初めての外壁塗装工事が高くなってしまう理由と解決策

料金

過去に外壁塗装を行ったお客様からよく言われることがあります。それは、「金額が前回よりもとても安い」「なんでこんなに安いの?」と言うことをよく言われるのですが、私たちからすればこれが適正価格になりますので、別に安くしているわけではないのです。

逆を言ってしまえば前回のお客様が行った外壁塗装や屋根塗装の値段が高すぎるのです。前回外壁塗装や屋根塗装を行ったことがある方は、そのときの工事費用が高かったとしても大体の相場がわかると思います。

初めての工事は基準がわからない

なぜなら、その前回行った外壁塗装や屋根塗装があなたの一つの基準になっているからです。例えば、あなたは缶ジュースを購入すると思います。通常缶ジュースを購入すれば130円です。

しかし、これが富士山や観光地で購入するとどうでしょうか。同じ缶ジュースなのにもかかわらず300円などの値段で売られています。

他には、ディスカウントストアなどで同じ缶ジュースを購入しようとしますと、その値段は80円などで全く同じジュースを購入できてしまいます。

この際の缶ジュースの値段に関してあなたは、高いと思ったり安いと思ったりするのと思います。ですが、なぜ高いと思ったり安いと思ったりするのでしょうか。

それは、通常の値段をすでに知っていて、あなたに缶ジュースは大体いくらと言う基準ができているからなのです。このことは、外壁塗装にも同じことが言えます。

前回外壁塗装を行ったことがある人はその金額が基準になっていますので、次に工事した際にはその基準をもとに安いのか高いのかを判断できます。

このように、前回外壁塗装を行ったことがある人はそこまで問題ではありません。問題なのは、初めて外壁塗装を行うお客様なのです。初めて外壁塗装を行うお客様はこの基準がありません。

営業マンは営業のプロですから、そのことを承知のうえで営業をしてきます。もし、親切な営業マンであれば、例え300円の缶ジュースの値段のように割高の値段だとしてもあなたは信じてしまうでしょう。

また、営業マンと言うのは基本的には全員親切です。むしろ、親切ではない営業マンはいないです。

ですから、あまりこのようなことを言いたくはありませんが、営業マンの言うことを信じすぎるのもよくはないのです。

ですから、初めて外壁塗装を行う方は、外壁塗装の相場を知りたいと思いますし、知りたいと思うことは当たり前のことなのです。

複数の見積もりを取っても相場はわからない

では、初めて外壁塗装を行う方はどのようにしてその基準を作ればいいのでしょうか。おそらく、考えられるのは複数の業者から見積もりを取り、相場を確認すると言うものです。

何社からも見積もりを取ればそのそれぞれの会社の見積もりを知ることができますし、その価格から判断することができると思われがちですが、残念ながら実際はそんなことはありません。

むしろ、やみくもに何社から見積もりを取りますと逆に混乱してしまう可能性があるのです。

なぜ、混乱してしまうのでしょうか。普通に考えればそのように複数社から見積もりと取ることは間違っていない選択のような気がします。

しかし、実際はすべての会社の見積もりの価格が違く、どれが正解なのかわからないのです。実際に、見積もりをしている家は同じあなたの家です。

しかし、全部の業者が全く同じ家を見積もりしているのにもかかわらず、価格はバラバラなのです。

そうなってしまえば、さらにあなたの疑問は膨らむ一方です。ここで諦めて投げやりになってしまい、なんとなく金額を決めてしまうお客様も実際に存在します。

安くてもちゃんと工事をしてもらえるのか心配になりますし、あまり高すぎてもそれはそれで心配になります。かと言ってなんとなく選んでしまうこともよくはないのです。

外壁塗装には適正価格がない

そもそもこのように価格がバラバラになってしまうのには、いくつかの要因があります。それは、それぞれの業者によってサービスの内容が異なったりするからです。

丁寧に作業をする業者ならば同然日数もかかってしまいますし、日数がかかれば当然人件費は高くなります。また、より良い材料を使えば、その分材料費も必然的に高くなってしまいます。

その後のアフターフォローに関してもそうです。工事が終わっても1年や5年などちゃんとアフターフォローをしてくれるのであれば、その分値段は高くなってしまいます。

ですから、値段が高い=悪いことではないのです。仮に安い場合も同じです。安く工事を済ませようとすれば、丁寧に仕事をしたとしてもどうしてもサービスの質は下がってしまいます。

外壁のことを考えればもっと時間やいい材料を使わなければいけない場合でも、お金がなければそのような質の高いサービスはできませんし、最低限のサービスしかできないのです。

 ・高い金額を払って長持ちする外壁塗装 
 ・安い金額を払って長持ちしない外壁塗装

このどちらがいいかと言われれば多くの方が悩むと思います。外壁塗装と言うのは10年に一度で人生に何回も行うものではありません。

マイホームを持たない人も増えている中、誰でも経験できるものではないのです。
ですから、一概に金額だけでは判断することができないのが外壁塗装であり、建築業界の価格のむずかしさなのです。

そのためにも表面上の金額ではなく、その工事の内容でありその工事の質を重視していただきたいのですし、工事を行った後の将来のことを考えていただきたいのです。

質を重視すれば金額は安くはないかもしれませんが、そう何回も行わない外壁塗装ですし一生に一度買うか買わないかの念願のマイホームです。

その念願のマイホームの外壁塗装ですから、本音を言えばあまり高すぎるのもあれですが、安すぎるのもよくはありません。

結局、外壁塗装において問題なのは金額ではないと思います。私が思うに外壁塗装であなたが幸せになれるかどうかが一番重要だと思います。

そのためには、より良いサービスを提供してくれる外壁塗装業者を選ぶことが必要なのです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

業者料金

あまりにも安い金額で住宅の塗り替えをしてはいけない理由

業者料金

見積書のチェックポイント:これがなければその業者は断れ

支払い

工事前にお金を払えば割引されると言われても払ってはいけない

安さ

住宅の塗り替えで安さだけを追求してはいけない理由

見積もり

複数社見積もりを取る際同じ塗料で塗装する見積もりを依頼する

外壁塗装見積もり書見方

外壁塗装の見積もり書の事例を公開!内訳や見方の注意点やポイント