スレート屋根(瓦)の雨漏りを塗装によって未然に防ぐ

瓦屋根2

家の屋根にストレート屋根(スレート瓦:カラーベストコロニアル屋根)を採用している場合、定期的に屋根塗装を行う必要があります。

雨漏りなどの原因になってしまうからです。
一度雨漏りしてしまうと、右の写真のようにスレート屋根内部の木材が腐食してしまうため、それらを新しくする工事が必要になります。

当然、膨大な施工費用がかかるため、定期的に塗装を行うよりも余計な工事費用がかかってしまいます。これを防ぐために、カラーベストコロニアル屋根は、定期的に塗り替えるようにしましょう。

そうすることで、無駄な施工費用がかかりません。ただ、それにはスレート屋根が雨漏りする原因を知ることが必要です。より塗り替えの重要性を理解できるからです。

そのため、ここではスレート屋根が雨漏りしてしまう原因とそれを防ぐためにはどうすればいいのかを紹介します。

雨漏りしてしまう要因とは

スレート屋根は、屋根材表面の塗膜(とまく:塗料の膜)とそれの下にあるルーフィングと呼ばれる防水シートの2層で雨漏りを防いでいます。

そのため、たとえ塗装による防水性や撥水性がなかったとしても、内部にある防水シートさえ破れなければ雨漏りすることはありません。

ただ、このとき表面の塗装を行わなくても良いというわけではありません。屋根材の塗装を怠ると、塗装による防水性がなくなるからです。

その状態だと、直接雨水がルーフィングに伝わり、防水シートに余計な負担がかかります。そのため、シートから雨漏りする可能性は高くなります。

実際に雨漏りしてしまうと、その部分から腐食してしまいます。このとき、より深刻な症状がシロアリによる二次被害です。気がついたら屋根裏の柱が無くなっていたということにもなりかねません。

塗装によって雨漏りを防ぐ

そこで、カラーベストコロニアル屋根を塗装することによって、屋根材表面で防水性や撥水性(はっすいせい:水をはじくこと)を保ち、防水シートへの負担を軽減させます。

そうすることで、屋根表面のスレート屋根が雨水をはじき防水できます。これよって、水が屋根の中に入るのを防ぎ、雨漏りしにくくなります。

また、塗り替えを行えば屋根内部の腐食はもちろんですが、シロアリの繁殖を防ぐことにもつながります。なお、塗り替えを行うとコケや藻と言った見栄えの部分も新築同様の仕上がりになります。

ここまで述べてきたことからわかるように、定期的に塗り替えを行うことが雨漏りを防ぐ方法の中では一番効果的になります。

ただ、当然何もしなければ雨漏りしてしまう確率は高くなります。実際に、当サイトを利用しているお客様中でも、「まだ屋根塗装しなくても大丈夫だろう」と塗り替え時期が遅れたばかりに、雨漏りしてしまった方もいます。

それでは、冒頭でのべたように余計な工事費用がかかってしまいます。それを防ぐためにも、塗り替え工事を適切な時期に行うことが無駄な費用がかからずお勧めになります。

外壁塗装を高品質・低価格でご提供

私は、外壁塗装の分野で職人として活動してきました。その中で気づいたこととしては、業者に頼むとき、工務店に工事を依頼しているということです。

ただ、工務店は仲介手数料が30~40%上乗せされるため、適正価格で工事を行うことはできません。

外壁塗装は、火災保険を使うことで保険金が支払われます。症状にもよりますが、実質負担0円で家の塗り替えができる可能性があります。

火災保険はほとんどの方が加入しているため、使わなければ損ですよね。

そこで当サイトでは、火災保険の申請をサポートしてくれる地域の優良業者をご紹介します。

外壁塗装の見積もり・お問い合わせはこちら

関連記事

瓦屋根3

ストレート屋根(カラーベストコロニアル)が雨漏りする原因