【マンションの大規模修繕の外壁塗装】人気の色やデザイン

マンションの外壁塗装を行う際、色やデザインをどうすればいいのか悩みどころですよね。マンションは共同住宅であるため、居住者が納得する色で塗り替えを行いたいものです。

そこで本記事では、マンションの外壁塗装を行う際の色選びなどのデザインについてご紹介します。

マンションの外壁塗装の色選びで後悔しないために、ここでお伝えすることを把握しておきましょう。

マンションの外壁塗装に人気な色

マンションの外壁塗装を行う際の人気の色をご紹介します。これからマンションの修繕工事を行うのであれば、どのような色がいいのかここで紹介する色を参考にしてみましょう。

ベージュ系

マンション外壁塗装ベージュ

マンションの外壁塗装の色選びでベージュ系の色を選ぶ方は多く見られます。高級感があり落ち着いた雰囲気があるからです。

ベージュ系の色は周りとの調和を保ちやすい特徴があります。そのため、景観を気にする必要がありません。あまりにも目立つ色だと、周りの景色から浮いてしまいますよね。

落ち着いた雰囲気の外観やデザインを求めるのであれば、ベージュ系の色で外壁塗装を行いましょう。

クリーム系

マンションの外壁塗装クリーム

クリーム系の色は、シンプルで落ち着いた雰囲気のある色です。ベージュ同様に多くの方に人気の色になるので、クリーム系の色にするのも1つの方法です。

また、ベージュに比べると明るい印象があるため、マンションが明るく感じます。清楚なイメージがお好みであれば、クリーム系の色で塗り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

ブラウン系

マンションの外壁塗装ブラウン系の色

ブラウン系は、暗い印象があるため最も落ち着いた印象があるデザインになります。そして、高級感あるブラウン系の色ですが、色選びの際は注意が必要です。

同じブラウンでも明るい色があれば、暗い色もあるからです。暗いブラウンを選んだ場合、「思ったよりも暗い色になってしまった」ということもあるのではないでしょうか。

色は、小さな面積で見るのと大きな面積で見るのでは、色の明るさが異なるので、色選びを行う際は慎重に行ってください。

マンションの塗り替え:色選びのポイント

マンションは、集合住宅です。そのため、色選びにはいくつかのポイントがあります。色選びで後悔してしまう前に、色の選び方について学んでおきましょう。

色選びといっても、入居者が増えるような色を選べばその後居住者が増える可能性があります。一方、人気のない色を選んでしまえば、空室率が上がる恐れがあります。

一言に色選びといっても奥が深いため、後悔のない判断をしてください。

集合住宅であることを考慮する

マンションは、集合住宅です。そのため、多くの方が生活することを考慮してください。勝手に色を選んでしまった場合、居住者の反感を買う恐れがあります。

したがって、マンションの色を選ぶ際は、アンケート調査を行うのがおすすめです。いくつか色の候補を選び、どの色にするのか居住者のアンケートを取れば、多くの方が満足する色を選ぶことができます。

集合住宅は、多くの家族や世帯が生活するので、皆が満足するような色を選ぶ努力を怠らないようにしましょう。

面積効果を考える

色を選ぶ際、面積効果に注意しましょう。色は小さな面積で見る場合と大きな面積で見る場合では、色の見え方がことなるからです。

たとえば、以下は明るい色ですが、小さい面積と大きな面積では色の見え方が異なるのではないでしょうか。

マンション色面積効果

明るい色の場合、大きな面積になると鮮やかに見えます。そのため、小さな面積では暗いと思っていても、実際に塗装してみたら明るく感じることがあります。

クリーム系の色を選ぶ際は、小さな面積で見るよりも明るく感じることを覚えておきましょう。

一方、暗い色の場合は明るい色とは異なり、小さな面積で見るよりも大きな面積で見るほうが暗く見えます。

マンション外壁色デザイン選び暗い色を選ぶ際は、実際に塗り替えを行ってみると思ったよりも色合いが暗く見えるので、ブラウン系などの暗い色を選ぶ際は注意するようにしてください。

