住宅の塗り替えに適した色と適していない色とは

家色の適正

誰でも好きな色があると思います。しかし自分の家だからといっても、その好きな色で住宅の塗り替えを行えばいいというわけではないのです。

色には住宅の塗り替えに適している色と適していない色が存在します。その色の違いを認識しなければ、せっかく好きな色で住宅の塗り替えを行ったのにもかかわらず、「自分が思っていた雰囲気と違う」なんてことになりかねないのです。

そのようなことにならないようにするためにも、住宅の色に適した色の中から自分の家の雰囲気に合った色を選択し、住宅の塗り替えを行う必要があるのです。

では、その住宅の塗り替えに適した色と適した色ではない色について解説します。色には彩度というものがあり、この彩度と言うのは色の鮮やかさのことになります。数ある色の中でも最も彩度が高いのは、純色になります。

純色というのは、赤や黄色や青などといった色になります。画像で言いますと一番外側の色にはなります。

ですから、住宅の塗り替えにおいて真っ赤な色であったり真っ黄色の色というのは、外壁の色には適さないのです。

逆に彩度の低い色というのは画像の中央に位置している白、黒、灰色になります。

このような色は住宅の外壁に適した色になります。ですから、青い色を外壁の色にしたいのであれば、青を白っぽくした水色などが住宅の外壁には適した色なのです。

なぜ彩度が高いと外壁の色に適さないのか

彩度が高い色というのは、色の強調がものすごく強いために周りの景色であり、周囲の環境に馴染みません。とにかく目立ってしまうのです。

逆に、そのような色を使い目立たせたいというのであれば構いませんが、そのような意見は少数派になります。

そして、彩度の高い色というのは高級感が出ません。安っぽく見えてしまうのです。まったく高級感が得られないといいうわけではありませんが、得られることは少ないです。

また、彩度が高い色で塗り替えをしてしまえば、住宅は落ち着いた雰囲気を出しにくいです。このような理由から彩度と言うのは外壁の塗り替えにおいてとても重要なポイントになります。

彩度の低い色で塗り替えを行うメリット

彩度の低い色で塗り替えを行いますと、周囲の環境に馴染みやすいです。また、家全体に優しいイメージを持してくれます。あなたの周りの住宅の中でも、彩度の低い色を使っている住宅は優しいイメージがあると思います。

また、彩度が低い家は優しいイメージもそうですが、何か落ち着いた雰囲気というもの感じると思います。家というのは、落ち着いた雰囲気のほうがいいです。

例えば、仕事から帰ってきて疲れているときに、落ち着いた雰囲気のある家と落ち着いた色ではない真っ赤な色の家に帰るのでは、どちらが仕事のストレスであり、疲れを癒してくれるのかはどちらでしょうか。

多くの方が落ち着いた雰囲気のある家に帰りたいと思うはずです。

そして、彩度の低い色というのはあなたの家に高級感ももたらしてくれます。このようなことからも、彩度の低い色と言うのは住宅にさまざまなメリットを生み出してくれるのです。

ぜひ、住宅の塗り替えの色で迷っているのであれば周りの家をよく観察してみてください。さまざまな住宅が建っていると思いますが、どのようなイメージの家がいいのか実際に建っている家を見ればわかりやすいと思います。

今までは外出する際に何も気にしていなかったかもしれませんが、次に外出する際にはぜひ周りの家を見ていただきたいです。

気にしてみると今までは感じなかったことがわかると思いますし、あなたの住宅の塗り替えに大切なヒントであり答えが隠されているはずです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

黒色手抜き

手抜き工事しやすい色:黒系やこげ茶系の色の業者側の都合

色の三属性

後悔しない塗り替えの色選びの基本:色の三属性と見え方

家黒と白

膨張色の白と収縮色の黒を使った住宅の塗り替え

カラー

カラーシュミレーションを使いこなす:塗り替えの色のイメージ

塗料の種類2

住宅の外壁塗装で多く使われる主な色のイメージ

失敗しない色

住宅の塗り替えで人気の色とは:色選びで失敗しないために