スレート屋根の方必見!塗装や塗り替え、補修の注意点

スレート屋根

洋風住宅に多く使用される屋根材に、「平型ストレート瓦(屋根):スレート板またはカラーベストコロニアル屋根」があります。

この屋根材は、見栄えが良く値段もそこまでないため、人気な建材です。

ただし、このスレート屋根は、定期的に塗り替えによるメンテナンスを行わなければいけません。コケや藻が発生してしまい、見栄えが悪くなる上に、雨漏りしてしまう可能性があるからです。

そこで、このページではスレート屋根を塗装や補修する上で必要な知識を紹介します。

屋根材のスレート屋根とは

住宅に使用される屋根材の中に、平型ストレート瓦(スレート屋根)と呼ばれるものがあります。これは、粘土板岩(ねんどばんがん)という天然の石を薄く加工したして、何枚も張り合せたもののことです。

スレート屋根の構造

ただし、単にスレート屋根と言っても、粘土板岩を使用したものだけではありません。天然石を使用したものは高額なため、日本ではほとんど流通していないからです。

そのため、ストレートを採用している住宅のほとんどは、セメントなどの人工的な素材で作られています。

つまり、ストレート屋根は粘土板岩を使用した「天然ストレート」と人工的な材料で構成された「化粧ストレート」の2種類が存在しているということです。これらの明確な違いは、天然の粘土板岩を使用しているかどうかで判断します。

天然スレートの特徴

天然スレート

出典:大阪の株式会社功栄産業

前述の通り、天然スレートは粘土板岩を薄く加工して屋根に敷いたものになります。年月が経過してもほとんど劣化しない自然石を使用しているため、天然スレートの屋根は長持ちする特徴があります。

また、人工的な塗料や材料を使っていないため、岩そのものの色合を活かして屋根の仕上がりを表現しています。そのため、色を付けたり塗り替えをしたりする必要がありません。

要するに、塗装にかかるランニングコスト(維持費)がほとんどかからないといいうことです。

ただ、天然の粘土板岩は高額なため、国内でシェア率が少なく流通していません。材料費が高いのはもちろんのこと、非常に割れやすく加工しづらいからです。粘土板岩の扱いに慣れている職人でなければ施工できないため、工事費用は高額になります。

また、材質が石のため、屋根として完成すると相当な重さになります。もし、地震が発生した場合、屋根材の重量が建物を大きく揺らすため、崩れてしまう可能性があります。

そのため、ランニングコストはかからないものの、施工費用が高い上に安全性に不安がある天然ストレートを選ぶ方はまずいません。そこで、これらの悩みを解決する化粧ストレートが開発されました。

化粧スレートの特徴

化粧スレート

出典:株式会社ケイミュー

化粧ストレートは、工場で生成されている屋根材です。そのため、品質は安定しています。主に、セメントと繊維(補強材)を混ぜて作られた人工的な製品になります。

また、屋根材にすることを前提に加工されているため、施工しやすいのが特徴です。そのため、天然ストレートは扱いづらいのに対して、化粧ストレートは簡単に取り付けることができます。

さらに、化粧ストレートは大量に製造されるため、天然素材に比べて安いです。材料費が抑えられるため、コストパフォーマンスの高い屋根材といえます。

また、化粧ストレートは天然ストレートにくらべて、およそ半分の重量しかありません。そのため、地震が発生したとしても屋根の重みで倒壊するリスクを最小限に抑えることができます。

ただ、化粧ストレートはペンキで塗装するため、定期的に塗り替えを行う必要があります。初期投資は少額で抑えられるものの、永続的にランニングコストがかかり続けてしまうのです。

ただし、ほとんどの屋根は塗料によって塗装をしてあるため、化粧ストレートだけに維持費がかかるわけではありません。

天然ストレートや銅板(どうばん:銅の板)のように、天然の材料を使用していない限り、大半の材料は定期的に塗り替えが必要になります。

むしろ、色選びができことを考えると、色選びを楽しむことができます。カラーリングをあなた好みに変更できため、外壁の色に合わせて屋根の色をマッチさせることも可能です。

例えば、新築当初は白と黒の色合でシンプルモダンなカラーリングにしたとします。10年後塗り替えの時期が来た際に嗜好(あるものを好むこと)が変わって「明るい色にしたい」と思えば好きなカラーに変更できます。