派手な色は控える

マンションの外壁塗装の色選びでは、派手な色は控えるようにしましょう。派手な色は好みが別れる上に、回りの景色からも浮いてしまいます。

とはいえ、実際に赤い色のマンションなどは存在するので、必ず赤い色で外壁塗装を行うのはやめた方がいいというわけではありません。

ただし、先ほどもお伝えしたように、マンションは共同住宅です。できれば、生活している方ができるだけ多く満足していただけるような色合で塗り替えを行いたいものです。

そのことを考慮した上で色選びを行うようにしてください。

窓枠の色とのバランスを考える

マンションの外壁塗装を行う際、窓枠、ドアなどの色の変更ができない部分との色合いのバランスを検討しましょう。

外壁の色を選ぶ際に、窓やドアの色とのバランスを考慮しないと施工後に全体を見渡した際に「思っていたイメージと違う」「窓やドアの色と合わない」ということになりかねません。

特に、マンションは共同住宅になるため、窓やドアの数は多くなります。そのため、一戸建ての住宅とは異なり、よりシビアに色合を検討する必要があります。

外壁塗装を行う上で、全体のデザインをより良いものにするためには、塗装できない箇所との色合を考慮しましょう。

色合いやデザインを決定する塗料選び

マンションの外壁の色は、塗料の種類によっても異なります。光沢感のある塗料もあれば、艶(つや)のない塗料もあるからです。

色を選ぶ際は、塗料の種類にも注意し決めるようにしてください。

艶ありの塗料

艶あり

塗料の種類によっては、艶があるものがあります。ほとんどの塗料が艶があるため、高級感のある塗料になります。

特に指定が無ければ艶あり塗料で施工してくれますので、覚えておきましょう。

また、艶があると塗り替えを行った際に新築のような見栄えになります。艶があるとコーティングのような役割があるため、汚れや水をはじきやすいです。

艶なしの塗料

塗料艶なし

艶のない塗料は、控えめでお落ち着いた雰囲気があります。マットな仕上がりになるため、高級感がある仕上がりです。

ただし、艶ありよりは汚れをはじかないため、汚れが付きやすいデメリットがあります。また、塗料の種類も限られているので、塗料選びが制限される恐れ亜あります。

フッ素塗料

一般的の塗料とは異なり、フッ素塗料は耐久性のある塗料です。一般的な塗料の耐久性が10~13年なのに対し、フッ素塗料は20年ほどの耐久性があります。

一般的な塗料の場合、築年数が経過すると艶が無くなっていきます。しかし、フッ素塗料は艶がほとんど無くならないため、長時間きれいな外観を保つことができるのです。

費用に余裕がある場合は、フッ素塗料で塗装するときれいなマンションになります。

光触媒塗料

マンション光触媒塗料

出典:吉野屋産業

フッ素同様に高級塗料に光触媒塗料があります。光触媒塗料も20年ほどの耐久性があります。

光触媒塗料は、太陽の光を利用して汚れを分解するため、表面に汚れが付きにくいです。高耐久塗料を検討している方は、光触媒を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

マンションの外壁塗装の色についてご紹介してきました。外壁塗装を行う際、どのような色にするのか悩みどころですよね。色を変えるとマンションのイメージをガラッと変えることができるので、おしゃれな外観にしたいのではないでしょうか。

ただ、マンションは集合住宅になるため、多くの方が好む色を選ぶように心がけましょう。そして、新築のような外観のマンションに塗り替えましょう。

大規模修繕工事に悩んでいる管理組合必見!

無料相談・お問い合わせはこちら

関連記事

ビルの外壁塗装を行う注意点:価格を抑える方法とは

大規模修繕工事のタイミング診断目安

【マンションの大規模修繕の建物診断】目安やチェックポイント

マンションの外壁塗装の修繕費用、価格や単価の相場