漆喰(しっくい)と珪藻土(けいそうど)の特徴と違い

漆喰

住宅の塗装を自然素材で行おうと考えている方もいるかもしれません。一般的な塗料やクロスとは違い、自然素材の漆喰(しっくい)と珪藻土(けいそうど)には自然素材でしか表現できない良さがあります。なので、自然素材に憧れるお客様も少なくはありません。

しかし実際に施工する際、「漆喰と珪藻土のどちらがいいのか?」疑問に思っている方もいるかもしれません。そこでこのページでは漆喰と珪藻土の特徴を紹介します。
これを学べば、漆喰と珪藻土のそれぞれの特徴からあなたの求める理想な仕上がりがわかるはずです。

漆喰(しっくい)の塗り壁の特徴

漆喰の主成分は、水酸化カルシウム(消石灰)になります。なので、強アルカリ性になります。そのため、殺菌効果に優れており、カビの発生の防止や防虫効果が期待できます。

一般的な内装に使われるクロスや合板には、科学接着剤が使われます。しかし漆喰は施工後、主成分の水酸化カルシウムが二酸化炭素を吸収しながら硬化します。

そのため、ホルムアルデヒドやVOC揮発性有化合物(トルエン、キシレン)を放出することがありません。このことからわかるように、漆喰は安全な素材だとわかります。

そして、梅雨場などで湿度が高くなると、空気中の余分な水分を吸収します。逆に冬場などで空気が乾燥するような場合には、水分を放出します。

そのため急激な湿度変化を抑制すると同時に、室内の湿度の調整を自然に行ってくれます。漆喰を使った塗装は、少し艶(つや)がありサラッとした仕上がりになります。

珪藻土(けいそうど)の塗り壁の特徴

珪藻土は、藻類(プランクトン)の死骸が海底や湖の底に長年にわたって堆積したものです。死骸といっても、年月を重ねることにより粘土状の泥土になったものになります。

その際に使用される材料は、セメントなどの結合材(接着剤)に骨材や粉体を混ぜ合わせたものになります。主に水で希釈(薄めること)して施工するため、人体や環境にも優しいです。

そして、珪藻土には非常に細かい穴が無数に開いており、この穴が快適な室内空間を作り出せます。例えば、湿度が高くなると漆喰同様に、湿度調整を行ってくれます。湿度が高くなれば空気中の余分な水分を吸収します。

一方、空気中の湿度が低くなれば水分を放出し、湿度を自然に調節してくれます。
また、この珪藻土の小さな穴のメリットは湿度調整だけではありません。

生活する上で発生するアンモニアなどの悪臭物質、有害物質を吸着し室内空間をきれいにする働きもあります。

そして、珪藻土は耐火性に優れています。私たちの生活の身近なものでは、七輪(しちりん)に使われています。

漆喰と珪藻土の違い

では、このような特徴のある漆喰と珪藻土の具体的な違いを説明します。その違いを簡単に言ってしまえば、見た目の違いと調節機能、固まり方の違いになります。

実際に漆喰と珪藻土をそれぞれ施工した後触ってみますと、漆喰がツルっとしているのに対し珪藻土はゆず肌になります。

なので、ツルっとした仕上がりがお好みな方は漆喰の塗り壁がお勧めになります。一方、ザラっとした仕上がりがお好みならば、珪藻土による塗り壁がお勧めになります。

そして、漆喰と珪藻土は調湿性能に大きな違いがあります。漆喰にも先ほど述べたように調湿性能はあります。漆喰は昔から使用されていることから、漆喰は調湿性能に優れていると思っている方もいます。

ただし、それは昔の話になります。昔の住宅の下地は土壁でした。しかし、現在の住宅の下地は石膏ボードが主流なため、その上に塗装される漆喰の厚みはわずか2㎜程度になります。

その厚さわずか2㎜では、そこまで漆喰による湿度調整はありません。実際に漆喰の調湿性能を測定したデータがあるのですが、一般的な漆喰の調湿性能は40g/㎡/24hしかありません。

調湿機能としてJIS規格が求めている数値は、70g/㎡/24hになります。なので、漆喰は湿度調整に優れているとはいえません。

その反対に珪藻土は、JIS規格を満たしているものがほとんどになります。よって漆喰と珪藻土では、珪藻土のほうがはるかに湿度調整に優れています。

このことからわかるように、湿気の多い地域などでは珪藻土がお勧めになります。
そして、漆喰と珪藻土は固まり方に大きな違いがあります。珪藻土は硬化剤によって固まります。しかし、漆喰は主成分の水酸化カルシウム(消石灰)そのものが硬化します。

その仕組みは、石灰に水を加えた消石灰が空気中の二酸化炭素と反応して硬化し、炭酸カルシウムに変化するメカニズムになります。ちなみにこのメカニズムのことを「気硬性」と言います。

漆喰と珪藻土の違いをここまで述べてきましたが、あなたがどのような仕上がりや機能性を望むのかをよく考えて、実際に施工するようにしましょう。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

コンクリート

コンクリート打ちっぱなし外壁の特徴と塗り替えの注意点

トタン張り

トタン張りの外壁の特徴と塗り替え(外壁塗装)とメンテナンス

漆喰和風

和風や洋風な外壁や内装の壁:漆喰(しっくい)仕上げの特徴

羽目板

羽目板の外壁の特徴と塗り替えの際の注意点

珪藻土

和風な内装の壁:珪藻土(けいそうど)仕上げの特徴

サイディングボード

樹脂サイディングボードが日本で普及していない理由