和風や洋風な外壁や内装の壁:漆喰(しっくい)仕上げの特徴

漆喰和風

住宅の塗り替え(外壁屋根塗装)は、塗料による塗装が一般的だと思っているお客様も多くはないかもしれません。そこで、このページでは自然な材料を使った漆喰(しっくい)仕上げを紹介します。

漆喰は、瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われます。漆喰の主成分は、水酸化カルシウム(消石灰)になります。簡単に言ってしまえば、水酸化カルシウムとは石灰になります。

現在でも、漆喰は古い建物に使われています。なので、漆喰による仕上げの外壁を見たこともある方もいるかもしれません。

漆喰(しっくい)のさまざまな特徴

昔は土壁で家を建設しており、現在のように家の材料が強度がありませんでした。

しかし、雨風に弱い土壁をそのまま利用し防水性をもたらせられることや防火性に優れていいることから、古くから城郭や寺社、商家、民家、土蔵など、木や土で造られた内外壁の上塗り材として使用されてきました。

梅雨場などで湿度が高くなると、空気中の余分な水分を吸収します。逆に冬場などで空気が乾燥するような場合には、水分を放出します。

そのため急激な湿度変化を抑制すると同時に、室内の湿度の調整を自然に行ってくれます。

また水分を吸収する機能が高いことから、壁面や窓ガラスに結露が発生しにくいです。そのため、防カビ性に優れています。

防火性にも大変優れており、無機の不燃性の素材を使用していることから、科学建材のようなダイオキシンなどの人体に有害なガスが発生することがありません。

そのため、非常に人体にとても優しい素材になります。漆喰が昔の城や蔵に使用されていることも、このような漆喰の防火性に優れていることが理由になります。

漆喰のメリットについて

そして、漆喰の主成分である水酸化カルシウムは石灰になります。石灰は強アルカリ性のため有機物を分解する殺菌作用があります。そのため、殺菌の増殖を防ぎカビやダニの増殖や発生を防止します。

例えば、近年では鳥インフルエンザが発生した場合、インフルエンザの増殖を防ぎ殺菌するためにこの石灰がまかれました。

近年では、シックハウス症候群(住居内での室内空気汚染に由来する様々な健康障害)が問題視されています。

しかし、漆喰はシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドやVOC揮発性有化合物(トルエン、キシレン)を吸着し分解します。

その理由としては、漆喰には細かい無数の穴が開いておりその穴で有害物質を吸着し、その後無害な物質に分解され室内に再放出します。よって、室内を安全な環境に保ってくれます。

一般的な内装に使われるクロスや合板には、科学接着剤が使われます。しかし漆喰は施工後、主成分の水酸化カルシウムが二酸化炭素を吸収しながら硬化します。

そのため、ホルムアルデヒドやVOC揮発性有化合物(トルエン、キシレン)を放出することがありません。

漆喰を触ったことがある方ならばわかると思いますが、漆喰は触るとざらざらしており触ったりすると白い粉が付着します。

小さなお子さんがいる家庭では、万が一お子さんの口の中に入ってしまうのか心配に思う方も少なくはありません。

ですが、一度固まった漆喰は炭酸カルシウムになり、食べても問題のないくらい安全な物質になります。なので、小さなお子さんのいる家庭でも安心して漆喰による施工が行えます。

ただ、あくまでも安全な物質になるには硬化しなければいけません。硬化する前の漆喰は食べられませんので、その部分には注意が必要になります。

漆喰の魅力とは

実際に住宅に住むと、どうしても壁に傷や汚れが付着してしまいます。ですが、漆喰はメンテナンスが簡単に行えます。

多少の汚れは、消しゴムでこすれば消えます。消しゴムで汚れが落ちない場合は、とがったカッターナイフなどを使っていただき、その部分だけ削りましょう。

そうすれば、簡単に汚れや傷を消すことができます。また、タバコのヤニなどで壁全体が汚れてしまう場合では、DIYの漆喰を薄めてローラーなどでその上から塗装していただければ、新築同様のクオリティになります。

ただし、どうしても年数が経てば新築同様のきれいさを保つことはできません。しかし、年数を重ねた漆喰には一味違った味わいがあります。そこが天然素材の良さであり、風流になります。

ここまで述べてきたように、漆喰は生活で必要な要素をほとんど備えています。しかし、漆喰の素晴らしさは生活面での機能性だけではありません。

当然、漆喰ならではの仕上がりの良さが魅力的になります。漆喰による仕上げでは、自然な仕上がりを表現できます。その仕上がりは通常の塗料では再現できません。

塗料とは少し違った室内や外壁を考えているのであれば、外壁や室内の一部だけでも漆喰を施工してみましょう。漆喰ならではの独特な仕上がりを体感していただきたいです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

サイディングボード3

窯業系(ようぎょうけい)サイディングボードの特徴について

サイディングボード

樹脂サイディングボードが日本で普及していない理由

サイディングボード4

金属サイディングボードの特徴と塗り替えする際の注意点

漆喰

漆喰(しっくい)と珪藻土(けいそうど)の特徴と違い

珪藻土

和風な内装の壁:珪藻土(けいそうど)仕上げの特徴

タイル張り

タイル張りの外壁の特徴とメンテナンスの注意点