マンションの大規模修繕の足場代は?費用や単価はいくらか

マンション足場代費用

マンションの修繕工事は、足場を設置して行うのが一般的です。マンションの修繕工事を行う上で、外壁などの補修は高所作業になるため、足場なしでは作業できないからです。

ただ、当然ながら足場の設置には費用がかかります。このとき、一体マンションの足場代の費用や相場がどれぐらいになるのか気になる方は多いのではないでしょうか。

足場を設置費用は、数百万円単位の費用になるため、決して安い金額ではありません。

これから大規模修繕を検討している方は、どのくらいの費用がかかるのかをあらかじめ把握しておきましょう。

マンションの足場代の計算方法

マンションの足場の費用は、計算式によって算出できます。足場の計算式は、以下をご覧ください。

足場架面積 × 平米単価 = 足場費用

他にも足場代を求める方法はありますが、ほとんどの場合、この方法で足場代を算出します。

足場架面積とは

足場架(あしばかけ)面積とは、足場をかける面積のことです。この面積は、以下の方法で計算します。

(マンションの外周 + 8m) × 高さ = 足場架面積

3階建てのマンションで外周が100mで高さ10mだと仮定すると、以下の通りです。

(100m + 8m) × 10m = 1080㎡

つまり、この場合足場架面積は、1080㎡になります。マンションの外周に8m足す理由は、足場は少し外壁から離してかけるからです。そのため、その分を考慮した8mを加えると正確な外周の長さになります。

足場架面積を算出する方法はこのようになります。これに、平米単価を掛けることで足場代を計算することができるのです。それでは、平米単価についてご紹介します。

平米単価とは

平米単価とは、1㎡あたりの足場代の単価になります。都道府県や業者によって平米単価は変わりますが、600~1,000円程度です。

ただ、業者によっては平米単価に、飛散防止シートの値段を含むケースがあります。飛散防止シートとは、以下の画像のものです。

マンション飛散防止シート

これは、修繕工事によって、塗料やゴミなどが飛散しないようにするためのものです。

ただ、業者によっては、飛散防止シートの費用を足場代に含むケースと含まない場合があります。

そのため、平米単価を比べる際は、飛散防止シートが含まれているのかどうかを判断した上で比較しましょう。

足場代を実際に計算する

足場架面積と平米単価についてご紹介しました。それでは、実際に足場代を計算してみましょう。「足場架面積」「平米単価」は、先ほどお伝えした値段をそのまま利用します。すると、それぞれ以下の金額になります。

  • 足場架面積:1080㎡
  • 平米単価 :1,000円

したがって、計算式は「足場架面積 × 平米単価」になるため、以下の通りになります。

1080㎡(足場架面積) × 1,000円(平米単価) = 1,080,000円(足場代)

つまり、3階建てのマンションで外周が100mで高さ10mの場合、足場代は1,080,000円になるのです。

マンションの足場代は、マンションの設計図があれば簡単に算出することが可能です。業者に見積もりを依頼した際、適正な価格かどうか実際に計算してみて確かめてみましょう。そして、適正価格で足場を設置してください。

足場代の費用や相場

マンションの足場費用は、施工費用の10~20%が相場の目安です。

たとえば、1,000万円の修繕工事費用がかかる場合、その内100万円が足場代になります。

ただ、業者ごと見積もりに差があるので、見積もりを比較する際は、業者ごとの価格をよく比較しましょう。

足場代の費用の実例

マンションの足場代の実例をご紹介します。見積書に記載している足場代は、「直接仮設工事」という表記になります。「足場代」という表記ではないため、注意が必要です。

ただし、事例ごとに価格や修繕費の費用の割合は異なります。あらかじめご了承ください。

事例A:築14年の分譲マンション・2350万円

23戸の4階建ての修繕費用の内訳になります。

工事の内訳費用の内訳
共通・直接仮設工事378万円
外壁改修工事916万円
シーリング工事141万円
鉄部塗装工事156万円
防水改修工事210万円
雑工事411万円
現場経理・諸経費138万円

事例B:築25年のマンション・2130万円

18戸、3階建ての修繕費用の内訳は以下の通りです。

工事の内訳費用の内訳
共通・直接仮設工事326万円
外壁改修工事842万円
シーリング工事122万円
鉄部塗装工事123万円
防水改修工事192万円
雑工事389万円
現場経理・諸経費136万円

事例C:築28年のマンション・5320万円

42戸の6階建ての修繕費用の内訳は、以下をご覧ください。

工事の内訳費用の内訳
共通・直接仮設工事654万円
外壁改修工事2,181万円
シーリング工事372万円
鉄部塗装工事345万円
防水改修工事425万円
雑工事1,010万円
現場経理・諸経費243万円

