作業工程・施工事例

カラーベストの屋根の寿命を延ばすための縁切り

屋根

住宅の屋根の塗り替えで多く見かけるのが「カラーベスト」と「コロニアル」屋根です。しかし、正式名称は「ストレート屋根(瓦)」と呼ばれるものになります。

製造メーカーの違いによってカラーベストと呼ばれたりコロニアルと呼ばれたりしているに過ぎません。ですから、カラーベストもコロニアルも同じストレート瓦ということになります。

このストレート屋根と言うのは、簡単に言ってしまえば複数の板をたくさん張り合わせている屋根になります。

雨水を逃がす構造になっている

薄い板を屋根全体に1枚1枚張り合わせているのですが、このカラーベスト屋根の特徴は、入ってきた雨を隙間から逃がす構造になっています。

屋根を塗装するにあたって何も考えずに塗装を行えば、塗料によって雨水を逃がす隙間を無くしてしまうのです。それでは逃げ場の雨水は一向にたまっていく一方になります。

そうなれば当然藻やコケが発生してしまう原因になります。ですが、この塗料によって隙間を埋めてしまうことによる問題はそのような藻やコケが発生してしまうことではありません。

最大の問題は、そのたまった雨水によって腐ってしまうことになります。そうすればカラーベストを交換することはもちろんですが、雨漏りの原因にもなってしまいます。

しかし安心していただきたいのですが、そのようなことにならないようにするために「縁切り(えんきり)」と呼ばれる工程が存在します。

この縁切りとは、カラーベスト屋根を塗装した後に塗料によって埋まってしまった隙間を1つ1つ開けていくと言うものになります。

もっと効率的な作業を想像していた方もいると思いますが、実際は1枚1枚画像のような手作業によってその隙間を開けていくのです。

しかし、現在ではこの縁切りを行うためにタスペーサーと呼ばれる確実に隙間を作るものもありますので、このタスペーサーを使うようなことを見積もりに記載しているのであれば、優良な業者だと言えます。

このようなことからも、カラーベスト屋根の塗装において縁切りは絶対条件だと言えますし、この縁切りを行うまでが屋根塗装なのです。

屋根がダメになれば家がダメになる

縁切りを行わないことが原因で、「カラーベストの屋根が腐ってしまった」お客様も実際に存在します。そのような場合、いくら塗装のスペシャリストだとしてもどうするもできないのです。

そのように手遅れになってしまわないためにもこの縁切りと言う作業はとても重要な作業ですし、絶対に行わなければいけない作業なのです。

とは言っても、現実はこの縁切りを行う業者が驚くほど少ないです。また、縁切りのことすら知らない業者も多いですし、知っていてもお客様にはバレないと言う理由から行わない業者が多いです。

先ほども言った通り、縁切りと言うのはカラーベストの板を1枚1枚を手作業で隙間を作っていく作業になります。

カラーベスト屋根はカラーベストの板が何百枚、何千枚にも及びますので、そのすべてを縁切りするのはとても地味な作業です。

やらない業者が多い

そのような地味な作業を率先して行う業者はほとんどいないのです。「めんどくさいから」「バレないから」と言う理由から行わない業者が多いです。

しかし、お客様の屋根の未来を考えれば、例え面倒で地味な作業だとしても行わなければいけないはずなのです。

ですから、あなたがカラーベスト屋根の塗装を行っているのだとしたら、すぐにでも縁切りの作業を行ってくれと業者に伝えていただきたいです。

また、これから先あなたが屋根塗装をするのであれば、縁切りの存在だけは覚えていただきたいのです。

先ほどの屋根が手遅れになってしまったお客様に関しても、ちゃんと前回の塗装で縁切りを行っていただければ余計な工事を行わなくて済みました。

そのような被害者を増やさないためにもカラーベスト屋根の方はこの縁切りと言う作業の重要さを理解していただきたいですし、絶対に忘れないでいただきたいのです。

 

メールフォーム:24時間対応

メールフォームへのご依頼は、24時間受付しております。下記フォームに必要事項をご記入の上、「送信」ボタンを押してください。

当サイトのサービスはすべて無料でご利用できます。

・お問い合わせ頂きましたあなたに対して、強引な営業・売り込みをすることは一切ありません。

・詳細な工事内容について知るため、電話をかけさせていただくことがあります。この場合も、強引な営業はいたしません。

・フォームへ記入した内容について、あなたの許可なく個人情報が外部に漏れることはありません。安心して当サイトのサービスをご利用ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です