油性と水性の刷毛の手入れの仕方と保存方法

刷毛

プロの職人さんは、刷毛にこだわりを持っています。良い刷毛を使い長く使用します。刷毛は塗装職人の命です。そのため、刷毛を手入れする必要があり、刷毛を保存する必要があります。

そこでこのページでは、水性タイプの刷毛の保存方法と油性タイプ、シンナーで薄めるタイプの刷毛の保存方法を紹介します。

塗料には、水性タイプと油性タイプの塗料があります。水性タイプは、水で希釈(薄める)ものになります。一方、油性タイプの塗料は、シンナーで希釈するものになります。

ですから、水性タイプの塗料で塗装した刷毛と油性タイプの塗料で塗装した刷毛は、それぞれの方法で手入れをして保存する必要があります。

水性タイプの刷毛の手入れの方法

まず水性タイプの塗料の保存方法ですが、新聞紙などに使い終わった刷毛をこすりつけ、塗料が新聞紙に付かなくなるまできれいにします。

その後水で洗い、台所用洗剤を使ってきれいにします。そして、刷毛壺と呼ばれる刷毛専用保存容器に水を入れ、その中に刷毛を入れて保存します。

水性タイプの刷毛の保存方法の注意点としては、洗浄に使った水は下水に流してはいけません。

なので、少量の水を容器にいれ、少しの水で洗うようにします。そうすれば洗浄が終わった後、その水をいらないウエス(布)に含ませ、乾燥させた後ゴミとして処分することが簡単になります。

また、刷毛壺の中に水を入れて保管するため、夏場や梅雨時期などには、刷毛壺の中や刷毛にカビが発生してしまいます。なので、定期的に刷毛壺自体や刷毛を洗う必要があります。

そして次に油性タイプ、シンナーで希釈するタイプの刷毛の手入れの方法になります。油性タイプの塗料はシンナーで希釈するタイプになります。

ですから、水性タイプの塗料よりも念入りに洗浄する必要があります。

油性タイプの刷毛の手入れの方法

まず、水性タイプの刷毛同様に新聞紙に使い終わった刷毛をこすりつけ、塗料が新聞紙に付かなくなるまできれいにします。その後、洗浄用シンナーで洗浄します。この際使う洗浄用シンナーは、塗料用シンナーよりも強力なものを使います。

刷毛を洗うシンナーは、洗浄用シンナーでなくても塗料用シンナー(塗料を薄めるシンナー)で洗浄しても構いません。

ただし、塗料用シンナーでは刷毛に付いた塗料を落とすのが洗浄用シンナーよりも大変です。なので、洗浄用シンナーを使用したほうが、きれいに早く刷毛を手入れすることができます。

刷毛を洗浄し終えた洗浄用シンナーはいらないウエス(布)などに含ませ、乾燥させます。その後、燃えるゴミとして処分します。

そして、洗浄用シンナーできれいに刷毛を洗った後、その洗浄用シンナーを新聞紙でふき取ります。その後、刷毛壺と呼ばれる刷毛専用の保存容器に入れ保存します。

この際、刷毛壺の中には塗料用シンナーを入れ、毛先の部分が刷毛壺内のシンナーに浸るようにします。これで刷毛壺による刷毛を保存が可能になります。

刷毛壺の中に入れるものは塗料用シンナーでなくても問題ありません。塗料用シンナーと洗浄用シンナーを7:3の割合で混ぜたもので保存しても構いません。

油で保存する場合

また、職人の中には刷毛のコシを重視する方もいます。そのような方は、刷毛壺の中にボイル油や亜麻仁油、灯油などを使用します。近年では、保存時のにおいや安全性の面から、サラダ油で保存する方もいます。

ただ、油を使って保存する場合、刷毛を使う際にはしっかり油をふき取る必要があります。

その部分を考慮して、刷毛壺にいれる保存液を選ぶようにしましょう。刷毛壺の中にいれる液体は、特にこれでなければいけないというものはありません。

いろいろ試し、あなたのあなただけの刷毛の保存方法を見つけましょう。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

ローラー

外壁塗装に使われるローラーの種類とその凄さ

ホームセンター

ホームセンターなどの家庭用塗料による塗装の限界

職人刷毛

職人の道具:いい仕事ができる職人は刷毛にもこだわる

石膏ボード

石膏ボードの下地処理しっかり行うことで綺麗な塗装ができる

刷毛の種類

住宅の塗り替えに使われる刷毛の種類と特徴

DIY

住宅の塗装でDIYを行ってはいけないものとは