家からのサインを見極める:こんな症状が出たら要注意

チェック

外壁塗装と言うのは家の外部で行います。しかし、多くの方が普段家の中にいますので、なかなか家の外壁がどうなっているのか気づきにくいですし、気にしないです。

ですが、約10年外壁塗装を行っていないのであれば、自分の家の外壁がどうなっているのか確認する必要があるのです。

もし、15年など外壁塗装を行っていないのであれば、早急に外壁塗装をすることをおすすめしますし、手遅れになってしまえば大きな工事をしなければなりません。最悪の場合は新規に立て直さなければならないなどのことになってしまいます。

セルフチェック項目

なので簡単なチェックで構いませんから、自分の家の外壁がどうなっているのかを確認していただきたいです。実は、あなたの家はあなたに外壁塗装のメッセージを一生懸命送っているのです。

そのメッセージを見逃さないためにもセルフチェックする方法がありますので、以下のような症状がないか確認してみてください。

このような症状が出たら要注意です。外壁の塗り替えの時期が出たサインになります。これ以上外壁が痛んだり劣化してしまいますと、修復することが難しくなってしまう危険性があります。

なるべくはやく外壁を塗り替えることをご検討していただきたいです。では、この症状がどのような要因なのかを1つ1つ説明していきます。

クラック(ひび割れ)

モルタル壁によく見られる現象ですが、地震や家のきしみなどによってクラックが発生してしまう場合があります。

この症状が出てしまいますと、この割れ目から雨水が浸水してしまうおそれもありますので、この部分を早急に補修する必要があります。

塗装表面のふくれ

このふくれが敗れると塗装の剥がれになるのですが、なぜこのようになるのかと言いますと、塗装時に外壁に水分が残っている場合や、湿気の多いときに塗装を行うなどのことが考えられます。

そのほかには、適切な塗料を使っていない場合。塗料を塗る際に下地の処理をちゃんと行っていなかった場合が考えられます。

カビが付着した外壁

日当たりが悪く湿気が多い場合などに、外壁にカビが発生してしまいます。一度カビが発生してしまいますとどんどん広がっていきますので、早急な対処が必要になります。

塗装の剥がれ

下地と表面の塗料の密着が悪く、時間がたつことによって塗装が外壁から浮いてきてしまう症状です。

また、厚膜の塗料や通気性の悪い塗料を使っていることも、原因1つのになります。

コーキングの劣化

コーキングは外壁と外壁の隙間を埋める際に使われるのですが、このコーキングは柔らかいゴムのようなものになります。

このコーキングは時間が経ちますと同時ても劣化してひび割れたりしてしまいます。そうなりますと、雨水が侵入してしまい、内部から外壁材を腐らせてしまいます。

また、雨はわずか1mmの隙間でも入っていきます。ですから、外壁が色あせることなどよりも深刻な状態です。雨水が侵入してしまう前に早急な対処が必要になります。

塗料の色あせ

外壁の塗料にツヤがなく、くすんだような色になっています。汚れが付きやすいので苔や藻が発生しやすい状況になります。

鉄部分の錆(さび)

外部に面している鉄や金属は、比較的さびやすいです。錆(さび)が一度発生してしまいますと、どんどんその症状は進行していきます。

錆(さび)が進行しますと穴が開いたりしますので、そこからさらに雨水が入るなどの悪循環になってしまいます。

塗装の際にはさびの部分をしっかり落とし、錆(さび)止めをしっかり塗り、そしてから上塗りを行い錆(さび)にくいように塗装します。

藻が発生した外壁

藻は、日当たりが悪い部分に発生します。隣の家の陰になっている場合や日差しが当たらない北側の外壁によく見られる症状です。

この藻を放置しますとカビの原因になります。塗装を行う際にこのような藻が発生していますと、塗料を塗る際に支障が出る場合があります。

そうなりますと耐久性や仕上がりに影響がでますので、殺菌作用のあるバイオ洗浄液などを使い、しっかり藻を落としてから塗装をします。

以前外壁塗装をしてから10年経っているのであれば、自分の家の外壁を上記の8つの症状があるかチェックしていただきたいです。

1つでもあるのならば外壁塗装をおすすめします。また、症状によっては早急に対応しないと手遅れになってしまう場合もありますので、早めに専門家やお近くの外壁塗装業者に相談していただきたいです。

チョーキング現象は塗り替えのサイン

そのほかにも、代表的な塗り替えのサインがあります。それは、「チョーキング現象」と呼ばれるものになります。

外壁を手でこすりますと、塗料の色が手につくと思います。道路などの白いガードレールを触ってみますと、よくこのチョーキング現象が起きていますので経験がある方はわかると思います。

この症状は、塗料の防水効果が切れたと言うサインでもあり、上記の8つの症状がなかったとしても、この症状が出たら外壁塗装をしなければいけないサインだと考えていただければわかりやすいかと思われます。

塗り替えの時期は約10年と言われていますが、それはあくまでも目安でしかありません。

その家やその地域など全く同じ状況の家は存在しませんので、10年という数字にとらわれるのではなく、上記で説明したような症状がないか自分自身で調べる必要があるのです。

また、前回の外壁塗装がちゃんとした施工を行っていない場合は、塗料の耐久性も落ちているかもしれません。そうなってしまえば、10年も塗料の耐久性や機能性が持たない可能性も十分に考えられます。

外壁塗装業者に相談したからと言って必ずしも工事をしなければいけないわけではありません。少しでも外壁のことで不安に思ったのならば、気軽に相談していただきたいです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

屋根2

住宅の塗り替えを行わなければいけない部位

黒色手抜き

住宅の寿命を延ばすことが外壁塗装の役割

サイディングボード3

窯業系(ようぎょうけい)サイディングボードのメンテナンス方法

節約

メンテナンスを必要としない素材を使用して維持費を節約する

ひび割れ

モルタルにクラック(ひび割れ)が発生したらどうなるのか

コンクリート現場

コンクリート打ちっぱなし住宅のメンテナンス(補修)方法