見積書のチェックポイント:これがなければその業者は断れ

業者料金

外壁塗装を行う上で見積書を営業マンに作成してもらいますが、この見積書と言うのは外壁塗装や屋根塗装を行う上で、とても重要なポイントになります。

ですから、お客様が安心して外壁塗装を行えるためにも、高額な請求をされないためにも適切な見積書なのかを見極める必要がありますし、その力が必要なのです。

とは言っても見積書と言うのは契約の最終段階に話であって、実は見積書を作成してもらう前にしなければならないことがあります。それは、「調査診断書」と「仕様書」になります。

調査診断書と言うのは、簡単に言ってしまえばあなたの家の外壁にどのような症状が出ているのか、あなたの外壁をどのように施工する必要があるのかと言うことを記載したものになります。

まずは、この調査診断書を作成していただき、その後その調査診断書をもとにどのような施工や改善を行うのか、どのような塗料を使えばいいのかと言うことを示す仕様書を作成していただきましょう。

この調査診断書と仕様書は、基本的にはどの業者に頼んだとしても無料で作成してもらえるものになりますので、見積書を作成するよりも先にこの2つを作成してもらいましょう。

見積書だけでは不明な点などが、この調査診断書と仕様書を見れば一目瞭然です。ですから、とにかくこの2つの書類を作成してもらうことを優先していただきたいです。

この調査診断書と仕様書を作成してくれない。もしくは、いきなり見積書を作成すると言う業者は、残念ですが契約することはおすすめできませんし、断ったほうがあなたのためであると言えます。

見積書の判断基準

調査診断書と仕様書を作成してからやっと見積書の話になります。では、その見積書をどのように見ればいいのか、どのような部分をしっかり見なければならないのかを説明します。

見積書を見ると言ってもなかなか素人のお客様にはわかりにくいかもしれません。なので、以下2つを特にチェックしていただきたいです。

 ・塗らなければならない部分を具体的に記載してあるか 
 ・トイや雨戸、外壁以外の細かい部分の塗料の種類は外壁と同じ塗料であるか

の2つになります。

この部分だけは特に注意をしてみていただきたいです。では、なぜこの2つを気にしなければならないのかを説明します。

外壁塗装工事においてよくあるトラブルが、その後に追加工事を行わなければならなくなり、さらに金額を請求されることです。

通常このようなことはあってはならないことです。そもそも何のための最初の見積書だったのかわかりません。

ですから、このような追加の工事などを防ぐためにも先ほども申し上げた通り、調査診断書と仕様書を作成してこのようなことを未然に防ぐ必要があります。

正確に、塗らなければならない部分を記載してあれば、追加工事など起こることはありません。追加工事が必要だとしても業者はプロですから、そのことは初めにわかっているはずです。

そのことを隠してあえて最初の金額を安く見せ契約を取り、その分を追加工事によって補っています。

確かに、追加工事をしなければいけないと言われれば、「ついでだから」「せっかくだから」と思ってしまうかもしれません。そのような心理を利用することは、正直同業者として悪質だと思いますし、このようなことはあってはならないことだと思います。

外壁以外の塗料の種類について

これは、多くの外壁塗装業者が行っているのですが、外壁の塗料とそのほかの細かい部分の塗料は種類が違うと言うことです。

塗料と言っても数多くの種類があり、値段も違います。耐久性や機能性も大きく変わってくるのです。

外壁は10年以上耐久性がある塗料を使っていたとしても、それ以外は5年しか持たなければ意味がありませんし、それではまたその部分だけ塗装をしなければなりません。

業者からすれば、極力コストのかからない安い塗料を塗るほうが経費削減になりますので利益が出ます。ですから、バレないように経費削減を行う手抜きは頻繁に行われているのです。

特に、黒や茶色などの色の濃い塗料は白などにくらべても仕上がりがよく、白い部分が2回や3回塗らなければ仕上がらないとしても、黒や茶色で塗る場合には1回で仕上げることは可能です。

白の3回塗りと黒の1回塗りでは見た目は同じかもしれませんが、耐久性であり機能性と言った中身は大きく違います。

このようなことからも、外壁と同じ塗料を使うことは絶対条件ですし、その部分をしっかり見積書から判断しなければならないのです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

外壁塗装見積もり書見方

外壁塗装の見積もり書の事例を公開!内訳や見方の注意点やポイント

料金

初めての外壁塗装工事が高くなってしまう理由と解決策

見積もり

複数社見積もりを取る際同じ塗料で塗装する見積もりを依頼する

見積もり比較

外壁塗装の見積もりの仕方や比較方法【相見積もりの注意点】

業者料金

あまりにも安い金額で住宅の塗り替えをしてはいけない理由

火災保険0円外壁塗装

火災保険を使い実質負担0円で外壁塗装・リフォームを行う裏技