外壁に発生したクラック(ひび割れ)の補修作業の重要性

外壁

家の外壁にクラック(ひび割れ)があるのであれば、そのひび割れ補修しなければいけません。外壁に使われる材料には、モルタルやサイディングなどさまざまなものがありますが、そのすべての外壁にはクラックが発生します。

そのため、外壁に発生するクラックを補修することは、住宅を購入したうえでは欠かせないメンテナンスになります。万が一クラックの発生を放置してしまえば、その部分から雨水が侵入し、住宅内部が腐ってしまう危険性があります。

その際、クラックの大きさが1㎜程度ならばそこまで心配ありませんが、クラックの大きさが2㎜を超えると、雨水は容赦なくあなたの住宅の内部に侵入します。

なので、現時点で1㎜のクラックが発生しているのであれば、安心するのではなくそのクラックが大きくなって雨水が侵入してしまわないように、補修作業や塗り替え工事を検討する必要があります。

クラックの補修作業の方法について

あなたの住宅の外壁にクラックが発生してしまった場合、「外装をすべて新規で施工し直す必要があるのか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

確かに、すべて新規で施工し直せば、当然工事費用は多額になります。しかし安心してください。実際はそうではなく、クラックにコーキング材(シーリング材:ゴムみたいなもの)を施工し、クラックが大きくなるのを防ぎます。

また、コーキングでクラックを補修する以外にも外壁の材料によって、それ専用のクラックを補修する材料を使い補修します。このようなクラックの補修作業を行い、雨水の住宅内部への侵入を防ぎます。

ただし、これはあくまでもクラックが小さい場合に限ります。既に手遅れになってしまっているクラックは、コーキングによる補修だけでは追いつきません。

例えば、クラックがあまりにも大きくなってしまった場合や、既にクラックから雨水が侵入して内部が腐食してしまっている場合になります。このような状態では、表面のクラックをいくらコーキングで補修したとしても、根本的な部分を改善することができません。

なので、内部が雨漏りによって腐食しているのであれば、その部分をすべて解体して新規に施工し直す必要があります。そうなれば、工事費用は多額になってしまいます。

クラックのメンテナンスの重要性

ですから、住宅のメンテナンスを定期的に行うことが重要になるのです。定期的なメンテナンスを行っていれば、住宅内部が腐食することはありません。

また、腐食してしまいそれを直す費用に比べれば、定期的にメンテナンスを行うほうがはるかに安く済みます。

日本は地震が多い国です。なので地震が起これば、当然クラックは発生しやすくなります。また、住宅という家の構造上、クラックが発生することは仕方がないことになります。

家は建てただけでは終わりではありません。その後、あなたの家族の生活を支える大きな役割を果たしてからこそ、家を建てた意味があります。

また、家も家族の一員だと考えるべきです。家があるからこそ、あなたが幸せに生活することができ、あなたの家族も笑っていられるのです。

このことからわかるように、その大事な家のメンテナンスなのですから、決してないがしろにはしてはいけません。

確かに、メンテナンスを行うことは手間かもしれません。住宅ローンを支払いながらのメンテナンス費用を支払うことは、すべての家庭が楽なことではありません。しかし、メンテナンスを怠ればその代償は必ずあなたにやってきます。

誰もメンテナンスを好き好んで行いたい人などいません。ですが、そこでメンテナンスをしない選択肢を選んでしまえば、後々損をしてしまうのはお客様自身なのです。

あなただけにはそのようなことになって欲しくないために、当サイトがあります。当サイトを積極的に利用し、失敗や後悔のない塗り替え工事をあなただけには行って欲しいのです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

高圧洗浄作業

高圧洗浄:塗り替えで一番重要な高圧洗浄作業

屋根

カラーベストの屋根の寿命を延ばすための縁切り

ケレン作業

金属部分のサビを落とし防ぐためのケレン作業

塗料

塗料の正しい希釈とは:塗料を薄めて使う手抜き工事

マスキング

プロの技が光る養生:仕上がりの良さを決めるマスキング

コーキング

コーキング材(シーリング材)による目地補修作業の重要性