そのため、ランニングコストはかかるものの、初期投資が安い上に安全であることを考慮すると化粧ストレートはお勧めできる屋根材です。実際、住宅の屋根に化粧ストレートを採用する方はたくさんいます。

もちろん、瓦屋根から化粧ストレート屋根にリフォームできるため、住宅の印象を手軽に変えられます。

ただ、2000年頃に製造された化粧ストレートを張り替えたり修繕したりする際には注意が必要です。この当時に生成された製品の中には、石綿(アスベスト・健康被害を及ぼす繊維)を使っているものがあるからです。

もし、この時期に施工した化粧ストレート屋根の交換を検討している場合、業者に一度相談してみることをお勧めします。

ただし、現在販売されている化粧ストレートには、アスベストは使用されていません。今の法律では、アスベストの使用が禁止されたからです。そのため、これから屋根材に化粧ストレートの使用を悩んでいる場合、安心して採用できます。

なお、「屋根材をスレートにしたい」と考えている場合、業者に「化粧ストレート屋根にしたい」と伝える必要はありません。日本の一般住宅で使用されるスレート屋根のほとんどの材料は、化粧ストレートだからです。

ただ、同じ化粧ストレートの中でも、天然ストレートのように加工したストレート屋根も存在します。数あるストレートの種類の中から予算と見栄えを考えたうえで屋根材を決めるようにしましょう。

そもそも、スレート屋根に天然の岩を使用しているものが存在することを知らない職人さんはたくさんいます。そのため、全てのストレート屋根が人工的に製造されていると勘違いをしている方がほとんどです。

もし、そうしても天然ストレートを希望する場合、専門業者に一度相談するようにしましょう。

平型化粧スレート屋根(カラーベスト)のメリットとデメリット

この平型化粧ストレート屋根は、ケイミュー株式会社(旧クボタ松下電装)が「カラーベスト」という商品名で販売しています。それが有名なため、この名前で呼ぶのが一般的です。

良い点と悪い点を把握した上で屋根材を選べば、化粧スレート屋根があなたの家に適しているのかそうではないのかを判断できます。

平型化粧スレート屋根のメリット

化粧スレートの最大の特徴は、他の屋根材に比べて施工費用が安いことが挙げられます。低価格な材料を使用している上に、工場で大量に生産できるからです。

また、屋根材にすることを目的として作られているため、施工がしやすい上に見栄えが良いです。作業がはかどるため、人件費を削減できます。

つまり、化粧ストレートを使用することで、工事費用を抑えられながらも風格ある建物を作ることができるということです。

また、化粧スレート屋根の特徴は値段だけではありません。主な材料がセメントや繊維になるため、木材と比べても燃えにくく、熱伝導率が低い特徴があります。

さらに、日本住宅に使用される和風瓦に比べて軽く、地震の多い日本であったとしても地震で落下したりズレたりすることはほとんどありません。

ただ、これだけ多くのメリットがある化粧ストレートであっても、デメリットは存在します。

 平型化粧スレート屋根のデメリット

屋根材に化粧スレートを採用する最大のデメリットは、定期的に塗り替えが必要なことです。この建材は、防水性や耐久性を塗料に頼っています。そのため、塗料が色褪せたり剥がれたりしたら再塗装を行わなければいけません。

もし、これを怠れば、美観が失われるのはもちろんのこと、雨漏りの原因になります。そのため、屋根を化粧ストレートにした場合、ランニングコスト(維持費)がかかり続けます。

 

塗膜耐久性

例えば、屋根材にカラーベストを採用した場合、新築または前回の屋根塗装から7~8年経過していたら再塗装が必要な可能性があります。そのため、塗料が色褪せたり剥がれたりしたいないとしても、専門家に診断してもらうのが望ましいです。

ただし、定期的に塗り替えを行うということは、美観を保ち続けることができつということとイコールです。また、好きな色に塗り替えることができるため、今までの外壁に飽きたら違うカラーを選ぶことができます。

