後悔しない塗り替えの色選びの基本:色の三属性と見え方

色の三属性

塗り替えをする際に色を決めることは誰でも悩むことかもしれません。そのような色選びにおいて失敗しないために、色の見え方などの基礎知識を学ぶ必要があります。

そのような色の見え方の基礎知識の中でも、今回は色の「三属性」について解説します。

色には三属性と言うものがあるのですが、

 ・色相(しきそう) 
 ・彩度(さいど)
 ・明度(めいど)

の3つが色の三属性になります。色と言うのは奥深いもので,赤と言っても明るさや鮮やかさなどが違うだけで色の見え方と言うのは大きく変わってきます。

この三属性は住宅の塗り替えの色選びにおいて、とても興味深いものになりますので、ぜひ勉強してみていただきたいです。では、三属性について上から順番に解説していきます。

色相(しきそう)について

色の要素、色の種類のことを色相と言います。赤色、黄色、青色などの色の種類をそれぞれ分類するためのことです。

例えば、赤と言ってもたくさんの種類があります。薄い赤もあれば、濃い赤もあります。他にも明るい赤もあれば、暗い赤もあります。ですが、この4種類の赤すべてが赤と言う色相に分類されます。

このように赤ならば赤、青ならば青、緑ならば緑と言ったように分類する色の性質のことを色相と言います。

彩度(さいど)について

彩度と言うのは、簡単に言ってしまえば色の強弱の度合いのことをいい、色の鮮やかさのことになります。ですから、真っ赤な色などは彩度が強い色になります。逆に、白や黒や灰色などは彩度が低い色になります。

住宅の塗り替えにおいてこの彩度が高い色と言うのは、住宅の色には適しません。
なぜなら、彩度が高い色と言うのは、

 ・高級感が出にくい
 ・周りの風景になじみにくい
 ・落ち着きがない

などのデメリットがあります。ですから、彩度と言うのは住宅の塗り替えの色を選択する上でとても重要なポイントになります。

明度(めいど)について

明度と言うのは、色の明るさの度合いになります。明度が高い色と言うのは、明るい色になり、明度が低い色と言うのは暗い色になります。

例えば、レモンの黄色ときゅうりの緑ではどちらの色のほうが明るい色になりますでしょうか。

答えはレモンの黄色になります。このように色に関係なく明るさを比較することができる明るさの度合いのことを、「明度」と言います。

そして、明度と言うのは色で言えば明度の高い色は白色になり、明度の低い色は黒色になっています。

住宅の外壁に適した色を決める

外壁の塗り替えにはこの3属性の中でも、特に彩度が重要になります。明度や色相はそこまで重要ではありません。なぜなら、明度が高い色であったも低い色であっても、住宅の外壁の色としては問題がないからです。

また、色相に限っても彩度さえ気を付けていただければ、どの色を選択しても住宅の塗り替えには問題はないでしょう。

ですから、特に色の鮮やかさの部分だけに注目して色選びを行っていただきたいです。そうすれば、住宅の塗り替えの色選びで失敗することはありませんし、後悔のない色選びができるはずです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

カラー

カラーシュミレーションを使いこなす:塗り替えの色のイメージ

家色の適正

住宅の塗り替えに適した色と適していない色とは

黒色手抜き

手抜き工事しやすい色:黒系やこげ茶系の色の業者側の都合

失敗しない色

住宅の塗り替えで人気の色とは:色選びで失敗しないために

家見え方

失敗しない色選び:色は見る面積の大きさによって見え方が違う

塗料の種類2

住宅の外壁塗装で多く使われる主な色のイメージ