見積りチェック:外壁とその他の部分で塗料が違う場合が多い

支払い

営業マンと話を進めていく契約の最終段階になりますと、見積書を作成してもらえます。その際に注意しなければならないポイントがあります。

それは、外壁の塗料とトイや雨戸などのその他の部分の塗料が一緒のものを使われているかどうかです。

住宅の外壁塗装と屋根塗装と言えば、外壁や屋根ばかりに気を取られてしまいます。外壁の塗料だけいいものを使っていたとしてもその他の部分の塗料が、安く耐久性のないものではいけません。

しかし、この部分をおろそかにしてしまったばかりに、その後外壁以外の部分だけを塗装し直さなければいけないお客様も存在します。

ですから、外壁や屋根ばかりに気を取られずに、それ以外の家の細かい部分に使われる塗料も同じではなければいけないのです。

同じ塗料でなければいけない

外壁は10年以上耐久性がある塗料を使っていたとしても、それ以外は5年しか持たなければ意味がありませんし、それではまたその部分だけ塗装をしなければなりません。

業者からすれば、極力コストのかからない安い塗料を塗るほうが経費削減になりますので利益が出ます。ですから、バレないように経費削減を行う手抜きは頻繁に行われているのです。

特に、黒や茶色などの色の濃い塗料は白などにくらべても仕上がりがよく、白い部分が2回や3回塗らなければ仕上がらないとしても、黒や茶色で塗る場合には1回で仕上げることは可能です。

白の3回塗りと黒の1回塗りでは見た目は同じかもしれませんが、耐久性であり機能性と言った中身は大きく違います。

このようなことからも、外壁と同じ塗料を使うことは絶対条件ですし、その部分をしっかり見積書から判断しなければならないのです。

あなたがこのことを知らなければ業者は安い塗料を使おうとしますので、素人だからわからないと言うのではなく、外壁塗装で後悔してしまわないためにも知識をつけなければいけません。

営業マンに聞くことが大事

すぐにこの違いがわかったのであれば、営業マンに「外壁と同じ塗料で塗らないのですか?」と質問していただきたいです。しかし、もしかしたら外壁と同じ塗料を塗ることを拒んでくるかもしれません。

「外壁の塗料を使わなくても大丈夫」「壊れたら新規に取り換えれば大丈夫」「雨漏りはしないから大丈夫」などと言ってくるかもしれません。

ですが、外壁の塗料の耐久性が10年の塗料を使い、トイや雨戸、はふなどの塗料の耐久性が5年ならばどうでしょうか。

今から5年経てば明らかに耐久性の違いは出ていきますし、色なども明らかに薄くなってしまうかもしれません。

そうなった場合、次の外壁塗装をするまで5年間その状態を我慢しなければなりません。なかなかその部分のために、足場をわざわざ組まなければならないとなりますと難しいです。

なぜなら、足場代のほうがかえって高くなってしまう可能性があるからです。そこまでしてトイや雨戸などを塗装することは難しいです。

次の外壁塗装をする際には新規で付け替えなければならなくなってしまいます。

そうなりますと、最初から外壁と同じ塗料で塗っていた場合よりも当然値段は高くなります。それではお客様のためになりませんし、外壁塗装を行った後のことを全く考えていません。

外壁塗装は工事が終わればそれまでという考え方の業者が多いですが、業者はそれまでかもしれませんが、お客様はその後もその家に住み続けます。

ですから、外壁塗装を行ってそれだけというのではなく、その後のお客様が快適に住み続けることを考えるのが本来のの外壁塗装のあるべき姿なのではないでしょうか。

実際、このようなことを考えない外壁塗装業者が多いですし、お客様本位ではないのが同じ同業者として残念に思います。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

節約

高い塗料を使うことはトータルで考えれば経済的にお得

業者料金

見積書のチェックポイント:これがなければその業者は断れ

注意

訪問販売型リフォーム業者には注意する

外壁塗装見積もり書見方

外壁塗装の見積もり書の事例を公開!内訳や見方の注意点やポイント

見積もり

複数社見積もりを取る際同じ塗料で塗装する見積もりを依頼する

料金

初めての外壁塗装工事が高くなってしまう理由と解決策