定期的なメンテナンスを行い常にきれいな美観を保つ

家オシャレ

住宅の塗り替えは、住宅を購入した方ならば必ず行わなければいけません。住宅を購入ししばらくすると、リフォーム業者の営業が来て住宅の塗り替えを検討する方も少なくはないでしょう。

また、同じ時期に住宅を購入した近所の家が塗り替え工事を行い、自分も塗り替えリフォームを検討している方もいることでしょう。実際、塗り替えのリフォームと言ってもタダではありません。

自分の財布と相談しながら、近々しなければいけないリフォームのことを検討していることでしょう。

確かに、同じリフォームでもリビングの改修やお風呂、キッチン、トイレなどの身近な生活に必要なリフォームであればモチベーションが上がるかもしれません。

しかし、外壁の塗り替えではそのような室内のリフォームと違い、工事が終わればすぐに生活が急変することはないかもしれません。

ですが、家の屋根や外壁は、あなたの家の印象を決める重要なポイントです。せっかく建てた住宅です。常にきれいな美観を保つことで、あなたの住宅の印象をいいものにしましょう。

住宅のメンテナンスを行う必要性

そもそも住宅の美観はもちろんですが、塗り替え本来の目的は家の機能性や耐久性の向上になります。少しでも長く住み続けるためには、住宅の塗り替えは必ず行わなければいけないことです。

万が一、ちょっとした不具合が発生した場合そのままにしてしまえば、家全体の問題になりかねません。そうなれば、あなたの生活環境が快適なものではなくなってしまいます。

そうならないためにも、住宅の塗り替えは定期的に行わなければいけません。塗装が剥げて外壁が痛んでしまってから焦って塗り替え工事を行うのではなく、築年数をしっかり把握し、住宅の塗装が剥げてしまう前に計画的に塗り替え工事を行う必要があります。

そのために、住宅の塗り替えは10年に一度という目安があります。ただ、この10年に一度の頻度はあくまでも目安でしかありません。お客様の住んでいる地域や環境によっても家の傷み具合は違います。

なので、住宅を建てて7年や前回の塗り替えから7年くらい経過したのであれば、一度専門家であるプロに住宅の状況を診断してもらいましょう。家の外壁の診断であれば、どの業者も無料で行ってくれます。

お客様自身で判断するのではなく、プロに診断してもらえばより一層安心できます。実際、自分自身の住宅の外壁を見る機会はほとんどないと思います。

また、外壁の状態がどのようならば、塗り替えを行う必要があるのかもわからないと思います。

ですから、プロによる診断が必要になるのです。住宅は決して安い金額ではありません。ましてやこのご時世、家を建てたり購入することができない人も大勢います。
その大切な家のメンテナンスです。決してないがしろにしてはいけないのです。

ただ、実際にお客様の声を伺っていますと、住宅の塗り替えをどのように行えばいいのかわからない方も多いです。

わからなければプロに相談してみる

また、住宅の塗装業界は、残念ながら悪徳業者が非常に多い業界です。知らず知らずのうちに悪徳業者に工事を依頼してしまうかもしれません。あなたが安いと思っていたとしても、通常よりも高額な工事費用を請求されてしまうかもしれません。

そこで当サイトは、そのような外壁や屋根塗装のことでわからないお客様ために無料で知識を公開しています。当サイトを利用して、お客様が納得のいく塗り替え工事を行うようにしましょう。

悪徳業者が非常に多い業界です。ほとんどの業者が自分たちの利益のことしか考えていないのが現実なのです。しかしその中でも、優良な業者は存在します。

そこで私にできることは、お客様に安心して塗り替え工事を行ってもらい、幸せな生活を送れる家を提供することです。つまり、優良な業者を紹介することになります。

それこそが住宅の塗装業界に携わる人間として、私のやるべきことであり、唯一できることだと思っています。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

スレート屋根

スレート屋根の方必見!塗装や塗り替え、補修の注意点

チョーク現象

触ると白い粉が出ると塗り替えのサイン:チョーキング現象

塗り替え

木材を塗装(塗り替え)する際に行う素地調整の方法と必要性

コンクリート現場

コンクリート打ちっぱなし住宅のメンテナンス(補修)方法

屋根2

住宅の塗り替えを行わなければいけない部位

ひび割れ

モルタルにクラック(ひび割れ)が発生したらどうなるのか