの毛の長さになります。毛が長いローラーを触ってみますとふかふかしています。

なので、毛足が長いローラーは外壁に凹凸があるような場合に使うことが多いです。逆に毛足が短いローラーは、触ってみますと長いローラーに比べてそこまでふかふかしていません。

ですから、毛足が短いローラーは、平らな面を塗装する際に使われます。毛足が長いローラーと毛足が短いローラーの中間あたりの毛足の長さのローラーのあり、中毛ローラーと呼ばれます。

この中毛ローラーはどんな面にも塗装できますので、万能なローラーになります。

ですが、外壁に凹凸があるような外壁ならば中毛タイプのローラーよりも、長毛タイプのローラーのほうが塗り残しなく塗装できます。

同じく平らな面の塗装ならば毛足が短いタイプのローラーのほうが仕上がりはきれいです。

いくら万能な中毛ローラーだとしても、やはり塗る場所に適した毛足のローラーを使うほうがきれいで早く仕事ができます。なので、闇雲に中毛ローラーを使えばいいわけではありません。

そのほかにも外壁に凸凹をつける「砂骨(さこつ)ローラー」も存在します。よく外壁が凸凹の住宅があると思いますが、その凸凹はこのような特殊なローラーを使っているのです。

ですから、逆を言えば通常の外壁にも砂骨ローラーを使えば凸凹の模様をつけることができるのです。

そして、このローラーにも当然安いローラーというものは存在します。安いローラーですと、ローラーの毛が取れてしまい、塗装した箇所にその抜け毛が付着してしまいます。それでは、仕上がりはとても残念なものになってしまいます。

いい職人はローラーにも気を使う

優良な業者はいいローラーを使っています。いいローラーで塗装をしますと塗料が均等に塗装をできますので、ムラが少なく仕上がりがとてもきれいです。

例えいいローラーを使っていたとしても、塗装していくうちに徐々にローラーの毛足が寝てきます。簡単にいえば、徐々に仕上がりがきれいではなくなってくるのです。

なので、仕上がりにこだわっている業者というのは、ローラーがダメになったらすぐに新しいローラーに交換します。そうすることによって、どこの面の塗装もとてもきれいに塗装することができるのです。

逆にそのようなことを気にしない業者も存在します。確かに、ローラーの毛が寝てきても塗装することはできます。しかし、その仕上がりというのは、新品のローラーのそれとは全然違うものです。

同じローラーをずっと使って塗装しますと、最初はローラーの毛足が寝ていませんので、最初はとてもきれいな仕上がりです。

ですが、使っていくうちにローラーの毛足が寝てきます。その状態で塗装をすれば、ローラーの毛足が立っている状態で塗装したところとローラーの毛足が寝ている状態で塗装したところができてしまいます。

そのようになってしまえば、当然仕上がりにも差が出てしまいます。些細なことかもしれませんが、そのような気配りが重要だと思いますし、住宅の塗り替えを任せる以上そのような細かい部分までもしっかり塗装をしていただきたいです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

職人刷毛

職人の道具:いい仕事ができる職人は刷毛にもこだわる

刷毛壷

刷毛壺で刷毛を管理する職人に工事を依頼する

刷毛の種類

住宅の塗り替えに使われる刷毛の種類と特徴

刷毛

油性と水性の刷毛の手入れの仕方と保存方法

DIY

住宅の塗装でDIYを行ってはいけないものとは

ホームセンター

ホームセンターなどの家庭用塗料による塗装の限界