マンションの大規模修繕の相見積もり:費用や価格、相場を抑える方法

マンション相見積もり

マンションの大規模修繕工事の見積もりは、相見積もりが効果的です。複数社に見積もりを依頼することにより、価格や業者のサービスを比較できるからです。

値段やサービスを比較すれば、適正価格で優良業者に工事を依頼できますよね。

しかしながら、相見積もりにはいくつか注意点があるので注意するようにしてください。方法を間違えると価格が安いと思っていても、実は高いケースがあるからです。

このページでは、マンションの大規模修繕を行う上で、相見積もりを取る際に必要な知識をすべてご紹介します。大規模修繕の費用を抑え、優良業者に工事を依頼したいものですよね。

相見積もりを取ると業者を比較できる

相見積もりを取ると業者を比較できるメリットがあります。また、マンションの修繕費用の価格は、値段が決められていないため業者によって価格が異なります。

つまり、全く同じマンションの修繕でも高い業者もいれば安い業者もいるのです。仮に、以下のように1社だけに見積もりを依頼した場合いかがでしょうか。

  • A社:3,000万円

たった1社に見積もりを依頼しても、この価格が高いのか安いのかわかりません。判断基準がないからです。

しかしながら、以下のように3社に見積もりを依頼したのであれば、いかがでしょうか。

  • A社:3,000万円
  • B社:2,700万円
  • C社:2,600万円

同じマンションの修繕工事でも価格に違いが出ます。A社の価格が他の業者に比べて値段が高いことがわかりますよね。相見積もりを取ると、このように業者の価格を比較できるのです。

A社だけの見積もりだけでは、割高の修繕工事になってしまいますよね。マンションの修繕費用は、相見積もりを取ると価格を抑えることができます。

値段ばかり重視すると手抜き工事になる

ただし、値段ばかり重視すると工事の品質が低下する恐れがあります。マンションの修繕費用は、手抜き工事を行うと簡単に値段を抑えることができるからです。

つまり、施工業者によっては手抜き工事を行い、意図的に修繕費用を抑える悪徳業者もいます。

いくら安いと言っても、手抜き工事を行われて後々トラブルになったら困りますよね。値段を抑えるのも重要ですが、業者のサービスだけではなく価格だけを重視するのは控えるようにしてください。

マンションの相見積もりの注意点

相見積もりを行う際いくつかの注意点があります。相見積もりは価格を比較できるメリットがありますが、ポイントを抑えないとかえって費用が割高になる恐れがあります。

特にマンションの大規模修繕費用は、数千万円単位になる可能性があります。

相見積もりを行うことで数百万円、数千万円価格が安くなるケースがあるので、ポイントを抑えて複数社に見積もりを依頼するようにしてください。

管理会社の相見積もりは当てにならない

マンションの修繕工事を依頼する際、管理会社に任せるのは絶対に控えるようにしてください。管理会社は、仲介手数料を取った上で下請け業者に工事を委託します。

つまり、管理会社に相見積もりを依頼して業者を選定してもらったとしても、仲介手数料を上乗せされた金額になります。

実際に、多くの管理会社がマンションの修繕工事を「お金儲けのイベント」程度にしか考えていません。高額な仲介手数料を利益にしようと考えているからです。

仮に、1,000万円の修繕費用を支払ったとしても、3~4割の仲介手数料が取られてしまうため、実際にマンションの修繕に使われる金額は、600~700万円になります。

管理会社仲介手数料

管理会社に修繕工事を依頼すると、仲介手数料分の費用が上乗せされるので、修繕費用は割高になります。

逆を言えば、管理会社に修繕工事を依頼せずに直接下請け業者に工事を依頼すれば、800万円の費用で高品質な工事が行えるのではないでしょうか。

管理会社の利益のために、修繕費を積み立てているのではありませんよね。

管理会社に修繕工事を依頼すると言うことは、「仲介手数料を上乗せされる」ということを踏まえた上で修繕工事を依頼しましょう。

管理会社については、「マンション大規模修繕:管理会社に依頼する設計監理方式とは」の記事で詳細に解説しています。気になる方は合わせて読むようにしてください。

コンサルタントは、談合とリベートを行う

マンションの修繕工事の相見積もりを行う上で、コンサルタント(設計事務所)に依頼すると談合(だんごう)を行われます。

談合とは、コンサルタントが相見積もりを行う業者すべてやり取りを行い、価格を吊り上げてリベート(バックマージン)を受け取ることです。そのため、管理会社に修繕工事を依頼する際は、注意が必要です。

