住宅の外壁塗装で多く使われる主な色のイメージ

塗料の種類2

住宅の塗り替えを行う際に、どの色で塗り替えを行うかと言うことを決めることは一つの楽しみかもしれませんが、どの色で塗り替えを行えばいいのかは悩みどころかもしれません。

そのような人のために住宅の塗り替えに使われる色の種類によって、住宅にどのようなイメージをもたらすのかを説明します。

住宅の塗り替えに使われることの多いカラー

塗り替えに使われることの多い塗料は以下のようになります。

カラーごとそのイメージと言うのはさまざまです。ですから、あなたの住宅に合った外壁の色と屋根の色を決めていただきたいです。

塗り替えの色を決める際の注意点

とは言っても、住宅の色は上記で挙げた色ばかりではありません。それ以外の色を住宅の外壁の色や屋根の色に使うことは可能です。しかし、住宅の塗り替えには、向いている色と向いていない色があります。

結論から言ってしまえば、住宅の塗り替えに向いている色と言うのは、地味な色になります。逆に派手な色と言うのは住宅の塗り替えには適しません。

色が鮮やかな色と言うのは、住宅の塗り替えにおいて以下のようなデメリットが存在してしまいます。

 ・高級感が出にくい
 ・周りの風景になじみにくい
 ・落ち着きがない

になります。このようなことからも住宅の塗り替えにおいて鮮やかな色派手な色と言うのは、住宅の塗り替えには控えたほうがいい色になります。

少し地味なくらいのイメージの色がちょうどいい

住宅の塗り替えの色を好きな色にしたいと思うことは誰でも思うことかもしれません。しかし、好きな色を使えば好きな雰囲気やイメージが出ると言うわけではありません。

ですから、もしあなたが住宅の塗り替えにおいて好きな色が決まったのであれば、勢いのままその色をすぐに決めてしまうのではなく、いったん落ち着いてから再度その色を本当に外壁の色や屋根の色にするのかを考えていただたきたいです。

また、色選びのポイントとしては、決めた色よりもワンランク落ち着いた色を選ぶほうが飽きることがありません。

住宅の塗り替えは一般的には10年に一度と言われています。好きな色を選択してしまったばかりに後悔してしまえば、その期間とてもつらいものになってしまいます。

そのようなことからも、住宅の塗り替えにはやみくもに好きな色を選べばいいと言うわけではないのです。過去に私が担当したお客様の中でも、好きな派手な色を選択してしまった方も当然います。

しかしそのようなお客様は、結局はその好きな色で塗り替えをしてしまったことを後悔している割合が多いです。なので、次の塗り替えは落ち着いた色で塗り替えを行う方がほとんどです。

そのような経験者の意見を踏まえたうえで、外壁の色を営業の担当の方と話していただければ最善の選択ができると思いますし、適切な色を選ぶことができるはずです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

家黒と白

膨張色の白と収縮色の黒を使った住宅の塗り替え

黒色手抜き

手抜き工事しやすい色:黒系やこげ茶系の色の業者側の都合

色の三属性

後悔しない塗り替えの色選びの基本:色の三属性と見え方

家色の適正

住宅の塗り替えに適した色と適していない色とは

家見え方

失敗しない色選び:色は見る面積の大きさによって見え方が違う

カラー

カラーシュミレーションを使いこなす:塗り替えの色のイメージ