ただ、再塗装には数十万円単位で工事費用が発生するため、家の維持費としてメンテナンス費用を貯金しておくことをお勧めします。

屋根材に化粧ストレートを採用する際には、メリットとデメリットを把握したうえで選ぶようにしましょう。

化粧ストレート瓦の由来:カラーベストとコロニアルの誤解

化粧ストレート屋根には、カラーベストとコロニアルの呼び方を誤解している人がいます。どれが正しい呼び方なのかをここで把握しておきましょう。

実際にリフォーム会社が訪れた際、困惑してしまうのを防ぐためです。

まず、ケイミュー株式会社(旧クボタ松下電工外装)がセメントなどの材料を使用して、人工的なスレート屋根を開発しました。その商品名が「カラーベスト」になります。

また、そのカラーベストの屋根材の種類の中に、「コロニアルクァッド」や「コロニアルグラッサ」という商品があります。

そのため、本来の名称である平型ストレート屋根ではなく、商品名の「カラーベスト」や「コロニアル」という名称が勝手に一人歩きして呼ばれるようになりました。

ただ、ほとんどの方はこの事実をしらないため、粘土板岩を使用した屋根とカラーベストやコロニアルを別のものであると勘違いしている方が多いです。

つまり、人工的に作られた「カラーベスト」や「コロニアル」「ストレート屋根」のすべてが、平型スレート屋根として分類できるということになります。

材料が違えどスレート屋根と呼ぶ

そもそも、「粘土板岩」を使用した屋根のことをスレートと呼ぶ理由は、この材料を英語で呼ぶと「slate:スレート」だからです。そのため、粘土板岩を使用した建築材料全般は同じ名称で呼ぶのが正しいです。

しかし、冒頭で述べた通り、カラーベストやコロニアルだけがスレートであると誤認している方はたくさんいます。天然の粘土板岩を使用している屋根は高額すぎるため、日本では普及していないからです。

そのため、多くの職人は自然でとれた粘土板岩を使用していること自体を知りません。

一方、人工的に作り出されたスレート屋根は、コスト(費用)が安い上に加工もしやすいです。これらは多くの家に採用されているため、カラーベストやコロニアルだけがスレート屋根であると勘違いをしています。

しかし、そうではありません、天然の粘土板岩または人工的に作られた材料のどちらかを使用していたとしても、全てストレート屋根と呼びます。

ただし、名称は同じであったとしても、材料は全く違うので注意してください。

塗装をすることで耐用年数と寿命を延ばす

スレート屋根には耐用年数と寿命があります。これを知らないと、適切な時期に吹き替えや塗装を行うことは不可能です。

寿命なのにもかかわらず放置していると、雨漏りしてしまう可能性も少なくはありません。そこで、この項ではスレート屋根の寿命の目安と築年数ごとのメンテナンスについて紹介します。

スレート屋根の寿命の目安

スレート屋根の寿命は、適切なタイミングで塗装を行った場合、新築から40年程が一つの目安になります。

ただ、状況や症状によっては、耐用年数がさらに短くなってしまう可能性があります。そのため、必ずしも築40年持つわけではありません。

スレート屋根は、定期的に屋根塗装を行うことで雨漏りを防ぎ、瓦の寿命を長く保てることができます。

ただし、カラーベストコロニアル屋根は寿命があるため、築40年経過した場合は、雨漏りなどがなくても屋根の葺き替えを検討する必要があります。なお、家そのものを建て替えても良いです。

スレート瓦の築年数ごとのメンテナンス

スレート屋根は築年数ごとに適切なメンテナンスを行えば、寿命を延ばすことができます。これにより、長く住める家にすることができます。

ただ、どのくらいでスレート屋根をメンテナンスすればいいのかわからない方が多いです。そこで、築年数ごとのスレート瓦の手入れの方法を紹介します。

新築から10年まで

新築から10年までは基本的にはメンテナンスは必要ありません。ただ、このとき雨漏りが発生したら、それは施工不良です。そのため、家を建てた業者に連絡するようにしましょう。

保証期間内がある場合は、無料で修理してもらえるはずです。

築年数が10を過ぎた場合

築年数が10年を過ぎた場合、スレート屋根が雨漏りしてなくても塗り替えを行う必要があります。ここで、屋根塗装を行わないと、スレート瓦の劣化が早くなり、屋根自体の寿命が著しく短くなってしまいます。

実際に当サイトを利用していただいているお客様の中でも、この時期に適切な塗り替えを行わなかった方が後々後悔しているケースがほとんどです。

築年数が20~30年

築年数が20~30年経過したのであれば、2回目の屋根塗装を行いましょう。また、補修が必要な場合は、屋根の修理を行いましょう。

特に、湿気や積雪が多い地域では、屋根材や表面の塗料に負担がかかりやすいため、スレート屋根の劣化が早いです。屋根のメンテナンスを怠らないようにすることが寿命を延ばすためにも重要になります。