見積書の記載

見積書によっては、「共通仮設工事」という表記があるケースがあります。これは、仮設トイレや事務所の設置費用になります。似ていますが、足場とは別の費用になるので注意しましょう。

見積書の項目はわかりにくいので、間違えないようにしてください。

マンションの足場代を抑える秘訣

マンションの足場代を抑える方法をご紹介します。マンションの足場代は、これからお伝えする方法を行うことで安くすることが可能です。

ポイントは、以下の3つです。

  • 無足場工法で行う
  • 相見積もりを取る
  • 管理会社に任せすぎない

「足場代を抑えたい」という方はこの方法を参考にして行いましょう。それでは、順を追って解説していきます。

無足場工法で行う

マンション修繕工事無足場工法

出典:安村外装

無足場工法で修繕工事を行うと足場代を節約できます。無足場工法とは、ロープを使い、レスキュー隊のようにぶら下がって修繕工事を行う方法です。

先ほどお伝えしたように、足場代は、修繕費用の10~20%ほどの費用になります。この費用が無くなれば、大幅に施工費用を抑えられますよね。

ただ、ひび割れ箇所が多く、修繕箇所が多い場合は無足場工法が不適切なケースがあります。修繕箇所や規模が大きい場合、無足場工法では、修繕しきれないからです。

また、マンションの屋上の形状によっては、ロープを設置できない場合があります。この場合、無足場工法ができません。必ずしも行える方法ではないため、あらかじめ把握しておきましょう。

「無足場工法で足場代を節約したい」という方は、「【マンションの大規模修繕】足場なし・無足場工法の特徴」の記事でさらに詳しく無足場工法についてご紹介しています。合わせて読むようにしてください。

相見積もりを取る

足場代を節約するためには、相見積もりを取りましょう。相見積もりとは、複数社に見積もりを依頼することです。価格を比較することで、適正価格の足場代の業差を選べます。

たとえば、以下のように複数社に見積もりを依頼したと仮定します。

  • A社:300万円
  • B社:270万円
  • C社:250万円

価格を比較すれば、足場代の安い業者に修繕工事を依頼できます。

ただし、足場代が安かったとしてもそのほかの項目の修繕費用が高い場合、足場の費用が安いメリットがありません。足場代だけを気にするのではなく、修繕費全体のバランスを考えた上で価格を比較しましょう。

管理会社に任せすぎない

マンションを管理している管理会社に修繕工事を依頼する際は、任せすぎないようにしてください。管理会社に依頼すると仲介手数料が発生するからです。

そのため、修繕費用の総額は高くなり、足場代も割高になります。

管理会社に委託すると下請け業者に修繕工事を依頼します。ここまではいいですが、さらにその下請けの孫請けに工事を委託するため、仲介手数料費用はさらに上乗せされるのです。

たとえば、本来であれば800万円の修繕工事で済むケースであったとしても、仲介手数料分上乗せされて1,000万円の費用がかかってしまう恐れがあります。

管理会社仲介手数料

マンションの修繕工事は、責任施工方式(管理組合が直接業者と契約する方法)で行えば、管理会社に発生するはずの仲介手数料を節約することが可能です。

したがって、足場代も含め「修繕費用の総額を抑えたい」のであれば、管理会社に工事を依頼するのではなく、直接修繕工事を行う専門業者に工事をお願いしましょう。

まとめ

マンションの足場代は、「足場架面積 × 平米単価」で算出できます。費用の相場としては、修繕費用の総額の10~20%ほどの費用になるため、あまりにも高すぎるようであれば見積もり内容を確認するようにしてください。

また、マンションの足場の費用は、無足場工法や相見積もりを行うと無駄な費用を削減できます。

「マンションの足場代を抑えたい」という方は、このページでお伝えしたことを参考にしてお得に修繕工事を行うようにしてください。

大規模修繕工事に悩んでいる管理組合必見!

無料相談・お問い合わせはこちら

関連記事

修繕費用不足

マンションの大規模修繕費不足・足りない場合の対処法

悪徳コンサルタントの手口

マンションの大規模修繕の談合:詐欺コンサルタントの悪質な手口

マンション相見積もり

マンションの大規模修繕の相見積もり:費用や価格、相場を抑える方法

マンション修繕費用

小規模マンションの大規模修繕費用はいくら?相場や平均価格

戸数すくない小規模マンション修繕

小規模マンションの戸数が少ない大規模修繕の費用や注意点

マンションコンサルタント費用

マンション大規模修繕コンサルタント料の費用や相場、いくら?