DIYで住宅の塗り替え(外壁屋根塗装工事)はできるのか

住宅塗装

現在ではDIY(ディーアイワイ)、つまり日曜大工を行う人も増えてきました。また近所のホームセンターなどに行けば、簡単に塗り替えや外壁塗装を行える塗料が手に入るようになりました。

当サイトを運営していますと、よく「自分で塗装工事はできますか?」というお問い合わせを受けます。

結論から言ってしまえば、できないことはありません。しかし、プロのような耐久性や質は不可能です。数多くのお客様の話を伺っていますと、外壁塗装は塗料を塗るだけだと思っている方が非常に多いです。

プロとDIYの決定的な違い

しかし実際はそうではなく、業者専用の高圧洗浄機で外壁や屋根の汚れをしっかり落としてから塗り替えを行います。その際、下地にクラック(亀裂)があればその部分を補修したり、傷んだ箇所があればその部分を補修してから塗装を行います。

その下地処理をしっかり行わなければ、塗料を塗装したとしても雨水が侵入してしまいます。このことからわかるように、塗り替え工事は塗料をただ単に塗るだけのことではないことがわかります。

先ほど述べたように、ホームセンターに行けば気軽に外壁や屋根の塗装を行う塗料や下地処理が行えるコーキング材が手に入いるようになりました。

しかしそれはあくまでも家庭用にすぎません。実際にプロである職人が使うものと比べてしまいますと、耐久性や質が大きく異なります。

それもそのはずです。プロが使う塗料は火気厳禁なものや誰でも扱えるものではありません。一方、ホームセンターなどで販売している塗料は安全性が高いようになっています。よって、誰でも扱えることができます。

プロの職人さんが使う塗料が油性のものがほとんどなのにもかかわらず、家庭用塗料は水性塗料が一般的です。なので、どうしても耐久性に大きな違いが出ます。

例えあなたが自分自身で塗り替え工事を行ったとしても、数年でまた塗り替えを行わなければいけなくなってしまいます。家庭用塗料では耐久性は持っても5年程度です。なので、5年に一回塗り替えを行う計算になります。

しかし、プロに頼んで塗り替えを行った場合の耐久性は10年に一回です。また、住宅の外壁や屋根の塗り替えになりますと、2階などの高い場所では足場が必要になってしまいます。

なので例えDIYが経済的だと言っても、足場代のことや耐久性のことを考えますと、プロに塗り替えを依頼するほうが手間暇を考えた場合経済的で簡単になります。

安全面からDIYはお勧めできない

また、安全面からも屋根などの高所の作業はおすすめできません。現在では昔とは違い、平屋の家(1階建て)が少なく2階建てがほとんどになります。2階建ての屋根に上って作業するということは、3階建ての高さに相当します。

そのような高所で作業をすれば、当然落下などの危険性が出てきます。頻繁に屋根を塗装しているプロですら、そのような場所は注意を払って作業する必要があるのですから、あまり屋根に登ったことのないような方ではとても危険です。

万が一落下してしまえば、その高さからでは無事ではすみません。このようなことをすべて踏まえたうえで、DIYを行うとしても、住宅の外壁や屋根の塗装は行わないでください。

DIYを行うのであれば、ポストやウッドのイスやテーブルといったちょっとしたものを塗装するようにしましょう。その程度のものであれば、DIYで塗装することは十分に可能です。また、わざわざプロに依頼するほどでもないでしょう。

とはいっても、住宅の塗り替えを依頼際、そのような小物であればついでにサービスで塗装してくれる業者がほとんどです。なので、あなたがこれから住宅の塗り替えを考えているのであれば、少し気になるものをついでに塗り替えてもらえないのか業者に相談してみましょう。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

住宅塗装

あなたの住宅に合った塗料を選ばなければいけない理由

外壁塗装

初めての外壁屋根塗装:後悔しないための知識

屋根外壁塗装

屋根と外壁の塗装は同時に行ったほうがいいのか

塗装工事

塗装工事中は日常生活に支障はあるのか

塗装の時期

家の塗り替えに一番適した季節とは:気温と湿度の関係

塗り替え

外壁の塗り替えと張り替えはどちらがいいのか