住宅の塗り替えをする際の足場代の相場と価格の決め方

足場

住宅の塗り替えで必ず行わなければいけないのが、「足場を組む」ことです。足場が必要のない場合には、足場を組まずに塗装をすることもありますが、ほとんどの場合は足場を組んで塗り替えを行います。

ですから、外壁塗装を行うのであれば必ずと言っていいほど組まなければいけないのが足場なのです。当然、この足場を組む際にもお金は発生します。

その際にこの足場代が適切なものなのか、それとも相場よりも価格が高いのかを見極めることが、足場代で高額な請求をされてしまわないためにも必要になります。

足場の相場と価格

住宅の状況と場所にもよりますが足場代の平均的な費用は、600~800円/㎡になります。㎡(平方メートル)になりますので、縦1m横1mの足場の価格がだいたい600~800円ということです。

業者にもよるのですが、安い業者ならば平方メートルの単価が400円、500円のところもあります。ですから、一般的な土地50坪で建坪が30坪の2階建て住宅の場合、ほとんどが15万円ほどで納まるはずです。

もし、足場代が20万円を超えるようであるのならば、その業者とは契約しないほうがいいと言えます。

飛散ネット養生シートについて

外壁塗装を行ううえで、必要になるのが「飛散ネット養生シート」になります。写真の青いネットのことです。

この飛散防止ネットは、塗り替え工事を行う際に塗料が飛び散ってしまうのを防ぐために必要なものです。

このシートを張らなければ、となりの住宅に塗料が飛び散ってしまうなどのことになってしまいますし、近隣住民とのトラブルの元になりかねません。

ですから、このシートを張ることは致し方がないことなのです。当然、ただでこのネットを張ってくれるわけがありませんので、足場代とは別にネットにもお金がかかります。

その相場は、1㎡当たり約150円くらいになります。ですから、足場を組み立てる金額と飛散防止ネットの金額を合計すると大体工事代金全体の約20%ぐらいが足場代になると思っていただきたいです。

仮に、見積もりの金額が上記で説明した金額よりも多いなどと言う場合は、担当者に聞いていただきたいです。

しかし、見積書の金額が高いと言うことは、「わからなければ足場代を少し割増しで請求しようとしていた」ことになりますので、外壁や屋根の塗装の単価も高いことが予想されます。

ですから、あまりにも金額が高いのであれば先ほども言いましたが、その業者と契約するのはやめておいたほうがいいと言えます。

屋根足場が必要な場合

ほとんどの家の場合が、住宅を塗り替える際には外壁だけではなく屋根も一緒に塗り替えることが多いです。その際に屋根足場を組む必要がある場合も存在します。

屋根を塗装する際に、屋根のこう配が大きく安全面と施工品質を確保するために足場が必要だと判断されることがあります。

この場合は、屋根足場を組むにあたってその分の料金が発生してしまいますので、その部分は了承しなければなりません。

足場を組まなければならない屋根なのにもかかわらず、屋根足場代がもったいないと言う理由から屋根足場を組まずに塗り替えを行ってしまえば、屋根から作業員が転落すると言う大きな事故につながりかねません。

2階建ての屋根から転落すればただ事ではありません。命の危険性が出てきますし、あなたも家の庭で人が死んだなんてことになれば、その後生活に支障が出ると思います。

ですから、屋根足場を要求されてもそれは仕方がないことだと認識していただきたいです。屋根足場を組みことによって、作業員の命の安全が保障され、なおかつ屋根をきれいに塗りやすくできるのであれば、決して高い金額ではないはずです。

足場の料金の計算方法

塗り替えをする際の足場代を決めるのに計算方法があるのですが、その計算方法がわかれば自分でおおよその足場代を求めることができます。

そうすれば、見積書の足場代が適切なものなのか判断する材料にできます。では、その足場代の求め方なのですが、まずは足場架面積を求めます。

足場架面積=(建物外周+8m)×家の高さ

その後求めた足場架面積を使って、実際の足場費用を出します。(家の高さの目安:1階建て:3.5m2階建て:6m3階建て:8.5m)
足場代=足場架面積×平米単価(800から1000)

このようにして足場代を計算することができます。また、床面積から足場代を求めることもできます。その際の目安としては以下のようになります。

 

床面積 大体の足場費用
140m2未満 100,000~140,000円/棟
140~150m2 ~150,000円
150~160m2 ~160,000円
以後10m2ごとに10,000円加算


一般的な住宅の場合ほとんど15万円位で納まるはずです。自分の家の見積もりが20万円を超えたりするのであれば高いと言えます。

また、足場代を節約する意味でも外壁と屋根を一緒に塗り替えたほうが足場代からしてもお得です。

ぜひ、実際の見積書の足場の項目をよくみていただきたいですし、平米単価の欄をよく見ていただきたいのです。単価が1000円までならば妥当だと言えますが、1000円以上になると平均的な足場代よりは高いです。

しかし、一昔前では足場代の単価は1200~1400円程度でしたので、昔の相場のまま見積もりを出してくる業者もいます。

最近ではそこまで高くなく平均価格は1000以下になっていますので、その部分は業者に聞いてみましょう。

単価が1000円にしても平均的な相場と言えますので、十分に値下げしてくれる可能性はあります。

あまりないかもしれませんが、平米単価は通常の1000円の見積もりなのにもかかわらず、建物の外周の計算や家の高さの計算が大豪邸なみの計算になっていて足場代が明らかに高くなってしまうことも実際にあります。

平米単価だけにとらわれるのではなく、家の大きさの部分に関しても注意が必要です。上記の計算はあくまでも平均的な相場になりますから、必ずしも上記のようになるわけではありません。あくまでも目安として考えていただきたいです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

見積もり比較

外壁塗装の見積もりの仕方や比較方法【相見積もりの注意点】

支払い

工事前にお金を払えば割引されると言われても払ってはいけない

火災保険0円外壁塗装

火災保険を使い実質負担0円で外壁塗装・リフォームを行う裏技

支払い

見積りチェック:外壁とその他の部分で塗料が違う場合が多い

NO IMAGE

外壁塗装の相見積もりの断り方:悪徳業者・セールスマンを断る方法

安さ

住宅の塗り替えで安さだけを追求してはいけない理由