築年数が30~40年

築年数が30~40年経過した場合、メンテナンスには注意が必要になります。屋根の症状によっては、葺き替えも検討しなければいけないからです。

しかし、このとき雨漏りがなければ3回目の再塗装を行いましょう。

ただし、この築年数では屋根が劣化しているため、雨漏りしている可能性は高くなります。

そのため、塗り替えをするのか屋根を張り替えるのかを見極める必要があります。雨漏りしているのにも関わらず、屋根の修理を行わなければ症状が悪化してしまうからです。

実際に、雨漏りに気づかず屋根塗装を行い、結局その後数年で屋根を葺き替えることになった方もいます。この場合、適切な診断を行い再塗装をせずに張り替えれば、余計な費用がかかりませんでした。

ここまで述べてきたことわかるように、築年数が経過すればするほど、適切な診断によって最適なメンテナンスが必要になります。そのため、時期になったら一度業者に見てもらうと安心です。

ただ、業者によっては無理やり工事を進めてくる可能性があるため、闇雲に診断を依頼するのは控えるようにしましょう。

スレート屋根(カラーベストコロニアル)の塗装:時期と症状

カラーベストを使っている場合、適切な時期に屋根の塗り替えを行わなければいけません。これを怠ってしまうと、見栄えが損なわれるのはもちろんのこと、雨漏りの原因になるからです。

最悪の場合、雨がしみ込んだ影響で屋根が腐ってしまうと葺き直し(ふきなおし:屋根を張り替えること)を行わなければならなくなってしまいます。

そのため、屋根の塗装が色褪せたり剥がれたりしているのを見つけた場合、早急に塗り直す必要があります。

ただ、「どれくらいの周期で塗り替えを行えばよいか分からない」という方は多いです。

そこでこのページでは、ストレート屋根の塗り替え時期について紹介します。そのタイミングは2種類あり、「一定周期の再塗装」と「色変えが必要なサイン」を見て判断します。

適切な時期に塗り替えを行えば、新築同様の見栄えを維持し続けることができる上に、建物を長持ちさせられます。

屋根塗装が必要な周期

一般的に、化粧ストレート瓦の再塗装は、症状や傷み具合によるものの、10年に一度です。

ただし、予算がある場合、10年経過するのを待つのではなく、できれば8年置き程度のスパンで再塗装を行うことをお勧めします。痛んでいる塗装を塗り直すよりも、きれいな状態のときに再び色変えを行えば、仕上がりがきれいになるからです。

また、塗り替えをしないからといって必ずしも雨漏りするわけではありません。屋根材の下にある防水シートが破れない限り、理論上は雨が浸透することはないのです。

スレート屋根の構造

しかし、塗り替えを行わなけば、当然防水シートは破れやすくなるため、雨漏りするリスクは高まります。

もし、雨漏りになってしまうと、屋根材の交換だけでく、柱や壁などの修繕も必要になります。すると、塗り替え以外にも工事費用がかさんでしまうため、早めに対処しておくことをお勧めします。

また、屋根の塗装が痛んでいるということは、同じ時期に塗った家の外壁のペンキも劣化しています。

そのため、同時に塗り替えをすると良いです。屋根を塗るためには高い場所まで足場を組まなければいけないため、一緒に再塗装することでコストを削減できます。

外壁塗装足場

ただ、状況によっては屋根だけを梯子(はしご)を使って登り塗装することもあります。しかし、大変危険なため、安全性の面からお勧めはできません。

そして、10年周期で塗り替えるだけでは不十分であるケースがあります。強い日差しが当たったり湿度が高かったりする地域に家がある場合、塗装の劣化スピードが速まることがあるからです。そのため、屋根の状態を定期的に点検する必要があります。

塗り替えが必要なサイン

屋根の症状を確認する際、表面にコケや藻が発生しているかどうかを点検します。また、これから見つけることができなかったとしても、ペンキが剥がれるなどの症状が出ていた場合、再塗装を行わなければいけません。

