ビルの外壁塗装を行う注意点:価格を抑える方法とは

ビルは、定期的に外壁塗装などのメンテナンスを行わなければいけません。

劣化してしまえば雨漏りの原因になるため、大規模な修繕工事をしなければいけなくなります。しかしながら、いざ「ビルの外壁塗装を行おう」と考えたとき、どのようにすればいいのかわからない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、ビルの外壁塗装を行う際のポイントや価格を抑える秘訣をご紹介します。

ビルは、規模が大きいため価格が高額になりやすいです。そのため、ここでお伝えする方法を参考にして、低価格で高品質な工事を行うようにしましょう。

ビルの外壁塗装の必要性

冒頭で述べたように、ビルは必要に応じてメンテナンスを行わなければいけません。それは、以下の要因があるからです。

  • 劣化してしまう
  • デザイン性や見栄え

このような理由から、ビルの外壁塗装をしなければいけません。それでは、具体的に解説していきます。

劣化してしまう

建物は、築年数が経過すると劣化します。毎日、雨風や紫外線の影響を受けるため、徐々に老朽化するからです。

たとえば、外壁表面の撥水(はっすい)がなくなったり、コーキング(隙間を埋めるゴムのようなもの)が劣化したりします。

内部に雨水が入ると腐食の原因になり、高額な修繕費用がかかります。特にビルの場合、建物が高いため、地上から劣化状態を確認しにくいです。

したがって、定期的に診断を行い、適切なメンテナンスを行わなければいけません。

デザイン性や見栄え

定期的に外壁塗装を行わないとデザイン性や見栄えが良くありません。日当たりの悪い部分は、コケや藻が生えます。また、外壁にも艶がなくなり、塗料が剥離(剥がれること)してしまうのではないでしょうか。

自社ビルの場合、外観が古くては、来客時に良い印象を与えられません。また、テナントビルの場合、テナントに良い印象を与えられませんよね。

また、テナントを募集しているのであれば、きれいな外観を保てば利用者が現れやすいのではないでしょうか。

このような理由から、ビルは定期的に外壁塗装などのメンテナンスを行わなければいけないため、適切な時期に必ず塗り替えを行うようにしましょう。

ビルの外壁塗装の適切なタイミング

ビルの外壁塗装は、どのタイミングで行えばいいのでしょうか。一般的な住宅の場合、10年に1度外壁塗装を行うのが良いとされています。

塗料やコーキングが10年程度で劣化するからです。そのため、ビルも10年に1度を目安に外壁塗装を行うのをおすすめします。

ただし、ビルの劣化状態によって適切なメンテナンス時期は変わります。同じビルでも劣化具合が変わってくるためです。

したがって、適切なメンテナンス時期を見極めるために、外壁塗装のサインをご紹介します。これからお伝えするような症状が見受けられたのであれば、外壁塗装を行うことを検討しましょう。

塗料が剥離するチョーキング現象

外壁の塗料が劣化すると塗装が剥離します。そのため、以下のように外壁を触ると塗料の粉が手につきます。

チョーキング現象

ビルの外壁を触ってみて、このような症状が出たのであれば、塗り替えのサインです。塗料が剥離しているため、外壁の防水性が減っている証拠です。

外壁塗装を行うことを検討するようにしてください。なお、これを「チョーキング現象」と言います。

コーキングの劣化

コーキングが劣化するとひび割れてきます。この隙間から雨漏りするため、コーキングがひび割れたらメンテナンスをするようにしましょう。

コーキング劣化

コーキングの劣化も外壁塗装のサインです。コーキングの劣化は、お客様自身でも確認しやすいため、わかりやすいサインになります。

築年数が10年程度になったり、前回の塗り替えから10年経過したりしたのであれば、このような症状がないか確かめてみましょう。

このような症状が見られたのであれば、外壁塗装を行うことを検討してください。

ビルの外壁塗装に使う塗料

ビルの外壁塗装を行う際、どのような塗料で塗装すればいいのか悩まれるお客様は多くいらっしゃいます。

外壁塗装に使われる塗料にはいくつか種類があるため、ビルの塗装に適した塗料をご紹介します。

シリコン樹脂塗料

シリコン樹脂塗料は、外壁塗装に使われる一般的な塗料になります。価格も手頃で耐久性も10~13年ほどになるため、10年に1度外壁塗装を行うのであればこの塗料が最適です。

