大規模修繕の教科書

大規模修繕は直接業者に依頼すると安くできます

大規模修繕は、直接施工会社に依頼すると低予算で修繕工事が行えます。管理会社やコンサルタントに依頼しないため、仲介手数料やコンサルタント料が発生しないからです。

管理会社の仲介手数料は修繕費用の3~4割かかります。また、コンサルタントを依頼するとコンサルタント料がかかるので、これら費用を削減すると修繕費用を大幅に抑えられます。

管理会社やコンサルタントに修繕工事を任せると費用が割高になるため、適正価格で修繕工事が行えません。施工費用とは関係のないお金が数百万円~数千万円単位かかるのです。これでは、低価格で高品質な修繕工事は行えないのです。

ただ、ほとんどの方がこのことを知らずに修繕工事を行っています。

つまり、多くの管理組合が、修繕費用とは関係のないお金を管理会社とコンサルタントに支払っているのです。

修繕費を一生懸命貯めていても、そのような無駄なお金を使ってしまっては元も子もありません。「修繕費用を抑えたい」のであれば、直接専門業者に修繕工事を依頼してお得にマンションの大規模修繕を行いたいものですよね。

管理組合の大規模修繕の悩みをすべて解決します

大規模修繕工事を行おうと検討した際に、多くの管理組合が以下のような悩みを抱えているのではないでしょうか。

  • 見積もりや工事内容、価格が適正かどうかわからない
  • 管理会社に修繕工事を頼んでいいのか
  • 優良コンサルタントの選定や判別方法
  • 修繕積立金が足りない
  • 修繕費用が高すぎる
  • 優良専門業者が見つからない
  • 住民の納得が得られない

マンションの大規模修繕を行う方で、このような悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。そこで当サイトでは、「大規模修繕の優良業者を直接ご紹介するサービス」を行っています。

直接専門業者に大規模修繕工事を依頼すれば、管理会社に発生する中間マージンやコンサルタント料を削減できます。

また、直接大規模修繕工事の優良業者を紹介するので、低価格で高品質な修繕工事を行えるのです。

「大規模修繕工事を直接専門業者に依頼したい」という方は、当サイトが全力でお手伝いします。あなたのマンションの大規模修繕工事を納得のいくものにするために、当サイトを活用してください。

管理会社に依頼すると費用が高くなる理由

先ほどお伝えしたように、管理会社にマンションの修繕工事を依頼すると、修繕費用が割高になります。

管理会社は工事を受注した際に、仲介手数料を利益として確保した上で下請け業者に工事を丸投げします。そしてさらに、下請け業者はさらに下請けである孫請けに工事を委託するのです。

管理会社仲介手数料

その結果、最終的には修繕費用の3~4割の費用が仲介手数料として管理会社などの利益になります。

たとえば、1,000万円の大規模修繕工事費用がかかる場合、管理会社に依頼すると以下のような仲介手数料がかかります。

1,000万円(施工費用)× 0.4(仲介手数料の割合) = 400万円(仲介手数料)

たとえ、1,000万円の修繕費の費用を支払ったとしても、最終的に修繕工事に使われる金額は、手数料の400万円を差し引いた600万円になります。

管理会社仲介手数料

これでは、修繕費用とは関係のない金額が多すぎます。修繕費の積み立ては、生活しているマンションの修繕費用を支払うために行っているのです。決して、管理会社の利益になるために行っているのではありません。

毎月、入居者がコツコツ積み立てている修繕費用がもったいないですよね。

したがって、当サイトでは直接専門業者に工事を依頼することをおすすめしています。管理会社への仲介手数料がかからないため、無駄を無くし適正価格で大規模修繕が行えます。

当サイトのサービスを活用して、低価格で高品質な大規模修繕を行いましょう。

悪徳コンサルタントの談合の手口

コンサルタントに修繕工事の監督を依頼することで後悔してしまう管理会社は非常に多く見られます。

実は、コンサルタントのほとんどが悪徳コンサルタントだからです。

たとえば、コンサルタントが行う詐欺まがいな方法の1つに「談合」があります。

これは、施工会社とコンサルタントが裏でつながっており、工事費用を吊り上げた上でリベート(バックマージン)を受け取る方法です。

マンション修繕工事悪徳コンサル談合

見積もり価格を意図的に吊り上げ、バックマージンを多く貰おうとする手口になります。

たとえば、2,500万円で修繕工事ができる場合でも、コンサルタントが裏で業者とやり取りを行い、見積もり価格をバックマージン分値上げするのです。

見積もりを依頼した業者すべての価格が吊り上げられてしまった場合、どの業者に頼んでも費用は割高になりますよね。

このようなことは頻繁に行われていますが、絶対にあってはならないことです。

談合を行う悪質なコンサルタントは非常に多いため、コンサルタントに依頼する際は、そのことに注意して優良なコンサルタントに依頼するようにしてください。

当サイトのサービスであれば、コンサルタントを利用しないため、談合を防ぐことが可能です。談合を未然に防ぐためには、コンサルタントを依頼しない方法で大規模修繕工事を計画しましょう。

管理会社やコンサルタントを利用しなくてもいい訳

「管理会社やコンサルタントを利用しない」と不安に思う方は多くいらっしゃいます。業者の管理ができるか心配ですよね。

しかし、大規模修繕工事は、それらに依頼しなくても優良業者に依頼すれば、心配せずに品質の高い改修工事を行ってくれます。

そうであれば、安心して修繕工事を任せられますよね。

特に、100戸以下の小規模のマンションの場合、管理会社やコンサルタントに修繕工事を依頼しなくても修繕工事は行えます。

むしろ、小規模マンションであれば、管理会社やコンサルタント費用を支払ってまでも依頼するメリットはそこまでありません。

そこで当サイトでは、管理会社やコンサルタントを必要とせずに直接大規模修繕工事が行える優良業者をご紹介します。このサービスであれば、管理会社やコンサルタントに騙されることなく、適正価格で修繕工事が行えます。

「大規模修繕の教科書」が支持される7つの理由

  1. 専門業者に直接依頼するので中間マージンが不要
  2. 業界の中でも一握りの優良業者を紹介
  3. お問い合わせから見積もりまですべて無料で利用可能
  4. 第三者機関として中立な立場から相談、アドバイスを行う
  5. 営業会社ではないので、無理やり営業を行わない
  6. 管理会社やコンサルタントが不要
  7. 大規模修繕を得意とする業者をご紹介

当サイトでは、すべて無料でこれだけのサービスを提供しています。したがって、多くの管理組合から満足頂いております。

これからマンション尾入居率は減り、修繕工事の金額は築年数が増えると増す一方です。修繕費の積み立ての増額を行う管理組合も少なくありません。その中で、1円たりとも修繕費用を無駄にしないために、当サイトを活用してください。

当サイトが全力で大規模修繕をサポートいたします。

CTA

無料相談・お問い合わせはこちら