外壁塗装の見積もりの仕方や比較方法【相見積もりの注意点】

見積もり比較

外壁塗装の見積もりの仕方を理解した上で、見積書を比較するようにしてください。

塗り替えの値段を算出する方法が分からなければ、複数の見積書を比較しても正確な判断ができません。

あなたが一生懸命悩んで決定した優良業者だと思っていても、実際は「悪徳業者だった」「割高な外壁塗装の費用になってしまった」というケースは非常に多く、当サイトにも多くのお問い合わせをいただいています。

外壁塗装の見積もりは、素人目線で正確な判断をするのは難しいです。項目や単価などプロでなければ見極められません。

せっかく外壁塗装の見積もりを取り、業者を比較するのであれば、優良業者に適正価格で工事を依頼したいものですよね。

そこで本記事では、外壁塗装の見積もりの仕方や相見積もり時の比較の注意点についてご紹介します。業界人でしか知らないような情報までお伝えするため、必ずあなたの外壁塗装を成功させるために役立つはずです。

外壁塗装の見積もりの仕方・方法

外壁塗装の見積もりの仕方をご紹介します。「工事」と言う正確な判断基準のない価格の計算方法がわかれば、その見積もりの金額が適正なのかわかりますよね。

見積もりの計算方法

見積もりの塗装の価格は「塗装面積」「単価」の2つの要素によって決定します。したがって、塗装の値段は以下のような計算方法で算出されるのです。

塗装面積 × 単価 = 価格

つまり、塗装面積が100㎡で単価が1㎡あたり1,000円だと仮定した場合の値段は、以下をご覧ください。

100㎡(塗装面積) × 1,000円(単価) = 1,000,000円(塗装費用)

業者の見積もりの仕方は、このようになります。それでは、塗装面積と単価についてさらに詳しくご紹介します。

塗装面積の注意点

塗装面積は、塗装する箇所の面積です。そのため、屋根や外壁、雨どい、軒天など、塗装箇所の面積を算出します。

面積の算出方法は「縦 × 横」で算出できます。実際に、家の大きさを測って測定したり、図面から距離を求めて求めたりするので覚えておきましょう。

もちろん、窓やドアなどの塗装しない部分は含まれません。

単価の注意点

単価は、塗装する箇所の1㎡あたりの値段のことです。この単価は、塗料代や業者の人件費などの手間によって決定します。

ただし、業者ごと単価の設定方法は変わります。同じ塗料でも、見積もりを行う業者によって値段は変わってくるので注意しましょう。

外壁塗装の見積もりの比較ポイント

見積もりを複数社に依頼した場合、見積書を比較します。

しかしながら、どこの部分に注意して比較すればいいのかわからないのではないでしょうか。見積もりの内容を見ても、価格以外の部分を比較するのは何を基準にすればいいのかわからないものです。

したがって、見積もりを比較する際は以下の部分を気にするようにしてください。

  • 同じグレードの塗料なのか
  • 塗装面積や単価は同じなのか
  • サービス面はどうなのか
  • アフターフォローがあるのか

外壁塗装のことに詳しくない方は、この部分に注意して比較するようにしてください。それでは、順番にご紹介します。

同じグレードの塗料なのか

見積書を比較する場合は、同じグレードなのか確認しましょう。塗料には、メーカーや種類があり、安い塗料もあれば高い塗料もあります。

一般的に塗料のグレードは以下のようになります。

  • ウレタン塗料(安い)
  • シリコン塗料(普通)
  • フッ素塗料(高い)

ウレタン塗料が安く、フッ素塗料は価格が高いです。当然、同じグレードで見積もりを比較しなければ価格を正確に判断できません。

たとえば、業者ごと塗料のグレードが変わると仮定する場合、以下のようになります。

  • A社:シリコン塗料130万円
  • B社:フッ素塗料150万円

塗料のグレードが高ければ当然、B社の見積もり価格は高くなります。

しかし、これでは価格を正確に判断することはできませんよね。したがって、見積もりを比較する際は、同じグレードの塗料で見積書を作成してもらうようにしてください。

ただ、「高いグレードの見積もりも把握したい」という方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は比較するために、高い塗料の見積書を作成してもらいましょう。「通常の見積もり」「高いグレードの見積もり」の2パターンを業者に依頼すれば、両方比較できますよね。

塗装面積や単価は同じなのか

見積もりを比較する際、塗装面積や単価は同じなのか注意が必要です。同じ住宅でも業者によって塗装面積が大きいケースがあります。

複数社の塗装面積を比較すれば、塗装面積の違いがわかりますよね。悪徳業者は、塗装面積を少し増やして計算することもあるので、注意してください。

また、単価も業者によって異なります。同じメーカーや種類の塗料で塗装するとしても、施工会社によって単価は変わってきます。明らかに単価の高い業者には、工事を依頼しないのがおすすめです。

サービス面はどうなのか

見積もりを比較する上で、注意してほしいのが業者のサービス面です。見積書の金額や内容だけではなく、業者の対応などサービス面が良い会社を選びましょう。

せっかくあなたの外壁塗装を依頼するのであれば、信頼できる業者に塗装を依頼したいものですよね。

たとえば、親身になって色選びなどの提案をしてくれる業者であれば、安心して塗り替えを依頼できるのではないでしょうか。

アフターフォローがあるのか

業者を選ぶ際は、アフターフォローがあるのか気にするようにしてください。業者によって保証期間は変わるからです。保証期間があれば、施工後に塗装が剥げたなどのトラブルがあった場合、無償で修繕してくれます。