ビルの塗り替えに使う塗料に迷っているのであれば、シリコン塗料で塗装することを検討してはいかがでしょうか。

フッ素樹脂塗料

フッ素樹脂塗料は、耐用年数が20年以上の高級塗料になります。フライパンなどに使われるフッ素を塗料に使うことで高耐久を可能としているのです。

実際に、「六本木ヒルズ」「フジテレビ」「スカイツリー」などのビルには、フッ素塗料が使われています。

通常の塗料の2倍の耐久性のあるフッ素塗料ですが、価格は2倍しないため、トータルで考えるとフッ素塗料のほうがコストは安いのです。

たとえば、築10年で外壁塗装を行う場合と20年に1度フッ素塗料で塗装を行うのでは、後者のほうがお得です。

外壁塗装を行えば、足場をかけるためその費用がかかります。そのため、足場をかける費用が本来2回分かかるのが1度で済みます。

また、打ち合わせなどの手間暇を考えると、耐久性の高い塗料で塗装するのがおすすめになります。

光触媒塗料

光触媒塗料とは、太陽の光で汚れを分解してその後雨水でそれを流す塗料になります。

光触媒塗料

フッ素塗料同様に、20年ほどの耐久性のある塗料になりますが、光触媒の場合セルフクリーニングが行えるため、きれいな外観を保つことができるのです。

また、汚れを落とすことももちろんですが、光触媒によって汚れを付着させない効果もあります。

光触媒

ただし、光触媒塗料は、メーカーによって品質が異なります。すべての塗料の耐用年数が20年あるわけではないため、注意して塗料会社を選ぶようにしてください。

テナントに事前に告知をする

ビルは、さまざまなテナントが入っているケースがあるため、外壁塗装を行う際は必ず告知しなければいけません。

テナントの営業を妨げてしまう可能性があります。事前に十分な告知をした上で塗装工事をするようにしてください。

工事を始める1カ月以上前には告知するようにしましょう。工事数日前に告知するのでは、テナントに迷惑がかかってしまいます。

工事中は、騒音や振動など迷惑をおかけします。塗装業者が出入りすることになるため、テナント側も気を使うことでしょう。

そのため、できるだけ早く告知してあげるとテナント側も準備ができるのではないでしょうか。

テナントの告知方法

テナントに告知する方法としては、直接訪問する方法も良いですが、案内板や共有の掲示板に張り紙などを張ると楽に行えます。

テナントに迷惑がかかるため、工事を行う理由や期間など十分な説明を行うようにしてください。

メンテナンスは定期的に行わなければいけないため、仕方がないことです。しかし、十分な説明や対応をしない場合、後々テナント側とのトラブルの原因にもなるため、注意してください。

外壁塗装の業者選び

外壁塗装業者を選ぶ際、どのような業者を選べばいいのでしょうか。一般的な住宅とは異なり、ビルは規模が大きいため、注意して業者選びをするようにしてください。

ビル塗装の実績が豊富な業者を選ぶ

ビルの外壁塗装を依頼するのであれば、ビル塗装の実績が豊富な業者に依頼するようにしましょう。一般的な住宅とは異なり、ビルは規模が大きいです。

また、テナントが入っているため個人の住宅とは異なり、極力迷惑をかけないようなサービス性の高い業者に工事を依頼するのがおすすめになります。

テナントでは、仕事をしている方が多くいらっしゃるため、できれば騒音や物音などを立てずに工事を行ってくれる業者がいいですよね。

アフターフォローや保証がある業者に依頼する

アフターフォローや保証がある業者に工事を頼むようにしましょう。工事が終わってすぐに雨漏りしたり、塗料が剥がれたりすることもあります。

アフターフォローや保証期間のある業者でなければ、施工会社が手抜き工事を行ったことが原因の不備であったとしても無料で直してくれません。再度工事費用を支払って補修する必要があるのです。

したがって、アフターフォローが迅速で保証期間などもある業者に工事を依頼すると安心できますよね。工事後不備があった場合、保証で直してもらえます。

アフターフォローや保証がある業者とそうではない塗装業者がいるため、工事後のことを考えて業者選びを行いましょう。

見積書の内容がわかりやすい

業者に見積もりを依頼すると見積書を作成してもらえます。それを参考にして業者を選ぶのですが、塗装業者によっては内容がわかりにくいケースがあります。

工事内容や数量、単価など細かく記載していなければわかりにくいですよね。

※クリックして拡大できます

業者によっては、「一式」という表記の場合があります。これでは、詳細がわかりませんよね。

業者の見積もりを比較する際は、見積書の記載がわかりやすい業者を選ぶと、どのような工事を行うのかがわかりやすくなります。

価格を抑えるポイント

ビルの塗り替えを行う際、「できれば価格を抑えたい」と思う方は多くいらっしゃいます。ビルの外壁塗装は規模が大きく、面積が多いため費用は高くなりやすいです。

ただ、値下げだけを行うと工事の品質が下がってしまうため、無駄を減らし効率よく価格を抑えるようにしましょう。

相見積もりを取る

相見積もり(あいみつもり:複数社に見積もりを依頼すること)を取ると価格を抑えられます。複数社の見積もりを比較することで、適正価格の業者を選ぶことができるからです。

たとえば、以下のように1社だけ見積もりを依頼した場合、いかがでしょうか。

  • A社:200万円

これでは、価格を比較することはできませんよね。しかし、以下のように3社に見積もりを依頼したのであればいかがでしょうか。

  • A社:200万円
  • B社:170万円
  • C社:150万円

このように、先ほどのA社の見積もりが高いことがわかります。ビルの外壁塗装の価格は定価がありません。そのため、業者によって見積もりの価格が異なるのです。

したがって、ビルの業者を選ぶ際は必ず複数社に見積もりを依頼するようにしてください。

無足場工法で行う

ビル無足場工法

出典:関東ビルテック

ビルの外壁塗装を行う方法の中に、「無足場工法」があります。これは、足場をかけずにロープを使い外壁のリフォームを行うというものです。

足場を組む費用を削減できるため、価格を抑えて外壁塗装を行えるメリットがあります。

まだ、普及していない方法になるため、この方法を使って外壁塗装を行う業者があまりいません。そのため、なかなか無足場工法を依頼できないのが現状です。

まとめ

ビルの外壁塗装は規模が大きくなるため、ここでお伝えしたポイントに注意してリフォームを行うようにしてください。

特に、テナントが入っている場合、塗装工事は迷惑をかけやすいです。後でトラブルにならないためにも、できるだけ早めにテナントには告知をするようにしましょう。

また、業者選びはできるだけ実績が豊富な業者に依頼すると安心できます。業者選びは、相見積もりを取り、複数社の見積もりを比べて、納得のいった上で優良業者にリフォームを依頼するようにしてください。

大規模修繕工事に悩んでいる管理組合必見!

無料相談・お問い合わせはこちら

関連記事

マンションの外壁塗装の修繕費用、価格や単価の相場

NO IMAGE

【マンションの大規模修繕の外壁塗装】人気の色やデザイン

大規模修繕工事のタイミング診断目安

【マンションの大規模修繕の建物診断】目安やチェックポイント