コロニアル屋根コケ、藻

ただ、症状がでたら塗り替える方法の場合、素人では適切な判断ができない可能性があります。

実際、当サイトを利用されるお客様の中に、「まだ大丈夫だろう」と思って塗料の劣化を放置した結果、雨漏りしてしまったという方はたくさんいます。

雨漏りした屋根この場合、右の画像のように屋根材の内部が腐敗しているいことが多いです。

雨漏りが進行してしまうと、内部の木材を新規にする工事はもちろん、屋根の葺き替えを行わなければいけません。

すると、定期的に屋根を塗り替えるよりも余計な費用がかかってしまいます。

最悪の事態になってからでは遅いため、定期的に適切な時期に屋根塗装を行うほうが、きれいな見た目を保てます。また、修繕工事などの余計な費用がかかる可能性が低いため、経済的です。

しかしながら、素人では塗装時期を見た目で判断することは難しいです。そのため、地元の塗装業者に見てもらうことをお勧めします。

ただし、依頼する会社によっては、塗装工事を無理やり進めてくる場合があるため、注意が必要です。そのため、すぐに塗り替えをお願いするのではなく、他のペンキ屋さんにも確認してもらうと良いです。

カラーベスト(コロニアル)屋根塗装の注意点

カラーベストの屋根を塗装する際に、縁切り(えんきり)と呼ばれる作業を行う必要があります。これを怠ると、塗り替えをしたのにもかかわらず、雨漏りする可能性があるからです。

前述の通り、コロニアル屋根は、薄い板を何枚も張り合わせています。そのため、この隙間から雨水が侵入します。

ただ、この雨水は下の隙間から逃げる仕組みになっているため、通常であれば問題はないです。

しかし、塗装を行うとその雨水が逃げる隙間が塗料によって塞がってしまいます。その状態のままでは、水を逃がすことは不可能です。以下がそのイメージになります。

スレート屋根縁切り雨漏り

それを放置すると雨水の逃げ場がなくなるため、屋根そのものの内部に侵入してしまいます。これが、雨漏りの原因になるのです。

そこで、それを防ぐために雨水の逃げ道を確保する必要があります。その作業が縁切りになるのです。

縁切り雨漏り原因

縁切りの種類

このときの方法は、2種類あります。「塗装した後に手作業で隙間を作る方法」「塗装する前にタスペーサー(隙間を作るもの)あらかじめ入れる方法」です。

このどちらにするのかは、実際に塗装する業者に問い合わせてみるようにしましょう。

また、古くなって反り返っているカラーベストは、縁切りをしなくても隙間が空いているため、必ずしも縁切りをしなければいけないわけではありません。

その部分も実際に専門家に屋根を見てもらい判断すれば、無駄な費用がかからなくて済みます。

タスペーサーで縁切り

このことからわかるように、縁切りはカラーベストの塗装において、絶対条件になることがわかります。しかし、この縁切りはとても地味で労力を必要とする作業になります。

なぜなら、無数に存在するカラーベストの瓦一つ一つに隙間を作るため、想像以上の労力を使うからになります。

縁切りを行わない業者が多い

手間暇がかかるため、この作業を行わない業者が多いです。「手間だから」、「面倒だから」「バレないから」という業者の身勝手な都合により、縁切りを行わなかったことが原因で雨漏りしてしまえば、結局損をしてしまうのはお客様自身になります。

もし、今後あなたがカラーベストの塗り替えを行うのであれば、縁切りの存在だけは忘れずに、業者に確認するようにしましょう。「お金を払う業者だから何も言わなくてもちゃんと工事を行ってくれる」と思っているのであれば、その考え方はとても危険です。

残念ながら業者のほとんどが自分たちの利益のことしか考えていません。お客様のことなど二の次なのです。その事実をしっかり認識したうえで、業者を選ぶことや施工内容を決めることをあなたが責任を持って行ってください。

スレート屋根(カラーベストコロニアル)は葺き替えがいいか

定期的に塗り替えを行っていたとしても、雨漏りしないとは限りません。雨の侵入を防ぐのは屋根材だけではなく、下に敷いてあるルーフィング(防水シート)によって防水性を保っているからです。

防水シート

そのため、10年おきに屋根の塗り替えを行っていたとしても、下地材が破れてしまえば雨漏りしてしまうため、屋根を葺き替える(屋根材を張り替えること)必要があります。こまめに塗装を行う際、ルーフィングは交換しないからです。

