失敗しない色選び:色は見る面積の大きさによって見え方が違う

家見え方

住宅の塗り替えを行ったことがある人はわかると思いますが、色を選ぶ際に塗料のメーカーごとの色見本があるのですが、塗り替えの色を選ぶにあたってこの色見本を参考にして住宅の色を決めます。

この時点では何も問題はないと思う人がほとんどかもしれません。しかし、実はこの色見本だけを参考にして住宅の色選びをしてはいけません。

なぜなら、色見本で見た色をそのまま外壁に塗ったとしても、その色見本で見た色とは違って見えるからです。これは色の見え方による錯覚になると同時に、住宅の塗り替えにおける罠になります。

色は広い面積で見るのと、狭い面積で見るのとでは見え方が違います。このことを「色の面積効果」といいます。

面積効果による見え方の違い

画像を見ていただければわかりやすいと思いますが、明るい色は小さな面積で見るときよりも大きな面積で見るほうが明るく感じると思います。

しかし、すべての色が面積が大きくなれば明るく見えるわけではありません。暗い色は小さな面積で見た場合は、面積が大きくなるにしたがって一層暗い色に見えてきます。

有彩色に関して言えば、面積が大きくなりますと鮮やかさもやや低くなったように見えます。

実際に、塗り替えの色を小さな面積の色見本などで決めてしまったばかりに、実際に塗り替えを行った後に自分の思い描いていたイメージと違うなどのトラブルも存在します。

国によっては面積効果によるトラブルを避けるために、色見本の大きさの基準を決めているほどになりますので、塗り替えの色選びの際には注意しなければなりません。

このことを実感するために、色見本と同じだと思う色の外壁に色見本の色のサンプルを壁に押し当てて比較していただくと、その違いがよくわかるはずです。

住宅の塗り替えの面積効果対策

あなたが色見本を見ていいなと思った色が明るい色ならば、その色よりも実際に塗り替えを行えばその見本の色よりも明るく見えます。

ですから、明るい色で塗り替えを行いたいと言うのであれば、ワンランク暗い色で塗り替えを行っていただければ、あなたの理想の明るい色の外壁に仕上がります。

反対に、暗い色で塗り替えを行いたいと言うのであれば、ワンランク明るい色で塗り替えを行っていただkれば、あなたの理想の暗い色の外壁に仕上がることができます。

このように面積効果による色の変化の違いを認識して塗り替えを行っていただければ、理想の塗り替えを行えますし、思っていた色と違う仕上がりになってしまったなどのトラブルを防止することができます。

住宅の塗り替えは、10年に1度になります。また、工事費用も数十万円から数百万円にも及びます。そのような高額な工事であるからこそ、絶対に満足のいく工事にしなければなりません。

また、住宅の塗り替えと言うのは、住宅のイメージを大きく変えてしまいます。

ですから、本来はもっと明るい色のイメージで塗り替えを行いたかったのに、実際に塗り替えをしてみると思っていたイメージよりも暗い仕上がりになってしまったとしても、もうすでに後の祭りです。

せっかくの工事がそのようになってしまえば、工事を行う私たちからしても不本意ですし、お客様自身としても不本意なはずです。

塗り替えを行った後に、お客様と業者がお互いが満足のいく塗り替えを行い、お互いが笑顔のまま終われる工事が理想の住宅の塗り替えなのです。

業者と言うのはお金をもらって外壁塗装を行わさせている以上、そのような工事を常に追求しなければならないと思っています。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

塗料の種類2

住宅の外壁塗装で多く使われる主な色のイメージ

黒色手抜き

手抜き工事しやすい色:黒系やこげ茶系の色の業者側の都合

家黒と白

膨張色の白と収縮色の黒を使った住宅の塗り替え

カラー

カラーシュミレーションを使いこなす:塗り替えの色のイメージ

家色の適正

住宅の塗り替えに適した色と適していない色とは

色の三属性

後悔しない塗り替えの色選びの基本:色の三属性と見え方