木材を塗装(塗り替え)する際に行う素地調整の方法と必要性

塗り替え

住宅の外部に使用している木材を塗り替え(再塗装)する場合、必ず素地調整を行う必要があります。素地調整とは、簡単に言ってしまえば塗装する面をきれいにしてから塗装することになります。

例えば、木材にヤニやゴミ、ほこりなどのごみがあれば、きれいに塗装することができません。そのため、木材にヤニやゴミ、ほこりがあれば掃除を行い、きれいな状態にしてから塗装します。

この際、ヤニを掃除するポイントとしては固まった大きな塊のヤニは皮スキ(金属製のヘラ)を使い掃除を行います。

その後、柔らかいヤニや皮スキで取り除けなかった残りをアルコールや塗料用シンナーできれいにふき取ります。

このときヤニを除去する場合、気温が高いときに行うと作業スピードが早いです。そのため、ヤニの除去は冬場に行うのではなく、暖かい時期に行います。

そして、カビやシミが発生している場合は、ブラシやタワシを使いホームセンターなどで市販されている木材用のカビ取り剤、漂白剤、アク抜き剤を使用して汚れをこすり落とします。

このとき使うブラシは金属製のものではなく、ナイロン製のブラシを使用します。なぜなら、金属ブラシは鉄汚染の原因になってしまうからです。

もうすでに金属のサビによって木材が汚染されている場合は、5%シュウ酸水溶液を塗り、その後5%リン酸ナトリウム水溶液を塗ります。(シュウ酸は劇薬のため、薬局で購入する際印鑑が必要になります。)

また、屋根などに金属を使用している場合、時間が経過すれば、鉄汚染が再発してしまいます。そのような再発を防止するためには、鉄等はサビが発生しないステンレス等に交換することで鉄による汚染を防ぐことができます。

そして、汚れを落とした後そのまま仕上げの塗装を行うと、塗装に悪影響が出てしまいます。それを防ぐため、十分に水洗いを行う必要があります。

水洗い後は、木材をしっかり乾燥させてから仕上げの塗装を行います。

このとき、しっかり水分を乾燥させないと、仕上げの塗装を行っている際に水分によって仕上げの塗装がうまくいかない場合があります。なので、しっかり水分を乾燥させたことを確認する必要があります。

そして木材の汚れはそのほかにも存在します。工事の際にセメントが付着すれば、そのセメントを気が吸収してしまい、シミになってしまいます。また、接着剤が付着した場合もシミや汚れになってしまいます。

この状態で塗装を行っても、色むらや変色の原因になります。なので、皮スキを使用したり、やすりをかけたりしてきれいな状態にする必要があります。

また、油が付着したり手垢による汚れやシミができてしまった場合は、家庭用の台所用洗剤を使用して掃除をします。この際汚れを十分に落としたのであれば、水洗い後十分な感想を行います。

すでに塗料が塗ってある場合

そして、もうすでに塗料が塗っている状態の場合は、その塗料の特徴を考慮したうえで塗り替えを行う必要があります。例えば、撥水性(はっすいせい)のある塗料で塗装している状態で塗装を行っても、塗料が撥水されてしまいます。

なので、十分な塗装が行えない結果、塗装による防虫効果や防腐効果が得られない可能性があります。

このことを防ぐためには、ペーパーやナイロン製のブラシを使い、撥水性がなくなるまで処理をします。この場合撥水性を確認する方法としては、水をかける方法が効果的になります。

水がすぐにしみ込むようであれば、撥水性がないと判断できます。しかし、水が球状に残ってしまったり、水のしみ込みが遅いのであれば、撥水性があると判断できます。この場合、何も塗装を行っていない木材を比較すれば一目瞭然です。

ここまで述べてきたことからわかるように、木材の塗装は素地調整がとても重要になります。また、仕上げの塗装よりもこの素地調整のほうが手間暇がかかります。

そのため、この素地調整をしっかり行わない業者が多いです。それを防ぐためにも、しっかりとした業者に塗り替えを依頼する必要があります。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

ひび割れ

モルタルにクラック(ひび割れ)が発生したらどうなるのか

チェック

家からのサインを見極める:こんな症状が出たら要注意

コンクリート現場

コンクリート打ちっぱなし住宅のメンテナンス(補修)方法

窯業系サイディングボードの特長とは:塗装の時期と4つの特徴

チョーク現象

触ると白い粉が出ると塗り替えのサイン:チョーキング現象

ガルバリウム鋼板屋根の特徴と塗装(塗り替え)の注意点