手抜き工事しやすい色:黒系やこげ茶系の色の業者側の都合

黒色手抜き

住宅の塗り替えの色選びは誰でも悩むことかもしれません。外壁塗装は一般的には10年に1度と言われています。その色選びで失敗してしまえば、次の塗り替えまでにその色で我慢しなければいけなくなってしまいます。

それではお客様のためではありませんし、そのような後悔のないようにするのが私たちの役目なのです。とは言っても色選びと言うのは、私たちが思っている以上に簡単なことではありません。

色などそこまでこだわらなくていいと言うのであれば、それはそれで構いませんが、そのような人達ばかりではないはずです。

せっかく高い工事費用を払って塗り替えを行うのですから、誰でも満足のいく工事にしたいと思うことは当たり前のことです。

実際、業者の立場から言えば塗りやすい色と塗りにくい色があります。住宅の塗り替えを行うにあたって、楽な色が存在するのです。

ですから、あまりお客様のことを考えていないような業者であれば、塗り替えを簡単に行える楽な塗料の色を進めてくる可能性は十分に考えられます。

白系の色に比べると黒や茶色などの色は下地が隠れやすいです。ですから、本来ならば2回3回で塗らなければいけないような場合でも、黒や茶色などの色は1回で仕上げてしまうことは可能です。

見分けることが困難

黒系や茶色系の色で正しい施工方法で2回や3回塗りで仕上げた場合と1回塗りで手抜き工事を行った場合では、明らかに違いが分かると思うかもしれません。

ですが実際、それを見分けるのはお客様では非常に困難ですし、プロでさえ比較してみなければわからない程見分けるのが難しいです。

もちろん、1回塗りでは塗膜が薄いために塗装の耐久性は低いです。他の色でちゃんと2回3回塗っている部分は、耐久性が10年持つかもしれませんが、そのように1回塗りで仕上げた部分は耐久性が10年持つことはありません。

そうなってしまえばその部分だけ塗装が剥げてしまったりします。だからと言って、その部分だけを塗り替えるとなりますと、また足場を組まなければいけなくなってしまうかもしれません。

それでは、塗る面積の割にはとても高額な塗り替え工事になってしまいます。しかし、塗装の剥げている部分をそのままほおっておけば、その部分だけ腐敗したりしてしまうかもしれません。

黒系やこげ茶色系の色はどの住宅にも使われることが多い

そして、この黒系やこげ茶色などの色は、どの住宅でもどこかしらに使っていることが多いです。また、このような色と言うのはベージュ系やクリーム系の色と非常に合いやすいためによく使われる色となっています。

窓のふちであったり、木部の柱などの部分ではこのような色は比較的使われやすい無難な色となっています。特に木部になりますと、手抜き工事をされてしまえば塗装が剥げて腐りやすいです。

また、営業マンに「外壁がベージュ系になっていますので、茶色系で塗れば外壁にもマッチします」と言われれば、特に何も疑うことなく黒系やこげ茶色系の色を選択してしまうでしょう。

優良な業者でなければ意図的に手抜き工事を行う色を進めてくるかもしれません。もし仮に、そのような手を抜きやすい色を選択してしまえば、予算のない業者であればほどんどが手を抜きますし、手を抜かざるを得ないのです。

かといって、手抜き工事を行われたくがないために黒系やこげ茶色系の色を使わないことは、お客様自身満足のいく工事ではありません。

ですから、安心してお客様の大切な住宅の塗り替えを任せる業者を選ばなければいけませんし、お客様が満足のいく色選びをするためにも、お客様が満足のいく塗り替えを行うためにも、業者選びと言うのは非常に重要なことになるのです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

家黒と白

膨張色の白と収縮色の黒を使った住宅の塗り替え

カラー

カラーシュミレーションを使いこなす:塗り替えの色のイメージ

失敗しない色

住宅の塗り替えで人気の色とは:色選びで失敗しないために

色の三属性

後悔しない塗り替えの色選びの基本:色の三属性と見え方

家色の適正

住宅の塗り替えに適した色と適していない色とは

家見え方

失敗しない色選び:色は見る面積の大きさによって見え方が違う