【マンションの大規模修繕】足場なし・無足場工法の特徴

マンション大規模修繕無足場工法

マンションの大規模修繕工事は、足場を利用しない「無足場工法」で行えます。足場なしで修繕工事を行うと、足場代がかからないなどのメリットがあります。

これからマンションの大規模修繕工事を行うのであれば、足場代を節約して修繕工事費用を節約したいものですよね。

とはいえ、無足場工法について詳しく知らない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、マンションの大規模修繕工事の無足場工法についてお伝えします。

無足場工法とは

無足場工法とは、足場を使用せずにマンションの修繕工事を行う方法です。ロープを使って足場無しで修繕工事を行う方法になります。

近年、足場代を抑えられることから行われるようになった修繕方法です。

無足場工法の種類

無足場工法には、「ロープ」「ゴンドラ」を使った2種類の方法があります。

ロープ

マンション修繕工事無足場工法

出典:安村外装

ロープを使った無足場工法は、ロープでぶら下がり、レスキュー隊のように作業します。ただ、屋上の形状によっては、ロープを設置することができないケースがあります。

また、ひび割れが大規模であったり、補修する箇所が多かったりする場合、ロープを使った無足場工法では作業しにくいです。無足場工法では、修繕する規模に限界があります。

その場合、ロープによる無足場工法ができない可能性があるので、あらかじめ把握しておきましょう。

ゴンドラ

マンション外壁ひび割れゴンドラ

出典:ホームアシスト

ゴンドラを使った無足場工法では、修繕箇所の規模が多いケースでも作業することが可能です。先ほどお伝えしたロープによる無足場工法では、作業に限界があったからです。

ただし、マンションの屋上の形状によってはゴンドラが設置できないケースもあります。無足場工法は、必ずしも行える方法ではないため、注意が必要です。

無足場工法のメリット

無足場工法は、以下のようなメリットがあります。

  • 狭い箇所も作業できる
  • 費用が抑えられる
  • 施工期間が短い
  • セキュリティが安心
  • 部分的な修繕工事が可能
  • マンションの景観が保たれる

足場なしで修繕工事には、このようなメリットがあります。それでは、順を追って解説していきます。

狭い箇所も作業できる

マンションで隣との距離が近い場合、足場を組むことが難しいです。狭いため、足場を組むスペースがないからです。

その場合でも、無足場工法なら狭い箇所で作業することができます。都内などのように隣の建物の間隔が狭い場所は、無足場工法で作業することを検討しましょう。

費用が抑えられる

マンションの大規模修繕工事を行う上で、足場代は数百万円単位の費用がかかります。そのため、無足場工法で行うと、足場代を節約できるのです。

無足場工法で数百万円単位の施工費用を削減できるのであれば、減らしたいものですよね。修繕工事費用は、入居者が毎月積み立てているため、無駄使いしてはもったいないです。

限られた修繕費を節約するためには、無足場工法で行うのも1つの方法です。

施工期間が短い

足場を設置しない無足場工法は、施工期間が短いです。足場がないため、設置や撤去に時間がかからないためです。

マンションの修繕工事は、3~6カ月程度かかるため、できれば早く終わってほしいものですよね。修繕工事は、入居者に迷惑をかけます。少しでも負担を減らすには、無足場工法で施工期間を短縮させましょう。

セキュリティが安心

無足場工法は、足場を設置しないため防犯面で安心です。通常、足場を設置すると部外者でも足場からベランダに侵入することができてしまいます。

女性が住んでいると、ベランダに入られたり覗かれたりする恐れがあるので不安ですよね。

マンション足場防犯面

マンションの足場は、「関係者以外立ち入り禁止」の表記や「バリケード(侵入できないようにするもの)」によって、第三者が簡単に入らないような処置を行っています。

ただし、部外者がその気になればいくらでも侵入できてしまうのです。そのため、非常にセキュリティ面が問題になりますお。

また、先ほどお伝えしたように、マンションの修繕期間は3~6カ月程度かかります。

その間、防犯面でストレスや不満が溜まってしまうのではないでしょうか。マンションの修繕は、入居者の積立金で行うため、居住者が快適に暮らせるようにするのも管理組合の指名です。

「防犯面が不安」という入居者の声があるのであれば、セキュリティ面で安心な無足場工法を行うのも1つの方法です。

部分的な修繕工事が可能

無足場工法であれば、部分的な修繕工事が可能です。一部分のひび割れなどの修繕だけでは、足場を設置するには足場代が高くついてしまいます。

たとえば、12年に1度行う大規模修繕工事のタイミングで行えば、足場を設置します。しかし、7年などで一部分のひび割れなどに修繕の必要がある場合は、高額な足場を設置することは現実的ではありません。