たとえば、以下のように2種類の保証期間の塗装会社があると仮定します。

  • A社:保証期間5年
  • B社:保証期間10年

この場合、保証期間の長いB社のほうがいいですよね。仮に、7年で塗装が剥げるようなことがあれば、保証期間が10年のB社であれば無償で修繕可能です。

一方A社の場合、保証期間が5年の場合7年で不具合が出たのであれば、自腹で修繕しなければいけません。

できれば、アフターフォローが充実している塗装会社に外壁塗装の修繕を依頼するようにしましょう。

外壁塗装の相見積もりの注意点

相見積もりは、複数社の業者に見積もりを依頼できるため、価格やサービスを比較できるメリットがあります。

しかし、相見積もりを行う際には、注意点があります。理想の工事を行うためには、ここでご紹介することを行いましょう。

価格だけで判断しない

業者を選ぶ際、価格だけで判断するのは控えるようにしてください。値段を重視すると手抜き工事を行う業者がいるからです。

外壁塗装の価格は、業者ごと異なるので「定価」がありません。先ほどもお伝えしたように、同じ家や塗料で見積もりを出したとしても業者によって値段は変わってきます。

しかし、価格重視で業者を選ぶと「手抜き工事を意図的に行って価格を安くし、工事を受注する」悪徳業者に依頼してしまう恐れがあります。

工事の金額は、3回塗りを2回塗りにしたり塗料を薄めて使ったりすることで、材料費や人件費を削り手抜き工事を行うことが簡単にできてしまうからです。

「安かろう悪かろう」という言葉があるように、安さを重視すると手抜き工事につながる恐れがあります。注意するようにしてください。

ハウスメーカーや工務店は費用が高い

ハウスメーカーや工務店は修繕費用が割高です。営業マンの人件費や広告費などの費用がかかるため、仲介手数料を利益として確保した上で下請け業者に工事を委託します。

ハウスメーカー工務店仲介手数料

このとき、3~4割程度の仲介手数料が発生します。

仮に、100万円の外壁塗装費用を支払ったとしても40万円が中間マージンになり、後の60万円しか工事には使われません。

100万円のお金を支払うのに、そのうち40万円がハウスメーカーや工務店の利益になるのであれば、下請け業者に直接工事を依頼したほうが絶対におすすめです。

ハウスメーカーや工務店であれば100万円の費用でも、塗装会社に直接工事を依頼すれば、その費用よりも低価格で工事が行え、塗料のグレードも高くすることもできるのではないでしょうか。

ハウスメーカーや工務店に見積もりを依頼して相見積もりを取る際は、仲介手数料が価格に上乗せされていることを覚えておいてください。

同じ価格でもハウスメーカーや工務店に依頼してはいけない

ハウスメーカーや工務店の見積もりの費用と塗装会社の金額が同じ場合、ハウスメーカーや工務店に工事を依頼するのは控えてください。

「ハウスメーカーや工務店の価格が100万円」「塗装会社の100万円」では、金額は同じでも工事の内訳で異なるからです。

上記で述べたように、ハウスメーカーや工務店の場合、実際に塗り替えに使われる金額は、仲介手数料を差し引いた60万円ほどの施工費用で塗り替え工事を行います。

しかし、塗装会社の場合仲介手数料が発生しないため、100万円のほとんどが施工費用になります。

つまり、同じ100万円でも業者によって、60万円と100万円の工事になるのです。せっかく100万円もの高額な費用を支払うのであれば、塗装会社に依頼し、その費用のすべてを施工費用に使ってほしいのが本音です。

相見積もりを依頼するのであれば、ハウスメーカーや工務店ではなく塗装会社に委託しましょう。

知り合いの業者には注意

知り合いの塗装業者を紹介してもらい、工事をする方は多くみられますが知り合いの業者には注意してください。

知り合いの業者に工事を依頼した場合、ほとんどの方がその1社しか見積もりを取りません。その場合、価格競争が起こらないので値段は高くなる恐れがあります。

また、知り合いの業者に工事を依頼する場合、何かトラブルがあった場合に気まずくなります。知り合いの業者だと言いたいことも言えませんよね。

知人の塗装業者に依頼する際は、他の業者にも見積もりを依頼して相見積もりを取りましょう。

もし、相見積もりを取ることが気まずいのであれば、知り合いの塗装業者に依頼するのは控えるようにしてください。そのほうが、結果的にトラブルや不安のない塗り替え工事が行えます。

まとめ

外壁塗装の見積もりの仕方や相見積もりでの比較の注意点をご紹介しました。見積もりの金額の内訳を知らなければ、価格を比較することはできません。

また、相見積もりによって価格を比較する場合もいくつか注意点があります。ポイントを抑えないと、自分では良いと思っていても「悪徳業者に依頼してしまう」恐れがあります。

したがって、ここでお伝えしたことを参考にし、理想の塗装会社に塗り替え工事を依頼してください。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

NO IMAGE

外壁塗装の相見積もりの断り方:悪徳業者・セールスマンを断る方法

料金

初めての外壁塗装工事が高くなってしまう理由と解決策

火災保険0円外壁塗装

火災保険を使い実質負担0円で外壁塗装・リフォームを行う裏技

外壁塗装見積もり値引き

【外壁塗装の見積もり値引き交渉】価格を安くする術や注意点

見積もり

複数社見積もりを取る際同じ塗料で塗装する見積もりを依頼する

支払い

工事前にお金を払えば割引されると言われても払ってはいけない