ガルバリウム鋼板屋根の特徴と塗装(塗り替え)の注意点

住宅に使われる屋根材の中に「ガルバリウム鋼板(こうはん)]と呼ばれるものがあります。

名称に鋼板という文字が入っているため、鉄やスチールのように金属の一種かと思われるかもしれませんが、そうではありません。

ガルバリウム鋼板とは、日鉄住金鋼板株式会社が開発した商品名であり、「アルミニウム55%」、「亜鉛43.4%」、「シリコン1.6%」で構成されたのアルミ亜鉛合金をめっき(金属などの材料の表面に、鉄製の薄膜を被覆した処理のこと)した鋼板のことです。

ガルバリウム鋼板断面

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、耐久性に優れているのが特徴です。例えば、メッキに傷がついたとしても、鋼板の中に含まれる亜鉛が鉄より先に溶けるため鉄を錆から守ることができます。このことを、「犠牲腐食作用(ぎせいふしょくさよう)」と言います。

ガルバリウム鋼板

そのため、一般的なトタン板(亜鉛めっき鋼板:あえんめっきこうはん)と比べて、防錆性(ぼうせいせい)が高く、耐久性が約3~6倍以上になります。

ガルバリウム鋼板は薄いため、地震の揺れによる建物への影響は重い瓦に比べても少なく、耐震性が高い屋根材になります。

さらに、ガルバリウム鋼板は金属の屋根であるため、見栄えが良く素材の質感を活かした仕上がりになります。

近年では和風住宅以上に、洋風の家が人気になっていることから、ガルバリウム鋼板を使う住宅のほとんどが洋風住宅になります。

ただ、薄すぎるために、雨音は瓦やストレート屋根(スレート瓦:板状の建築材を張り合わせたもの)と比べて多少大きいです。

そこで、防音対策として、表面に石粒を付着させたガルバリウム鋼板があります。あるいは、下地に防音材を敷くことによって音を軽減する方法もあります。

また、ガルバリウム鋼板はもう一つデメリットがあります。それは、熱伝導率が高いということです。

つまり、断熱機能をガルバリウム自体が持ち合わせていないため、外の熱の影響を受けやすいです。そのため、夏は室内が暑くなり、冬は部屋の温度が低温なります。

これを防ぐために、ガルバリウム鋼板の下、または屋根裏に断熱材を施工する方法があります。これを行うことで断熱性能を高めることができます。

ガルバリウム鋼板の塗り替え

前述の通り、ガルバリウム鋼板は高い耐久性があります。その耐久性は約20~30年になります。そのため、この屋根材は基本的に塗り替えを行う必要がありません。

ただ、劣化が進んだ場合、葺き替え(ふきかえ:屋根を張り替えること)やカバー工法(古い屋根材の上に新しい屋根をかぶせること)のリフォームを行う必要があります。

ただし、屋根の劣化状態によるため、数十年に一度行えば良いです。定期的(約10年に一度)な塗装費用がかかる化粧ストレート屋根(スレート瓦:カラーベストコロニアル)に比べるとトータルコスト(施工、メンテナンス、解体などのすべてにかかる費用)は安いです。

ガルバリウム鋼板のメンテナンスを行う際は、塗装をして寿命を延ばすのか、あるいは葺き替えやカバー工法を行うほうがいいのか吟味する必要があります。しかしながら、素人ではその判断は難しいため、できる限りプロに見てもらうことをお勧めします。

ガルバリウム鋼板にお勧めな塗料

もし、葺き替えやカバー工法ではなく塗装を行う場合、シリコン樹脂塗料(耐久性と費用のバランスがいい塗料)を使用するのが一般的です。

ただ、近年では耐久性が高い「フッ素樹脂塗料(フッ素を使用することにより、耐久性を20年近く保つ高級塗料)」や、断熱効果、遮熱効果を持った「遮断熱塗料(ガイナ:断熱効果と熱をはじく効果を持ち合わせているロケットにも使用される塗料)」を使用する方も増えてきています。

しかし、機能性や耐久性が高くなるとともに、シリコン樹脂塗料よりも費用が高くなります。

塗料価格

ただ、施工費用は他の塗料を塗るときと変わらないため、主に材料代の変動になります。全体の施工費用のほとんどが足場代や人件費になるからです。

塗料別

また、高額な塗料を使用する場合、値段が高いだけあって耐久性や機能性は低価格な材料に比べて高品質です。塗料が長持ちするため、安いペンキを使用するよりも結果的にコストパフォーマンスは良いです。

そのため、塗料はできるだけ良いものを使用したほうがいいです。いい塗料を使えば、ガルバリウム鋼板の寿命を長持ちさせることができるからです。ただ、初期費用がかかるため、予算との兼ね合いを見る必要があります。

ガルバリウム鋼板のメンテナンスを行う際は、予算や状態に適した方法を採用するようにしましょう。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

塗り替え

木材を塗装(塗り替え)する際に行う素地調整の方法と必要性

節約

メンテナンスを必要としない素材を使用して維持費を節約する

屋根2

住宅の塗り替えを行わなければいけない部位

チェック

家からのサインを見極める:こんな症状が出たら要注意

サイディングボード3

窯業系(ようぎょうけい)サイディングボードのメンテナンス方法

ひび割れ

モルタルにクラック(ひび割れ)が発生したらどうなるのか