一部分のタイルの修繕費用数十万円に対して数百万円単位の足場を設置できませんよね。

しかし、無足場工法であれば部分的な修繕を行うことが可能です。外壁が一部劣化している場合などは、無足場工法で修繕するようにしましょう。

マンションの景観が保たれる

無足場工法は、足場を設置しないため、マンションの景観が保たれます。足場を設置すると、飛散防止シートを張るので見栄えが良くありません。

せっかくおしゃれなマンションに住んでいるのあれば、景観は保ちたいものですよね。足場を設置して美観が損なわれるのが嫌であれば、無足場工法で修繕工事を行ってはいかがでしょうか。

無足場工法のデメリット

足場なしで作業が行える無足場工法ですが、メリットだけではなくデメリットもあります。良し悪しを判断したうえで、無足場工法でマンションの修繕工事を行いましょう。

無足場工法のデメリットは以下の通りです。

  • 建物の形状によってはできない
  • 補修箇所を第三者が確認できない
  • 修繕箇所の規模が大きいとできない
  • 無足場工法ができる業者が少ない

それでは、順番に詳しくお伝えしていきます。

建物の形状によってはできない

先ほどお伝えしたように、建物の形状によっては無足場工法が行えないケースがあります。マンションの屋根の形状によっては、ロープを設置できない恐れがあるからです。

「無足場工法が行いたい」と思っても、必ず行える方法ではないため、あらかじめ把握しておきましょう。

補修箇所を第三者が確認できない

無足場工法は、補修箇所を第三者が確認することができません。ゴンドラを使った無足場工法であればできますが、ロープを使ったものの場合、施工業者以外では確認することは不可能です。

つまり、あなたが直接外壁の修繕箇所を確認することはできません。

階段や廊下から確認できる場所であればいいですが、ロープを使ってまでも修繕箇所を確認しませんよね。

ただ、施工箇所の写真を撮って貰えるため、画像などで施工箇所を確認しましょう。

修繕箇所の規模が大きいとできない

先ほどお伝えしたように、修繕箇所の規模や数が多い場合だと、無足場工法では作業しきれないケースがあるからです。

たとえば、ひび割れでも0.3㎜程度のものもあれば、1㎜以上の大きなクラックがあります。

0.3㎜のひび割れ補修の方法

マンション外壁ひび割れシール工法

出典:中山組

0.3㎜以下のクラック(ひび割れ)は、簡単に補修が行えます。シール材(固まると隙間を防ぐもの)を注入するだけで行えるからです。

1㎜以上のクラックの補修:Vカット工法

vカット工法マンション

出典:OKASUZUREFORM

一方、ひび割れの規模が1㎜を超えるような場合、グラインダー(サンダー:削る機械)を使ってクラックを削り、シーリング材の密着させる部分を増やす必要があります。

同じひび割れでも規模によって作業時間は変わる

同じクラックでも、ひび割れの規模によって作業時間は大きく変わってきます。そのため、ひび割れの規模が大きかったり数が多かったりする場合、無足場工法では作業しにくい恐れがあるのです。

その場合、十分な修繕工事が行えないため、無足場工法を行わないケースがあります。

業者に修繕箇所を診断してもらい、足場を設置するのかどうかを判断した上で適切な方法で作業するようにしましょう。

無足場工法ができる業者が少ない

無足場工法は、作業できる業者が多くありません。そのため、業者によっては無足場工法が行えない恐れがあります。

都市部では、無足場工法を行う業者も増えてきていますが、地方ではまだまだ普及していないのが現状です。

したがって、必ずしも無足場工法ができるわけではないことをご了承ください。

まとめ

マンションの修繕工事の無足場工法についてご紹介してきました。これから、マンションの修繕工事を考えている方は、無足場工法のメリットデメリットを考慮した上で修繕工事を行うようにしてください。

それでは、無足場工法の良い点悪い点を今一度おさらいしましょう。

無足場工法のメリット

  • 狭い箇所も作業できる
  • 費用が抑えられる
  • 施工期間が短い
  • セキュリティが安心
  • 部分的な修繕工事が可能
  • マンションの景観が保たれる

無足場工法のデメリット

  • 建物の形状によってはできない
  • 補修箇所を第三者が確認できない
  • 修繕箇所の規模が大きいとできない
  • 無足場工法ができる業者が少ない

無足場工法の良い点悪い点を今一度確認した上で、あなたにあった適切な方法で修繕工事を行いましょう。

大規模修繕工事に悩んでいる管理組合必見!

無料相談・お問い合わせはこちら

関連記事

マンション外壁ひび割れクラック

【マンション外壁の修繕・補修】 クラックやひび割れの対処法

マンションエレベーター寿命

マンションのエレベーターの寿命は?耐用年数や修繕費の目安

機械式駐車場修繕

【マンションの機械式駐車場の修繕】注意点や積立金の目安

マンションタイル修繕

マンションの大規模修繕:タイルの浮き・張り替えの時期や外壁工事

マンション大規模修繕屋上防水

ビル・マンションの大規模修繕:屋上の防水工事、雨漏りを防ぐコツ

マンション大規模修繕・改修工事

マンションの大規模修繕工事:進め方の手順や流れ・スケジュール