触ると白い粉が出ると塗り替えのサイン:チョーキング現象

チョーク現象

あなたは家の外壁を触ったことがあるでしょうか。もしその際にあなたの手に白い粉のようなものが付着したらそれは、外壁塗装の塗り替えの家からのメッセージです。

その現象を「チョーキング現象」と言います。学生時代にチョークを使ったことがあると思いますが、チョークを使うと指に粉がつきますが、そのような現象になります。

外壁に塗装してある塗料は、年月が経ちますとだんだん劣化していきます。外壁は紫外線や、熱、雨や風などさまざまなものからあなたの家を守ってくれているバリアのようなものです。

そのような外部からの攻撃に外壁が直接ダメージを受けるのではなく、外壁に塗ってある塗料にダメージがいくのです。

ですから、どうしても塗料は年月と共に劣化してしまいます。その劣化によって塗料の耐久性が落ちてきますと、チョーキング現象が起こると言うわけです。

最もわかりやすい塗り替えのサイン

外壁の塗り替えのサインは素人にはわかりにくいです。しかし、このチョーキング現象は触るだけで簡単に塗り替えのサインがわかりますので、誰でも家からの塗り替えと言うメッセージを感じ取ることができます

通常の外壁ならば、色がつくかつかないか程度ですが、このチョーキング現象が起きていますと明らかにチョークの粉のようなものが手に付着します。

ですから、前回の塗り替えから10年程歳月が経っているのであれば、一度自分の家の外壁を触ってみていただきたいですし、チョーキング現象が起きているのか確認していただきたいです。

チョーキング現象はあくまでも目安にしかすぎない

チョーキング現象が起こったのならば外壁塗装をすることを早急に検討していただきたいです。とは言っても、チョーキング現象が起こらなければ外壁塗装をしなくてもいいと言うわけではありません。

前回の外壁塗装や新築を経ててから10年あまり経っているのであれば、チョーキング現象が起こらなかったとしてもそのほかの部分が塗り替えしなければならない状況になることも考えられますので、このチョーキング現象だけを目安にしてはいけません。

また、前回に塗り替えが適切に行われていなかったり、紫外線がよく当たる部分などは10年経たなくてもチョーキング現象が起こってしまう場合もあります。

ですから、外壁塗装の目安は前回から10年と言われていますが、あくまでも目安でしかないのです。

例え8年しか経っていなかったとしても、チョーキング現象やそのほかの外壁を塗り替えなければいけない症状が出たのであれば、外壁を塗り替えることを検討することがあなの家のためであり、あなた自身のためなのです。

チョーキング現象を放置すると

実際に外壁を触った際に、チョーキング現象が起こっているのにもかかわらずそのまま放置してしまいますと、その部分からカビが生えたり藻が発生してしまったりしてしまいます。

その他にはクラック(ひび割れ)の原因にもなります。あまりにもそのような症状を放置してしまいますと、結果的に余計なお金がかかってしまったりしてしまい、かえって損をしてしまうのです。

あのとき外壁塗装をしておけばよかった」このように後悔しても遅いですし、1、2年外壁塗装が遅れてかえって工事費用が1.5倍などになってしまえば、家計にもよろしくはありません。

このご時世、なかなかお金に余裕があるお家ばかりではありません。ですから、そのような余計なお金をかけないためにも損をしてしまわないためにも、適切な時期に手遅れにならない前に外壁塗装を行う必要があるのです。

また、あまりにも外壁が劣化してしまったりすれば、塗り替えを行ったとしても仕上がりが悪くなってしまうなどのデメリットも存在します。

チョーキング現象が起こったら

特にチョーキング現象が起こっている外壁は、防水機能が著しく低下してしまいます。家に防水機能がなくなるのですから、内部に雨水が浸水してしまい、家を支えている木材などが腐敗してしまうかもしれません。

また、クラックが発生すればその隙間から雨水は容赦なくあなたの住宅の内部に侵入します。そうなってしまえば外壁塗装を行ったとしても修復できない状況にもなりかねません。

一刻も早く、手遅れにならない前に知り合いの外壁塗装業者に相談するなど、早急に対処しなければなりません。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

ひび割れ

モルタルにクラック(ひび割れ)が発生したらどうなるのか

スレート屋根

スレート屋根の方必見!塗装や塗り替え、補修の注意点

ガルバリウム鋼板屋根の特徴と塗装(塗り替え)の注意点

節約

メンテナンスを必要としない素材を使用して維持費を節約する

塗り替え

木材を塗装(塗り替え)する際に行う素地調整の方法と必要性

黒色手抜き

住宅の寿命を延ばすことが外壁塗装の役割