そのこともあり、カラーベストコロニアルの屋根を選んだ方の中には、再塗装をせずに屋根の劣化状態に合わせて葺き替え工事やカバー工法(古い屋根材の上から新しい材料を張ること)などのリフォームを行う人がいます。

この方法であれば、約10年おきに屋根塗装を行う必要が無いため、ランニングコスト(維持費)を抑えることができる上に、屋根の張り替えやカバー工法のみの費用ですみます。

ただ、一切塗装を行わないため、苔や藻が発生したり塗装が剥げてしまったりしても、その状態のまま放置することになります。当然、塗り替えを行わないため、見栄えは年月の経過と共に悪くなっていきます。

葺き替えは雨漏りしてからでは遅い

また、葺き替えを行うタイミングを判断するのは素人であるため、雨漏りしてから屋根をリフォームする方がいます。

しかし、雨がしみこんでしまった後に張り替えを行う場合、屋根以外の柱や壁など、他の場所も痛んでいる可能性があるため、同時に修繕工事を行わなければいけない可能性があります。

一度雨漏りしてしまうと、内部の木材が腐食してしまうため、大掛かりな工事が必要になります。

その場合、余計な費用がかかるため、定期的に屋根塗装を行うパターンと比べてトータルコスト(設計や蹴孔、維持費などにかかる料金の合計)は割高になってしまいます。

こうなってしまうと、メンテナンス費用が加算でしまうため、結果的に定期的に塗り替えをしていたほうがやすくなることが多いです。また、葺き替えリフォームの費用しか用意していなかった場合、屋根を修繕することができなくなってしまいます。

このようなリスクを防ぐために、点検だけでも外壁業者に相談することをお勧めします。素人では気づかない劣化状況を把握することができるからです。

もし、数年以内に葺き替え工事の必要性が事前に分かれば、施工費用を前もって用意しておくことができます。

ただ、できれば一定周期で再塗装を行うことが望ましいです。点検を重ねているのはもちろんのこと、何もせずに放置しておく場合に比べて、圧倒的に屋根の寿命を延ばすことができるからです。

屋根塗装すれば雨漏りしづらくなる

冒頭で述べた通り、下地である防水シートが破れない限り雨漏りすることはありません。

しかし、塗り替えを行わなければ塗装による防水性がなくなってしまうため、下地材であるルーフィングに与える負荷が大きくなります。すると、定期的に再塗装している屋根にくらべて、防水シートは破れやすくなってしまいます。

このことを考慮すると、カラーベストコロニアル屋根は定期的に塗装する必要があることを理解できます。再塗装を行うことで、屋根の寿命を延ばし、葺き替え工事以外の修繕工事が発生しないように管理することをお勧めします。

もし、再塗装を行わずに放置して雨漏りに気づかなければ、屋根の内部に雨水が侵入してしまいます。

こうなってしまうと、防水シートを交換するのはもちろんのこと、その下にある木材を新しいものに変える必要があります。

そのため、定期的に屋根塗装を行い、見栄えも内側も健全な状態を保つことが望ましいです。

建物の維持は状況によって必要になる料金が異なるため、こまめに管理をしてその金額を最小限に抑えるようにしましょう。また、いざというときに困らないために、塗装費用を積み立てしておくことをお勧めします。

屋根材にスレート瓦を採用する際は、先のリフォーム費用だけにとらわれず、トータル的な出費を考慮する必要があります。

まとめ

スレート屋根の塗り替えやメンテナンスについて解説しました。呼び方から、手入れの時期まで理解できたのではないでしょうか。

低価格で見栄えが良いため、この屋根材を採用している方は多いです。

しかしながら、手入れを怠るとコケや藻が発生してしまい、見栄えが悪くなる上に、雨漏りの原因になる可能性があります。せっかく建てた家です。そうならないように、適切な時期に塗り替えや塗装を必ず行うようにしてください。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

屋根2

住宅の塗り替えを行わなければいけない部位

塗り替え

木材を塗装(塗り替え)する際に行う素地調整の方法と必要性

コンクリート現場

コンクリート打ちっぱなし住宅のメンテナンス(補修)方法

節約

メンテナンスを必要としない素材を使用して維持費を節約する

黒色手抜き

住宅の寿命を延ばすことが外壁塗装の役割

チョーク現象

触ると白い粉が出ると塗り替えのサイン:チョーキング現象