さまざまな塗装の種類

車庫や倉庫のシャッターの塗り替え工事の方法

車庫塗装

住宅の塗り替えは外壁や屋根の塗装だけではありません。倉庫や車庫も住宅の外壁同様に塗装することができるのです。

また、車庫や倉庫の塗り替えでは、一般的な住宅にはないシャッターによる開閉の倉庫や車庫があります。ですが、そのようなシャッターも新品同様に塗り替えられます。

この画像は、過去に車庫や倉庫の塗り替えを行った際の画像になります。塗り替えたシャッターの画像をよく見ていただきたいのですが、まるで新品のようなツヤがあります。

あまりにも新品同様なツヤになりますので、「新品のシャッターの画像なのでは?」と疑問に思う方もいるかもしれません。しかし、期待を裏切るようですが、この写真は塗り替えを行ったシャッターの画像になります。

とは言っても、このようなシャッターを塗り替えるには、それ相応の技術が必要になります。いい腕の職人さんに工事を依頼するからこそ、このような質の高い塗り替えを行うことができるのです。

吹き付けによる塗装について

このシャッターの塗り替えは、通常の外壁に使われる刷毛やローラーを使わずに、吹き付けと呼ばれる方法で塗り替えを行います。

吹き付けとは、コンプレッサーによって塗料を特殊なガンによって塗料とエア(空気)を同時に飛ばし、塗料を均一に塗装する技術になります。

よくホームセンターなどに行きますと、車の塗装や住宅の塗装などさまざまなスプレー缶が販売されています。簡単に言ってしまえば、吹き付けとはそのようなスプレー缶のような塗装になります。

実は、この吹き付けは塗装する人間の技術の差が大きく影響します。スプレー缶による塗装を行った方ならばわかると思いますが、吹き付けによる塗装では、同じ個所に塗料の量が集中してしまいますと、その部分だけ塗料が垂れてしまったりしてしまいます。

また、塗料を均一に塗装しなければツヤが均一になりません。均一に塗装しなければ、仕上がりにムラが出てしまいます。

吹き付ける塗料の量が厚くなってしまえば、その部分だけツヤが出てしまいます。逆に、塗料の量が少なければ、その部分だけツヤが無くなってしまいます。
塗料を均一に塗装することができて、はじめてこの写真のような仕上がりになり、新品のシャッターのようなクオリティを再現できます。

いい仕事ができる業者に依頼する

しかし、すべての業者がこのような吹き付けのクオリティを再現してくれるわけではありません。業者にもさまざまな種類の業者がいますので、中には色の塗り替えだけできればいいという業者も存在します。

そのような業者に吹き付けを依頼しても、この写真のような仕上がりにはなりません。遠くから見ればきれいに仕上がっているように見えるかもしれません。ですが、近づいてよく見てみますと、ムラやタレを確認できてしまいます。

素人のお客様からすれば、そのような仕上がりの違いは分からないかもしれません。同じ費用を払ったとしても、この写真のような新品のようなクオリティを再現してくれる業者もいれば、最低限のクオリティしか出してくれない職人さんもいます。
ですから、このような塗り替えの質やクオリティを出すには、職人さんのこだわりの部分にかかっているのです。質にこだわる職人さんならば、仕上がりに妥協することはありません。

しかし、先ほどの述べた通り、すべての業者や職人さんがこのように仕上がりにこだわりを持っているわけではありません。こだわりを持ちたくても、予算が少なかったり工期がなかったりして、こだわりを持ちたくても持てない業者や職人さんが多いのが現実なのです。

当然、お客様からすれば仕上がりにこだわりを持って塗り替えを行ってほしいと思うことは当たり前です。ですから、きれいな住宅の塗り替えを行ってもらうためにも、業者選びは重要なのです。

あなたが塗り替え工事を行う際には、ただ単に塗り替え工事を行ってもらうのではなく、仕上がりにこだわりを持って仕事をしてもらえる業者に工事を依頼するようにしましょう。

 

メールフォーム:24時間対応

メールフォームへのご依頼は、24時間受付しております。下記フォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンを押してください。

当サイトのサービスはすべて無料でご利用できます。

・お問い合わせ頂きましたあなたに対して、強引な営業・売り込みをすることは一切ありません。

・詳細な工事内容について知るため、電話をかけさせていただくことがあります。この場合も、強引な営業はいたしません。

・フォームへ記入した内容について、あなたの許可なく個人情報が外部に漏れることはありません。安心して当サイトのサービスをご利用ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です