金属部分のサビを落とし防ぐためのケレン作業

ケレン作業

住宅には金属部分が存在します。金属というのはサビますので、そのサビを塗装によって防がなければいけません。

トタンや雨戸、階段の手すりなどの金属部分にサビがあるのならば、そのサビを落としてから塗装をします。

そのサビを落とす作業を「ケレン」と言うのですが、このケレンをするのとしないのでは、仕上がりの美しさや塗膜の寿命に大きな違いがでます。簡単に言ってしまえば、塗装における下地作りになります。

このケレンをしなければ、塗装をしても剥がれてしまうなどの原因になってしまいます。

そのほかにも表面がツルツルですと塗料が剥がれやすいのですが、塗料と金属の表面を密着させはがれにくくするためにも必要な作業になります。

そのように表面に凸凹をつけること「目荒し」や「足付け」とも言います。

このような下地作りが塗装にとっては重要な作業になります。金属部分の表面に油が付着している場合では、その油分を取らなければ塗料を塗ったとしても、剥がれてしまうなどの原因になりますので、その油分をシンナーなどで取らなければいけません。

このように状況によってケレン作業にはいくつかの種類が存在するのですが、研磨剤や工具を使う方法と金属の部分の腐敗状況によってケレン1種~4種があります。1種が一番ひどい状況になり、4種が一番きれいな状況になります。

ケレン1種について

この1種が一番腐敗している状況になるのですが、化学処理やブラスト処理(白けい砂・銅粒・銅砕粒を圧縮空気によって吹付け、その衝撃力や摩擦力でさびを落として行く処理)を行いサビなどを落とします。

ですが、このケレン 1種まで腐敗が進行している場合ですと、修復することが難しいです。また、実際の工事では設備の問題や環境保全の面から行われることはありません。

もし、ケレン1種に分類されたのであればその部分は交換したり、新規に立て直さなければなりません。そのようになってしまわないためにも、定期的なメンテナンスが必要になります。

ケレン2種について

次に腐敗が進んでいる状況がケレン2種になります。どのような具合かと言いますと塗膜が劣化し、腐敗が進んだ状態の場合になります。

この場合は、サンダー等の電動工具などによる除去を行います。 しかし、この方法を使ったとしても内部まで入り込んだサビは完全に落とすことはできません。

ある程度の光沢がでるまでにはケレンすることができます。とは言っても、実際に作業現場ではこのようなサンダーなどの電気工具を使えない場合がありますので、そのような部分では手を使った作業になります。

ケレン3種について

一般的に住宅の塗り替えにおいて、ケレン作業を行い金属部分にサビ止めを塗って塗り替えを行う場合に多いのがこのケレン3種になります。

このケレン3種では、手作業でサビ部分を落とします。しかし、元々残っている塗膜は無理にはがすのではなくそのままその上から塗装をします。

ですから、このケレン3種事態では金属に光沢などを出すことはできませんが、腐敗が侵食してないためにケレン3種までで行える範囲で塗り替えを行うことが望ましいです。

ケレン4種について

金属部分にサビがなく、表面を洗浄する程度で済む範囲になります。作業内容としては、ほうきなどでほこりを取ったりします。

本来ならば、この状態で塗り替えをすることが一番望ましいです。しかし、金属部分とはどうしてもサビてしまうものですから、なかなかそのようなメンテナンスを行うことは難しいです。

だからと言って手遅れになってしまわないためにも、金属部分を腐敗させないようにすることは金属を長持ちさせるためには必要不可欠なことなのです。

ケレン作業の平均的な費用

もちろん、この作業にもお金はかかります。このケレン作業を含めた見積もりの場合もありますので、その部分は見積もりを出してもらった際に確認していただきたいです。

見積もりを出す以上、お金を払う以上、何にいくらお金が必要なのかを知らなければいけません。一般的のケレンの相場はサビ具合にもよるのですが、600~2000円/㎡になります。

サビの状態がひどい場合は、2000円/㎡にもなりますが、一般的なサビ具合のケレン3種程度になりますと、600~1000/㎡が平均的な価格になります。

実際にあなたの住宅のケレン作業がどのようなものかを上記のことと比較していただきたいです。

サビがひどくなってしまわないために

金属はサビます。それが外部にむき出しになっているのならばなおさらですし、海に近い家ならば当然サビやすくなります。

ですから、サビが進行してしまい手遅れになってしまわないためにも、金属の腐敗を抑え金属の耐久性を良くして寿命を延ばすためにも、ケレン3種までで済む程度で屋根や外壁の塗り替えを行っていただきたいです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

屋根

カラーベストの屋根の寿命を延ばすための縁切り

高圧洗浄作業

高圧洗浄:塗り替えで一番重要な高圧洗浄作業

外壁塗装工事

外壁塗装は3回塗りが基本:2度塗りの手抜き工事を見極める

外壁

外壁に発生したクラック(ひび割れ)の補修作業の重要性

マスキング

プロの技が光る養生:仕上がりの良さを決めるマスキング

塗料

塗料の正しい希釈とは:塗料を薄めて使う手抜き工事