大手メーカーか地元の業者どちらに塗り替えを任せればいいのか

塗装業者

外壁塗装や屋根塗装を行ううえで多くの方が悩まれるのが業者選びだと思います。さまざまな業者がありますが、その中でも2つの業者に大きく分けることができます。

それは、「大手の業者」か「地元の業者」かになります。大手の業者と言うのは、CMで見かける大手の業者と思っていただければわかりやすいと思います。

それと反対に地元の業者と言うのは、外壁塗装専門店のように地域密着の小規模で仕事を行っている業者になります。

このどちらがいいのか迷う方が多いかもしれませんが、結論から言ってしまえば地域密着の業者に塗り替えを依頼するほうが望ましいです。これは、中間マージンの関係から言っても大手よりも価格が安く、なおかつ質の高い外壁塗装を行えるからです。

大手の仲介手数料の内訳

では、それをわかりやすくするためにそれぞれの中間マージンの決め方を説明します。中間マージンと言うのは仲介手数料のことですが、業者の数が増えるごとにこの中間マージンは発生します。

実際にあなたから仕事を請け負うのは元請け業者になります。そして、その元請け業者が手数料を取り下請け業者に仕事を依頼します。

下請け業者の下に業者がいる場合は、一般的には孫請け業者と言われ、元請け業者と下請け業者仲介手数料を引かれた金額で仕事を請け負うのです。

大手の業者になりますと、孫請け業者まで存在しますので、実際にあなたの払ったお金の半分以上の金額を中間マージンとして支払っていることになります。

そうすれば、実際に孫請け業者に行く金額と言うのは、元請け業者が受けた金額、つまりあなたは支払う工事費用の半分以上の金額で工事をしなければなりません。そこから材料費や作業する職人さんの給料などを支払います。

正直、現実は更に厳しく半分程度ならばいいほうなのです。現実は、孫請け業者は元請け業者の1/3の金額で工事をしなければなりません。

あなたが100万円で工事を元請け業者に依頼したのであれば、そこから60万円以上の金額をあなたの工事に使われる金額とは関係のない、中間マージンとして取られてしまいますので、実際にあなたの家を塗り替える金額と言うのは、30万円程度の金額になります。

この金額でいい工事をしようとしても、厳しいものがありますし、このようなことからも手抜き工事をしぶしぶ行ってしまうのです。また、大手企業と言うのは地域密着の地元の業者と比べてしまいますと、仕事に対する姿勢やクオリティは低くなってしまうのです。

あなたが外食に行く際に大手のチェーン店よりも、地域の飲食店のほうが美味しいと感じることはないでしょうか。まさに外壁塗装にも同じことが言えるのです。

多くの仲介手数料がかかれば金額も高くなる

このように元請けから下請けから孫請けに仕事を任せると、当然塗り替えの金額は高くなってしまいます。当然なことですが、これだけの業者が関わるということは、その分大勢の人間が工事に携わることになります。

その人たちは仕事で工事に携わっているわけですから、当然給料が発生します。あなたも給料が発生しなければ仕事はしないと思います。

この仕組みは塗り替えを行うお客様からしても、工事に使うお金だからと言って払った費用のほとんどが仲介手数料を取られてしまい、実際の工事に使われないことは不本意だと思います。

100万円の工事費用を払ったのならば、その分質の高い工事やいい塗料を使ったほうがいいはずです。

営業マンと施工する人が違う

上記のようなこと以外にも大手メーカーに工事を依頼するデメリットは存在します。それは、営業マンと施工する人が違うと言うことです。大手は専属の営業マンが契約を取ります。ですから、実際にお客様と話をするのは営業マンです。

しかし、営業マンといくら話をしたところで、その営業マンはあなたの家の塗り替えを行うことはありません。と言うことは、いくら営業マンに自分の家の外壁をどうしたいのかと言ったところで実際に作業する人ではないのですから、どうしても意見が食い違ってしまいます。

その違いから実際に塗り替えに満足いっていないお客様は多いです。

施工期間中に人が入れ替わる

大手メーカーにもなりますと、先ほども申し上げた通りCMを放送するほどの大規模になります。ですから、契約している下請け業者と言うのは複数います。

一見、この複数の下請け業者がいると言うことに何のデメリットもないように思えますが、実際はそうではありません。

多くの下請け業者がいると言うことは、実際の塗り替え中に作業する人が入れ替わることもあります。また、今回の業者さんと次回の業者さんは違うこともあります。

そうなりますと、あなたの家のことを人が変わるたびに説明しなければなりませんし、あなたがこの部分はどうしたいのか。あなたの家のあなたにしかわからない、あなたの家の注意点などもまた説明しなければならないのです。

これだけでも手間ですし、次回塗り替えを依頼するにしても前回塗り替えをしてもらった業者に塗り替えをしてもらったほうが効率的です。

そして、今回の業者さんはとても対応がよくあなたの理想的な塗り替えを行えたとしても、次回の工事の際にはその業者さんに塗り替えを依頼できるとは限らないのです。

地元の業者がいい理由

上記のように大手メーカーのデメリットを説明しましたが、地元業者はそのようなデメリットがないところからも、あなたの家の塗り替えを依頼するにあたって理想的な業者と言えます。

あなたが現在住んでいる地域に住んでいる人だからこそわかることがあります。その地域に根ざして昔から工事を行ってきていますので、当然その地域性に大変詳しいです。

寒さ、厚さ、雨、風、雪、海の傍なら塩の対策など、地域性に合わせた施工を考えてくれますし、経験や体験からあなたの家に一番適切な塗料や塗り替えを行ってくれます。

そして、何よりも工事に必要のないお金がかからない点が地元の業者を利用するメリットと言えます。大手メーカーに100万円で塗り替えを依頼するのと地元の業者に100万で塗り替えを依頼するのとでは訳が違います。

大手メーカーは中間マージンと言う工事には関係のないお金が発生します。だったらその分をいい塗料を使ったり、何かあなたのためになることに使うほうがよっぽどマシです。

とは言っても、大手メーカーのほうがトラブルになった場合には安心できると言うメリットも存在します。もし、トラブルになりいざ裁判になったとしても大手メーカーに、個人が勝てるとも考えにくいですので、やはり地元の業者を利用するのが望ましいです。

地元で仕事をしている以上、その地元で仕事をすることにプライドを持っていますし、下手な塗り替えをしたのならば、その後その地域で仕事をし続けることは難しくなってしまいます。

このようなことを踏まえたとしても、あなたの大切な住宅とその家族のことを任せられるのは、地元の業者なのではないでしょうか。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

屋根外壁塗装

屋根と外壁の塗装は同時に行ったほうがいいのか

窓

塗装工事中に窓を開けることはできないのか

塗装工事

塗装工事中は日常生活に支障はあるのか

住宅塗装

DIYで住宅の塗り替え(外壁屋根塗装工事)はできるのか

塗装

ウレタン塗料とシリコン塗料はどちらで塗装を使えばいいのか

外壁塗装

初めての外壁屋根塗装:後悔しないための知識