住宅の教科書

火災保険で雨樋の交換や修理をお得にできます

火災保険には、風災補償があることをご存知でしょうか。これは、風災害による住宅の損傷に応じて保険金が支払われる制度です。

つまり、雨や風、雪などによって雨樋やカーポートが破損した場合、火災保険を使うことができるのです。

保険金が支払われれば雨樋の交換や修理費用をお得にできます。また、足場の費用なども実質無料にすることができるのです。せっかく火災保険に加入しているのであれば、このようなお得な制度を利用しない手はありませんよね。

業者選びの悩みをすべて解決します

雨樋の修理を行おうと検討したとき、どこに頼めばいいのか悩む方は多く見られます。たとえば、以下のような悩みを抱えてはいませんでしょうか。

  • 見積もりや工事内容、価格が適正かどうかわからない
  • 業者が信頼できるか不安
  • 追加工事によって高額になった
  • 火災保険の申請の方法がわからない
  • 破損しているが保険が使えるのか不明
  • 広告を見てもどこの業者を撰べばいいのかわからない

雨樋の修理を検討している方のために、当サイトでは「火災保険の申請に特化した優良業者をご紹介するサービス」を行っています。

「火災保険を使い、優良業者に雨樋の修理を依頼したい」のであれば、当サイトが全力でサポートさせていただきます。あなたの大切な家の修理を当サイトに手伝わせてください。

万が一、ご紹介した業者が気に入らなかった場合は、気軽にお断りしていただいて構いません。また、業者へのお断りは当サイトが代わりに代行します。

火災保険に特化した雨樋業者を紹介

当サイトは、火災保険の申請から雨樋の修理を一環として行ってくれる業者をご紹介します。

通常の業者では、火災保険の申請までサポートしてくれることはありません。そのため、お客様自身で火災保険の申請をしなければいけないのです。

とはいえ、「火災保険の申請」と言われても多くの方が手続きの方法などわかりません。また、火災保険の申請にはポイントがあり、要点を抑えないと十分な金額が支払われないのです。

特に、保険会社への問い合わせが重要になります。誤った問い合わせを行うと保険会社に相手にしてもらえなくなってしまいます。

火災保険の風災補償は、あくまでも風や雨、雪などが原因によるものでなければいけません。

つまり、経年劣化の場合保険が支払われることはありません。

知識のない方がお問い合わせを行うと、経年劣化だと判断されるケースは多く見られます。一度経年劣化だと認識されてしまえば、そこから保険金が支払われることは難しいのです。

そのため、まずはお客様自身が申請するのではなく、当サイトが火災保険申請のプロをご紹介いたします。まずは、一度プロに診断してもらうようにしてください。

保険金を使うことで実質負担0円の雨樋の修理を行う

雨樋が風や雨、雪による被害があり破損した場合、火災保険の風災補償によって保険金が支払われます。

この保険金の額によっては、雨樋の修理費用を補える可能性があります。

たとえば、雨樋の修理費用が30万円かかる場合、それ以上の保険金が支払われれば実質負担0円で修理が行えます。

また、雨樋の修理と外壁塗装を同時に行う方は多くいらっしゃるため、数十万円の保険金が支払われれば、足場代や外壁塗装の費用を大幅に削減出来たりするのではないでしょうか。

ただし、保険金は住宅の症状によって異なります。そのため、まずは無料診断してみましょう。そして、お得に雨樋の修理を行いましょう。

「住宅の教科書」が支持される7つの理由

  1. 営業会社でなく専門業者に直接依頼するため、仲介手数料が発生しない
  2. 業者の中でも、数%しかいない優良塗装会社を紹介
  3. お問い合わせから保険の申請、工事にいたるすべてを無料で利用できる
  4. 第三者機関として、完全な中立な立場から相談、アドバイスを行う
  5. 施工会社ではないため、無理な営業や訪問は一切しない
  6. お客様が優良だと認めた評価の高い塗装会社をご紹介
  7. 火災保険の申請をサポートしてくれる会社を紹介

当サイトは、完全無料でこれだけのサービスを提供しているため、お客様から多くの支持をいただいています。

悪徳業者が多い中、優良な雨樋業者を紹介するのが当サイトの使命です。雨樋の修理という高価な買い物だからこそ、いい工事を行っていただくために当サイトが全力でサポートいたします。

依頼先によって異なる施工価格

雨樋の施工の価格は、同じ施工内容でも依頼する会社によって価格は大きく異なります。これは、建築業界の仕組みに原因があるからです。

たとえば、下請け業者に工事を丸投げする工務店の場合、受注した施工費用から仲介手数料を取り塗装業者に依頼するため、その分余計な費用がかかります。

工務店の場合、3~4割の手数料がかかります。たとえば、50万円の雨樋の修理を工務店に依頼したと仮定すると以下のような仲介手数料がかかります。

50万円(施工費用)× 0.4(仲介手数料の割合) = 20万円(仲介手数料)

つまり、50万円の費用を支払ったとしても実際に雨樋の修理に使われる費用は、手数料20万円を引かれた30万円なのです。これでは、質の良い工事は行えませんよね。

そこで当サイトでは、このような仲介手数料がかからないように直接雨樋修理業者をご紹介します。低価格で高品質の工事を当サイトを利用して実現してください。

お問い合わせページはこちら