住宅の塗り替えで人気の色とは:色選びで失敗しないために

失敗しない色

住宅の塗り替えを行うにあたって、どのような色にすればいいのか悩む人もいるかもしれません。

そのような人のためにどの色が人気なのかをお教えします。人気の色は、やはりホワイトやブラウン系かベージュ系の色になります。王道といえば王道かもしれませんが、実際にこの色を選ぶお客様は非常に多いです。

中には派手な色を選ぶお客様もいますが、鮮やかな色よりも、ホワイトやブラウン系やベージュ系の色などの明るくて自然な雰囲気を望むお客様は多いです。

このような色ならばどのような場所の町並みにも合いますので、そのような部分も人気の要因かもしれません。

特に、ベージュ系の色の茶色がかったアーモンドのような色にしますと、どんな家でも雰囲気がでます。

特に、サッシや玄関周りをリフォームせずにそのまま利用する場合は、ホワイト系やブラウン系やベージュ系の色ですと無難にまとまります。

色はサンプルだけでは判断しにくい

塗料には色見本と呼ばれるサンプルがあるのですが、そのようなサンプルは小さいために全体像がわかりにくいです。

ですから、小さいサンプルと同じ色を塗ったとしても実際に住宅を塗り替えてみると「思っていた色とはイメージが違う」などの失敗につながります。

ですから、色をそのようなサンプルなどで判断するのではなく、実際にショールームなどに足を運んだり、近所の家で自分の思い描いているカラーの家があるのならばその家に業者と一緒に行くのもいいでしょう。

そうすれば、色選びにおいて失敗する可能性は限りなく低くなります。また、最近では色のデザインをシュミレーションできるメーカーサイトも増えています。

更に身近なものとしては、フマートフォンのアプリで実際に自分の家を撮影し、その写真を使っていろいろな色を試せるものも存在します。

そのようなものを積極的に使えば、納得のいく色を選ぶことができます。もしそのようなものを使いこなせないのであれば、そのことを業者に依頼すれば業者が代わりにシュミレーションしてくれるはずです。

住宅の塗り替えは決して安くはないです。ですから、あなたが納得のいくものでなければいけませんし、その部分において一切の妥協もしてはいけないのです。

色選びで失敗しないためには

どの色にするかということは、お客様にとっては私たち業者が思っている以上に重要なことです。ですから、慎重に考えなければいけませんし、私たちもお客様のことを親身になってお色選びを考えなければいけないと思っています。

業者からすれば、あなたの家は塗り替えをしてしまえばそれまでかもしれませんが、お客様は違います。

その家にこれからも住まなければいけませんし、もし満足のいかない塗り替えになってしまえば次の塗り替えまでの10年間我慢しなければいけなくなってしまいます。

それでは私たちも心苦しいですし、あってはいけないことだと思います。しかし、このような思いを抱いている業者は非常に少ないです。

そして、よくあるお問い合わせの内容に、「思っていた色と実際の外壁の色が違う」というものがあります。

この場合に考えられる要因としては、打ち合わせ不足が考えられます。大手になりますと、必要最低限の話しかしない営業マンもいます。

契約するときしか来なかったり、契約をしたら一切現場に顔を出さなかったりする営業マンもいます。それではどう考えてもコミュニケーション不足ですし、お客様のご

希望通りの塗り替えにならなくても仕方がないです。
そのようになってしまわないためにも、業者選びは塗り替えを満足いくものにするためには重要なことなのです。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

家色の適正

住宅の塗り替えに適した色と適していない色とは

黒色手抜き

手抜き工事しやすい色:黒系やこげ茶系の色の業者側の都合

家見え方

失敗しない色選び:色は見る面積の大きさによって見え方が違う

塗料の種類2

住宅の外壁塗装で多く使われる主な色のイメージ

家黒と白

膨張色の白と収縮色の黒を使った住宅の塗り替え

色の三属性

後悔しない塗り替えの色選びの基本:色の三属性と見え方