マンション修繕工事悪徳コンサル談合

通常、相見積もりを行うと先ほどお伝えしたように、業者ごと価格に差が生まれます。しかし、談合が行われるとコンサルタントによって価格を操作されるため、業者ごと見積もりに差が出ません。

したがって、どこの業者に修繕工事を依頼したとしても値段が高く、コンサルタントにバックマージンが支払われる仕組みになるのです。

コンサルタントの談合については、「マンションの大規模修繕の談合:詐欺コンサルタントの悪質な手口」の記事でさらに詳しくお伝えしているので、コンサルタントに大規模修繕を依頼することを検討している方は必ず目を通していきましょう。

価格だけで業者を選ばない

先ほどもお伝えしましたが、相見積もりを行う際価格だけで業者を選ぶのは控えるようにしてください。

価格だけで業者を選ぶと、悪徳業者がいるからです。とはいえ、価格が安い業者を選び管理組合は多くいらっしゃいます。

確かに、価格で業者を選ぶことは決して悪いことではありません。限られた積立金の中で業者を選定しなければいけないので、余裕のある管理組合ばかりではないはずです。どこの管理組合もギリギリの費用で修繕工事を行っているはずです。

しかし、価格が安くても手抜き工事をされて後々トラブルになってしまっては、本末転倒ですよね。

したがって、価格を重視することも重要ですが、必ず業者のサービスやアフターフォローなどを確かめるようにしてださい。

仕様書に基づいて見積もり依頼する

複数社に見積もりを依頼する際、仕様書の作成を行ってください。各業者は、その仕様書通りで見積もりを作成するため、業者ごと工事の内容や条件が一定になります。そのため、同条件で見積もりを比較することが可能です。

たとえば、マンションの大規模修繕を行う際、以下のように見積もりの条件が異なれば価格を比較できません。

  • 小規模修繕
  • 中規模修繕
  • 大規模修繕

業者によっては、同じ個所であったとしても小規模であったり大規模であったりするため、価格を比較する際にどうしても大規模修繕を行う業者のほうが価格は高くなります。

つまり、業者に見積もりを任せると価格が異なるのが当たり前なので、見積もり内容を比較しにくいのです。

そこで仕様書を作成することで、「この内容で修繕工事の見積もりを取ってほしい」ということが伝わるため、各業者見積もりの内容がある程度同じになります。

そうすれば、高い業者や安い業者を比較することが可能になるのです。条件が異なると見積もりは上手に比較できないことを覚えておきましょう。

仕様書で見積もりを取る注意点

仕様書にはデメリットがあります。仕様書は、ざっくりとした内容になるからです。あくまでも修繕計画の中での予想でしか施工内容が記載されていません。

したがって、「仕様書では500万円ほどの工事になっているが、実際に診断したら300万円の工事で済む」というような場合でも、見積もりを依頼された業者は、500万円の見積もりを作成します。

仕様書通りに見積もりを作らなければいけないためです。業者としても、わざわざ仕様書の内容と違ってまでも安いプランで修繕工事を行おうとしないからです。

仕様書を使って相見積もりを行う際は、このようなデメリットがあることを覚えておきましょう。したがって、業者に「仕様書通りの見積もり」「価格重視の見積もり」の2つのプランで見積もりを作成してもらうのも1つの方法です。

まとめ

相見積もりは、価格やサービスを比較できるので、適正価格で優良業者に修繕工事を依頼できるメリットがあります。

しかしながら、管理会社やコンサルタントの言うことを鵜呑みにすると高い見積もりを比較される恐れがあるので、注意するようにしてください。

価格を抑えるために相見積もりをしているのにも関わらず、管理会社に高額な仲介手数料を支払ったり、コンサルタントに談合されたりしてはかえって割高になります。

マンションの修繕費を狙っている悪徳業者は多くいるため、注意しましょう。

大規模修繕工事に悩んでいる管理組合必見!

無料相談・お問い合わせはこちら

関連記事

マンション足場代費用

マンションの大規模修繕の足場代は?費用や単価はいくらか

修繕費用不足

マンションの大規模修繕費不足・足りない場合の対処法

戸数すくない小規模マンション修繕

小規模マンションの戸数が少ない大規模修繕の費用や注意点

マンション修繕費用

小規模マンションの大規模修繕費用はいくら?相場や平均価格

悪徳コンサルタントの手口

マンションの大規模修繕の談合:詐欺コンサルタントの悪質な手口

マンションコンサルタント費用

マンション大規模修繕コンサルタント料の費用や相場、いくら?